docomo

ビックカメラでXperia Z4が一括0円だったが

今回は人気のスマートフォンが安くなっているという情報、ではなくて安いと見せかけてるちょい悪質な販売がされているのでその情報を伝えておきます。 人気かどうかはちょっとランキング的にあやしい感じですけど、ネガポジ含めて話題にのぼりやすいX
DMM mobile

1000円以下のMVNO格安SIMの比較と選び方

「格安SIM」を選ぶために一番の基準が何かと言ったら、「格安」という名前なのでやっぱり多くの人は料金を中心に選ぶことでしょう。 これまで7000円や8000円してたスマートフォンの契約が、3000円以下に抑えることも出来るポテンシャル
PC・タブレット

AmazonでKindleを買うとアカウントがBANされる?「転売屋」扱いされこれまで買ったKindle本が読めなくなる可能性も

一部の人々には至極当然のこととして認知されていますが、一般の人にはまだまだ認知されていないため、今回はKindleとAmazonのアカウント閉鎖問題について説明していこうと思います。 経験者及びそうした経験者の報告をネット上で目にして
au

『通信の最適化』が問題視されはじめる SoftBankやb-mobileの他にdocomoとauでも適用始まる

モバイル回線における「通信の最適化」問題が今話題になり始めています。 「通信の最適化」が適用されると、モバイル向けに大きい容量のファイルが最適化=ダウンロードしやすくなるのですが、決してそれはメリットとして捉えられるものではありません
PC・タブレット

Surface 3でdocomo/au/SoftBankのSIMで使うには MVNO格安SIMについても

Surface 3が日本に発売になりました。既に上位モデルにあたるSurface PRO 3が発売されている日本においては、価格もそれほど変わらなず、CPUがAtomになってしまうSurface 3は中々売れにくい存在かと思われましたが、予
docomo

スマホからガラホへの変更・Wi-Fi・おサイフケータイ・LINE利用に関する注意点【docomo編(F-05G/SH-06G)】

docomoのガラホARROWS ケータイ F-05Gが発売開始となりました。 価格は36,288円、月々サポートは機種変更で702円、新規やMNPになると1000円以上となります。FOMAのプランで契約できるようになるわけですから、
MVNO

NifMoのバリュープログラムからマイクロソフトの通販サイトが消える

@niftyが提供しているMVNOサービスであるNifMo。最近は格安SIMの中でも速度が良く、情強な人ほどNifMoを選ぶなんて感じで使いやすいMVNOです。 このNifMo、2つの特徴があり、その一つはまさに回線速度がMVNOの中
au

AQUOS SERIE SHV32とHTC J butterfly HTV31の評判やレビュー、不具合報告・維持費などのまとめ

auの2015年夏モデルの中でも特に注目されている上位3つのスマートフォンが既に発売されています。 まずAndroidの中で1位になるのはXperia Z4 SOV31でしょう。3キャリアから発売されたことでブランド力が高まり、ますま
docomo

Xperia Z4 SO-03Gのスペック、評価やレビュー、最低維持費の内容

OS Android 5.0 CPU Snapdragon 810 RAM/ROM 3GB/32GB ディスプレイ 5.2インチ フルHD メインカメラ 2070万画素
MVNO

MADOSMA Q501、貴重なWindows Phoneではあるがコスパは悪い

日本国内の(ノーマルな)スマートフォンとしての販売がIS12T以来となるWindows Phone、「MADOSMA Q501」。iOSでもAndroidでもないWindowsをOSにしたいわゆる「第3勢力」のスマートフォンです。 こ