docomoで機種変更できるオススメのスマホ 絶対に後悔しない7機種を厳選

docomo

スマートフォンを新たに契約・購入しようとした時に、真っ先に悩んでしまうのは

「どのスマートフォンを購入すればいいのか」

という事だと思います。

今キャリアで販売されているスマホは1年の内に約4回の新製品発売が繰り返され、その度に新しいスマホが出てきて性能の良さなんかが強調されています。

 

こうした比較的に早い販売スパン・そして多くの新製品スマホの中で、これから新しいスマホに変えたいと思った時にどのスマホを契約すれば良いものが買えるのか、というのがわかりにくくなっており、そこまで強くスマホへのこだわりのないユーザーがどれを買っていいのか迷っているというのが最近の傾向として見て取れます。

一体今どのスマホが性能が良くて使いやすいのか、どのスマホが安いのか、オススメの指標というものをユーザーが求めているのではないかと思われます。

この記事ではそうした「どのスマホを買っていいかわからない、後悔しないスマホ選びがしたい」という人へ向けて、特にdocomoにおけるオススメのスマホというものをピックアップして紹介していきたいと思います。

 

一応このスマホ関連のサイトの管理人をしているということもあり、多くのスマホを触ってきていますし、新製品も全キャリア通じて毎回最低3台は契約しています。時期によってはそれ以上の台数を契約していますし、特にdocomoの機種の場合はブロガー向けのタッチイベントやdocomoとメーカーが実施しているインプレッションイベントに参加しているため、購入していない機種でも一通り触ってきて評価できる状態にあります。

その中で実際に良いと思ったものは自腹で購入していますし、今回の記事の中でオススメする機種についてもしっかりと購入した機種の中からも選んでいます。

手前みそではあるものの、そこらのスペックだけを比較したり店頭のホットモックだけを触った、メーカーから公表されている情報だけをまとめて適当にオススメ機種を並べているようなサイトよりも、その評価には自信があります。

なので今docomoのスマホの中でどのスマホを買ったら満足できるのか、ということに疑問がある人はぜひ今回の記事を読み込んでもらい機種選びの参考にしてほしいと思っています。

 

docomoのスマホ、オススメの基準

今回数多くのdocomoスマホをオススメとして挙げる訳ですが、そのオススメする理由の大まかな基準についてをまず説明しておきましょう。

オススメの理由として占めている要素は

  • 使いやすさ
  • それに伴う見合った価格

という2つです。スマホを使うにあたって性能が大事なのはもちろんなのですが、最近のスマートフォンは性能自体は頭打ちに近くなっており、それよりも実際に利用して動かしてみて使いやすいかどうか、そしてそれが契約する際の価格と釣り合っているものかどうか、という所を焦点にしています。

今のdocomoスマホの中には、あえて高性能ではない機種を用意して、その代わりに割引や価格を高くしているコスパを重視した廉価モデルというものラインナップとして出てきています。

こういった機種は購入時の費用が少なくなりますし、割引があれば維持費を安くすることもできます。

なので選んでいる機種は決して性能が良いものばかりではなく、安いけれどしっかりとした使いやすさを持っている機種なんかも選んでいます。

 

実際に購入して満足した6機種+1機種

それではここからオススメのdocomoスマートフォンを紹介していきましょう。

まずは実際に購入した機種を中心にオススメというものを選んでみました。

最近のスマホだと7台ほど購入しているわけですが、その中から満足度の高い6機種+タッチトライで気に入った1機種を紹介しようと思います。

Xperia XZ1 compact

最初にオススメするのはXperia XZ1 compact SO-01Kです。

このスマホは2017年末期の冬モデルとして発売されたスマホになりますが、こちらは今契約しても全く古臭さを感じることもなく、むしろ最新モデルとほとんどそん色なく利用できるものになっています。

今docomoで契約・特に機種変更をしようとする際に、最も使いやすい上に契約上の利点というものが多い機種となっているスマホなので、性能はもちろんのこと安さを求めたい人に対してオススメ度の高いスマホと言えます。

まずこれからのdocomoスマホの契約はこの機種をチェックしてみて、他の機種と比較していくのがベターな流れになるでしょう。

 

Xperia XZ1 compactの良い点は次の通りです。

  • 発熱が低くバッテリー持ちが非常に良い
  • 高性能なSoCを搭載
  • 機種変更価格が圧倒的に安い
  • 高機能で使いやすい

 

Xperia XZ1 compatの特徴は「安くて高性能」といった点がまず挙げられます。

2018年の10月から在庫処分のためにセール価格に組み入れられており、販売価格が驚異の実質5832円になりました。しかもここにオンラインショップ限定特典が発生することにより、dポイント特典が5184円分行われており、現在特別に機種変更の実質価格が648円という形で販売がされています。

機種変更の契約価格が実質648円というのはとんでもない安さでしょう。docomoの中ではこの648円というのはほぼ最安になるため、最も安く契約できるスマホとなっています。ポイントを650円分使えば簡単に0円以下にして契約することも可能なため、安さとしてはとんでもない金額になっているといえます。

後述する性能と合わせてとてもこの安さで契約できるスマホとは思えないぐらいの実力を持っているので、契約のお得さとしては類を見ない内容となっています。

Xperia XZ1 compcatは性能も機能も非常に安定した良機です。

 

SoC/CPUにはSnapdragon 835を搭載しています。このSoCの特徴としては、ヌルサク動作を実現したハイパフォーマンスにも関わらず、発熱が非常に少ない上に電池持ちもとても良い、という万人が満足できるCPU性能を持っています。

ベンチマークスコアでもiPhone 8やiPhone Xと比べて若干落ちるもののほぼそん色のない数字が出ており、性能面での強さというものが特に目立つSoCです。

Xperia XZ1やXperia XZ Premiumにも採用されているSoCで、評価が非常に高いSoCになっています。発熱が少ない上に性能では今最も高いSnapdragon 845に次ぐCPUパワーを持っているため、バランスの良さではこのCPUに勝るものは出てきていません。

解像度はコンパクトモデルということもありHDですが、これにより動作の軽快さがより強くなってスクロールなどが快適なものになっており動作の重さというを感じません。

機能では広角インカメラ搭載により自撮り機能のグレードアップ、そこに防水防塵、おサイフケータイといった当然の機能もしっかりと有されています。生体認証などほぼ最新のスマホに必要な機能をしっかりと用意しているため、約1年ほど前のスマホと言っても機能や性能面での不満というのは一切感じられないものになっています。

こうした機種が今なら機種変更実質648円という形で安くなっており、価格を見た時に得られる性能・機能性といったものが破格すぎる契約となっています。

 

安いスマホ契約を求めている人は多いと思いますが、このXperia XZ1 compactの契約は安さも最上級ながらスマホとしての性能やスペックも準最新モデル級となっていて、「安くて高性能」なスマホというものをかなり高いレベルで実現しています。

これから機種変更するのであれば、文句なしにお得かつ性能と機能含めた使いやすさも備わった機種となっているので、「安くて良い機種」が欲しかった人に非常にオススメしたいスマホの一つです。

まず最初に紹介するだけの価値があるスマホと言えます。

Xperia XZ1 Compact SO-02K ドコモオンラインショップ

 

Xperia XZ1

続いてもXperiaシリーズを今オススメのスマホとして紹介したいと思います。

Xperia XZ1はXperia XZ1 compactと並んで「買って良かった」と思えるほどにバランスが優れたスマホとなっており、Xperia XZ Premium級に今オススメなスマホとなっています。

Xperia XZ1とcompactの2機種は性能はもちろん、契約の安さといったところでも他のスマホには見られない良さというものがありますから、非常にオススメすることのできるスマホです。

 

Xperia XZ1の特徴はこちら

  • 高性能なSoC
  • 5.2インチ大画面フルスペックモデルで性能も機能も高い
  • 機種変更の契約が格安

基本的に内容はXperia XZ1 compactと変わりありません。

 

このXperia XZ1も「安くて性能が良いスマホ」となっています。しかもこちらのXperia XZ1はフルHDの5.2インチディスプレイを搭載しているため、Xperia XZ1 compactよりもさらに動画再生や電子書籍などの画像コンテンツを楽しめるスマホになっています。

SoC/CPUにはSnapdragon 835となっているので、高性能かつ発熱が少なくバッテリー持ちも良いというバランスに優れたスマホであるのは変わりありません。RAMも4GBと余裕のある構成が実現されているため、動作が重く感じたりアプリの強制終了といった問題も少なく、負荷が多くても快適なスマホ操作をし続けることができます。

画面サイズ以外はほぼXperia XZ Premiumと同等のスペックとなっています。高い評価を受けているXZ Premiumですが在庫がほぼない中で、同等のスペックを持つXperia XZ1の存在はうれしいところです。

機能ではXZ1 compact同様に防水防塵、おサイフケータイはもちろんフルセグについても備わっています。一方でインカメラは広角ではないため、自撮りする時にはXZ1 compactの方が様々な場面に対応できます。

全体的に性能が非常に良く、しかも画面サイズも大きいためにゲームや動画といったコンテンツを楽しむのに適したスマホになっています。

 

しかもXperiaシリーズに関しては長く使った後でも売却価格やキャリアの下取り価格というのが下がりにくいため、長期利用後次の機種変更の時なんかでも売却や下取りを通じてそこそこの金額を残してくれて購入費用の足しになってくれます。そうしたリセールバリューとしての価値というのも高い機種がこのXperia XZ1となっているため、普通に使う上での満足度の高さ以上のものを与えてくれます。

そしてこのXperia XZ1はXZ1 compact同様に機種変更でも安い価格で購入できるようになっています。

Xperia XZ1は機種変更実質価格が15552円です。さらにオンラインショップ限定特典が適用されて実質10368円で契約できるようになっています。

 

流石にコンパクトモデルの方の実質648円よりも安くはならないものの、ほぼ1万円といった値段でフルスペックモデルのスマホを契約することができます。

こちらの安さも性能比では破格になっています。5インチ以上の大画面モデルでは最安の値段となっており、機種変更のdocomo実質価格としても648円、5832円に次ぐ安さです。フルスペックモデルとしてはこれまで見たことないレベルでの販売価格の安さになっているため、在庫がある内の契約をオススメしたい機種です。

実質的なXperia XZ Premiumに近いスマホとして使えた上に、価格が恐ろしく安いということによってとてもお買い得な機種となっています。XZ1 compactでもお買い得で使いやすいですが、このXZ1も万人に使いやすいスマホではあるので、安くてよいスマホが欲しい人には購入の検討をしてもらいたいところです。

Xperia XZ1 SO-01K ドコモオンラインショップ

 

iPhone 8

オススメ機種としてはiPhoneももちろん挙げることができます。

特に今オススメのdocomoのiPhoneは2種類あり、そのうちのまず一つであるiPhone 8についてオススメできる理由についてを説明していきましょう。

iPhone 8は2018年10月現在、新発売のiPhone XS以上に高い人気を博してしまっており、在庫切れが続いてしまっている状態になっています。そのため契約には例えばオンラインショップの場合には入荷予約を行わないとまず契約できない状況になっているため、気になったら早めに予約して購入するために動いておく必要があります。

(予約をすればオンラインショップの場合ほぼ確実に在庫の入荷をしてくれます。)

 

iPhone 8の特徴は以下の通りです。

  • 機種変更でもMNPでも価格がとにかく安い
  • 高性能かつ機能性も充実
  • 指紋認証対応の最も高性能なモデルとしてリセールバリューも高くなりそう

iPhone 8については説明不要とも言えるその高性能さがまず特徴の一つです。

 

Antutuでは約19万点ほどを叩き出す高性能さに加え、iOS特有の安定感も存分に得られる機種となっており、利用中の動作によって不満やストレスといったものを感じることはまずないスマホです。

例え2年以上使ったとしても、動作やスペック面において見劣りすることなく利用し続けられるのは間違いありません。性能のところで何か注意点を示す必要は一切感じさせないスマホです。

機能もほぼ最新のモデルということで揃っています。防水が機能として用意されている上に、おサイフケータイのようにして使えるApple Payも標準で利用できるために、日本向けに調整されたAndroidスマホと同等の機能性というのを期待できるようになっています。

スマホとしての性能といったところでは文句なしの機種であることは間違いなく、使いやすさといったところでもdocomoのスマホの中でもほぼ上位に位置する機種なので、万人にオススメできるスマホの一つとして挙げることができます。

 

そしてこのiPhone 8はそれだけの性能と機能を持ちながら価格の安さが非常に優れたスマホです。

機種変更では実質価格が19440円、MNPでは一括10368円とどちらも安くなっているので、先ほどの「安くて良いスマホ」の第3弾として、このiPhone 8はあらゆる契約において安くなっています。

機種変更で19440円というのはdocomoのスマホの中でもかなり安価な部類に入り、しかも今回はiPhone 8という本当に性能も高く発売からの日数もそこまで経っていない最新に近いモデルをこの価格で契約できるというのはかなり魅力の高い契約です。

性能・機能共に上位に位置するこのスマホを機種変更で2万円以下の価格で契約できるというのはうれしい内容です。

 

何よりもこのiPhone 8は、指紋認証に対応したiPhoneとしては最後かつ最も性能に優れたモデルとなるので、将来的にこのiPhone 8は高い価値を持ってくるものとなるかもしれません。iPhone SEが数年後でも高い価値をつけたように、iPhone 8も同じように最後の指紋認証かつコンパクト高性能機種として今後も高い人気が続くかと思います。

そのためこのiPhone 8は今契約して長く使った後でも、リセールバリューが高くなることが予想されます。中古でも状態が良ければ、下取り利用でも時期によっては購入時の実質価格以上の値をつけるのは間違いないでしょう。

購入価格以上の金額で売却できる可能性があるということで、Xperiaの2機種よりも安いとはいえ売却時を考えればそれらの2機種よりも価格として安く感じられるものになっています。

iPhoneを使い続ける予定であればデータ移行なんかも簡単に済ませることができるため、下取りや売却価格が高値を維持しそうなiPhone 8はその価格の安さ以上に契約価値があるでしょう。

額面的にはXperiaの2機種よりも高くなってしまいますが、リセールバリューの高さを考えれば十分に「安くて性能が良いスマホ」のひとつとして考えることができるスマホになっています。

iPhone 8 ドコモオンラインショップ

 

iPhone XS Max

同じiPhone系のオススメ機種としては最新モデルのiPhone XS Maxも上げたいと思います。

こちらは今まで紹介してきた機種と比べると全く価格面でのメリットはありませんが、性能とリセールバリューという点においては圧倒的な存在感を放つ機種となっており、利用中の快適さと次に機種変更やMNPをする際のお得さという点で非常に優れたパフォーマンスを見せてくれるようになっています。

価格の高さは目立ちますが、最新モデルを使いたい・そして将来的に次の最新モデルもなるべく早めに購入したい、と考えているならばiPhone XS Maxは最適解としてオススメな機種の一つとなります。

 

iPhone XS Maxの特徴は以下の通りです。

  • 3Dゲームもらくらくこなせる最強レベルのスペックと性能
  • 大画面を扱える情報量の多さ
  • 高額なリセールバリューを期待できる実質的な価格の安さ
  • 非常に高いカメラ性能

 

まずiPhone XS Maxの特徴としてはその性能の高さがあります。SoCのA12バイオニックはGPU性能が向上しており、特に3D表示を多用するゲームプレイにおいてかつてないほどに快適に利用することができます。

今後登場してくるであろうスペックを要する最新ゲームというのは、このiPhone XS Maxのスペックをベースに設計されると思いますが、これから出てくる新しいタイプのゲームを存分に楽しむことができるスマホとなっています。

もちろん単純な性能でも構成スペックが非常に高いため、長く使えるスマホとして考えた時にもその性能の高さによって3年4年と問題なく使い続けることもできる機種となっています。

 

ただそうした長期間使える性能のために「長い目で見た時に安い」という特徴もある一方で、また別の視点として「次の最新モデルを安く購入することができるリセールバリューの高さ」というのも持っているのがiPhone XS Maxです。

iPhone XS Maxを持っていれば、次に新しいスマホを買う時にその売却益もしくは下取り益を利用して、次の最新モデルも安く契約することが可能になっています。

iPhoneシリーズの一つの特徴として、通常の画面サイズと大画面のサイズを持っているシリーズの場合、大画面モデルは追加生産が発売から一定期間が経過するとされなくなり、在庫がなくなりがちになります。例年発売後の翌年5月ごろから大画面モデルの在庫が減ってくるわけですが、この影響によって大画面モデルは下取り価格や買取価格が高く設定される傾向にあります。

しかも1年前の10万円を超えたiPhone Xが下取り価格で6~7万円をつけているため、それ以上の価格になっているiPhone XSかつ大画面モデルのiPhone XS Maxは、下取り価格はもちろん買取価格もiPhone X以上の高額な金額をつけることが予想されます。

そのため、この下取りや買取価格を前提にして考えればiPhone XS Maxの価格はそこまで高いものであると感じさせられるものにはならず、長く使うのはもちろん短期間に色々なスマホを使いたい人であっても実は結果的に安く契約することができるモデルになっています。

 

このように、iPhone Xが高いリセールバリューを示している・大画面モデルは在庫が少なくなりやすく価値が保たれる、というこれまでのiPhoneシリーズの状況から、iPhone XS Maxも同様のリセールバリューの高さを保つことができ、1年ほどでの機種変更やMNPをする際にも下取りや買取で高額な価格で回収してもらえる、というメリットがあります。

性能の高さとリセールバリューの高さによって、長く使っても良いですし最新モデルへと今後も乗り換えていくための機種として選んでも良いでしょう。どちらの使い方でも結果的に安く契約することができるスマホとなっています。

iPhone XS Max自体も大画面で情報量が多く得られ、スマホ向けコンテンツを楽しむのにピッタリな機種となっています。またカメラ性能も大きく向上しており、特に夜景撮影の能力がiPhone Xと比較しても大きく飛躍しており、かなり万能感の高くなったカメラになっています。

モダンなゲーム、大画面でネット、カメラで色々撮影したい人には最もオススメできる機種です。価格は一見すると高いですが、2年以上余裕で現役で利用できる性能の高さ、そして新しい機種を購入しようとしたときに購入費用の手助けをしてくれる強大なリセールバリューの高さといったところを考えると、相応の価値が反映された妥当な価格と言えるでしょう。

価格に関してはリセールバリューといったところも考慮して考えるといいでしょう。

iPhone XS Max ドコモオンラインショップ

 

Xperia XZ2 compact

5機種目としてはまたまたXperiaシリーズとなってしまいますが、最新鋭のSoCをモデルを搭載した2018年夏モデルをお勧めの機種として紹介したいと思います。

コスパの良さではXperia XZ1の2機種の方が良いのですが、こちらのモデルはディスプレイサイズの変更と狭ベゼル化によって進化を強く感じるモデルの一つとなっており、より資金に余裕がある場合にはこちらのXperia XZ2 compactもオススメしたいスマホとして一考してもらいたい機種になっています。

 

Xperia XZ2 compactの特徴は次の通りです。

  • 18:9ディスプレイかつ狭ベゼル化で大画面なのにコンパクトを実現
  • 高性能SoCとフルHDディスプレイを搭載
  • スリープ時のバッテリー持ちが凄く、夜まで余裕で持つ
  • 価格がそこそこ安く、夏モデルでは唯一の2万円以下の価格に

 

Xperia XZ2 compactとXZ1 compactとの違いとしては、ディスプレイ比率が変更、ディスプレイサイズの変更、画面解像度の変更、SoCの向上といった点が挙げられます。

基本的に機能面では従来の使いやすさを維持しながら、よりコンテンツ受容を楽しめるものになっています。

まずXZ2 compactは本体サイズがXZ1と同じ横幅のためにコンパクトモデルとしての持ちやすさは維持したままに、ディスプレイサイズが4.6インチから5インチに進化しています。これはこれまでの16:9のディスプレイ比率から、縦長の18:9の比率に変更したことによります。

これにより持ちやすさそのままにスマホコンテンツの情報量がより増える形になっており、コンパクトモデルながら従来の大画面スマホ以上にスマホコンテンツの見やすさは向上しています。さらに解像度もHDからフルHDに進化しており、動画や画像などのコンテンツもより高精細に見ることができるようになっています。

 

ディスプレイ周りでは狭ベゼル化も果たされており、大画面化しているものの本体サイズ自体は横幅だけでなく縦幅もコンパクトさをキープしており、5インチと言えども使いやすさではとても優れたモデルとなっています。

ボディ構造の背面は膨らみを持った加工になっており、このサイズ感においては手で持った時のなじみやすさがしっかりしており、サイズと相まって抜群の収まり具合を感じさせてくれます。机に置いた時の安定感はXZ1シリーズのフラットボディのほうが安定感はありますが、実際の利用において持ちやすいのはXZ2 compactの方が上です。

こうしたコンパクトさを維持した大画面化による進化に加えて、SoCも最新モデルのSnapdragon 845を搭載しており、スマホのスペックおよび性能としては上位トップクラスのものを有するものになっており、数年先まで使ってもスペック不足を感じるであろうポイントというのがほとんど存在しない隙のなさを見せています。

 

実際に使ってみてもヌルヌルの動作感というものをあらゆる場面で体感できるため、とても快適に利用できます。また今回はSnapdragon 845のチューニングがかなりうまくいっているのか、バッテリー持ちが非常に良くなっており、放置状態による自然放電というものがほとんどありません。そのため長時間利用し続けるような使い方でなければ、充電なしで2日・3日使い続けることも可能なほどにバッテリー周りの優秀さが目立つスマホになっています。

コンパクトスマホなのにフルスペックモデルとして登場してきている機種のため、より性能といったところ重視したい場合にはXperia XZ1 compactよりもこちらを選んだほうがより充実した内容の機種を選ぶことができます。

 

特にXperia XZ2 compactはSnapdragon 845を搭載している機種の中でも「最も実質価格が安い」という特徴を持っています。

実質価格では22032円、オンラインショップ限定特典を利用すれば16848円以下に下がることになります。これはSnapdragon 845搭載機種の中では断トツで最安価格となっており、機種変更やMNP価格としても非常に買いやすいスマホとなっています。

安さが最重要でなければ、こちらのXperia XZ2 compactも性能が良い上に低価格で購入できる機種となっているので、Xperia XZ1 compactと比較しながら購入を検討しても良い機種となっています。

コンパクトさと大画面の両立を図りながら、なおかつ低価格というところでも優れたものを見せてくれているため、docomoのスマホ契約の中でも極めて良い内容であるのは間違いありません。

Xperia XZ2 Compact SO-05K ドコモオンラインショップ

 

Galaxy Note9

 

触ってみて購入を決意したのがGalaxy Note9です。

こちらのスマホは価格の安さといったところではお得さは感じられませんが、それ以上にスマホの性能として優れた部分が目立つものになっており、長く使いたいスマホといった形で利用したい機種として購入をしました。

その価格の高さからあまり万人向けではない、マニア向けのスマホになってしまうかもしれませんが、今契約できるスマホの中でも特筆して機能と性能が優れたスマホになっているため、一つの高級機種としてオススメしたいと思います。

 

こちらのGalaxy Note9の良いところは以下のような部分です。

  • 高性能なスペック
  • 非常に綺麗なカメラ
  • Sペンによるスタイラス操作

まずGalaxy Note9の特徴としてはスペックの高さが挙げられます。

 

Snapdragon 845に加え、RAMが6GBと平均的なスマートフォンを上回るRAM容量の多さを誇ります。しかもディスプレイは有機EL、解像度はフルHDを超えるWQHD+ということで、スペック上では今回紹介したスマホの中でもほぼトップクラスとなっています。

動きの良さなどはスペック順当となっており、バッテリーも大容量ということで丸一日長時間操作していても電池持ちの心配もなければ不満を感じず常時快適な動作を行うことができるスマホです。特に動作の良さというのはここ最近の高性能さが目立つスマホの中でも際立った快適さ、アプリ展開スピードの早さといったものを見せており、性能の高さというものを触っていてはっきりと実感できるようになっています。

長時間電源などを切らなくてもサクサク操作が継続するRAMの大きさというのもあり、常に快適な状態で操作し続けることができるようになっているスマホです。

 

大画面かつ有機ELということで色合いがはっきりと表現される美しいディスプレイとなっていて、ディスプレイを眺めているだけでも少し気持ちの良い感覚を味わえるのも個人的には気に入っているポイントです。

 

またこうしたスマホとして高性能さに加えて非常に明るいレンズを備えたカメラというのも用意されており、写真撮影にも強いというのがGalaxy Note9の良さです。

スマホのカメラ性能を格付けするDxOMarkではベンチスコアでiPhone XS Maxに肉薄する高性能なカメラをGalaxy Note9を持っています。

レンズの明るさはスマホの中で最上位クラスで、夜景に非常に強い撮影を行うことができます。

AIによる撮影シーンの判別も行われるため、シーンに見合ったf値やホワイトバランスの調整が自動で行われます。特に食事シーンなどはiPhone XS Maxなんかよりもキレイに撮影することができます。

夜景や接写などスマホのカメラでは弱くなりがちなシーンでもしっかりと対応できるのは大きな強みです。

 

さらにSペンやDex機能といったGalaxy Note9特有の機能といったところも使いやすさを感じられます。

特にSペンは手で直接触れずに画面操作ができるスタイラス機能の他に、メモをしたり、通常ではコピーできない箇所の文字をコピーしたり、指定箇所をすぐにキャプチャーしてトリミングしたり、といった利用をすることが可能です。

こちらのSペンの存在もGalaxy Note9を使いやすくしてくれる要素となっているため、こうした機能面の特徴といったところも魅力となっています。

価格は高いですが、その価格だけの満足感をはっきりと得ることができるスマホとして、個人的には購入に満足しています。

Galaxy Note9 SC-01L ドコモオンラインショップ

 

Galaxy Feel2

タッチトライで触ったスマホの中ではGalaxy feel2が好印象を持ちました。

スマホとしての性能もミドルレンジ機種として上々ですし、docomo withでの契約ができるという点によってかなりコストパフォーマンスが優れたスマホの契約となっています。

こちらは安く買えて安く使える契約のスマホとしてコスパの良さを求める人にオススメしたいスマホとなっているので、毎月の安さも求めたい場合にはこちらのスマホ契約は注目に値します。

 

Galaxy feel2の良いところは次の通りです。

  • 大画面でミドルスペック
  • ゲームなどをしなければ十分に快適な利用感を得られる操作性
  • 価格が安いだけでなく維持費も安い

Galaxy feel2はdocomoにおける格安スマホ的な位置づけで販売されるモデルです。

 

こちらの機種はスペックはそこまで高くはありませんが、それでも従来のdocomo with機種よりも性能の高いSoCであるExynos 7885を使っています。こちらはSnapdragonだと635以上の性能を有しているSoCとなっているため、従来のdocomoのミドルスペックスマホであるSnapdragon450前後のSoCを使っていた機種よりも処理能力などは向上しています。

RAMも4GBとミドルスペック扱い、docomo with対象のスマホとは思えない容量を用意しているため、安くても実際に利用においては非常に快適に動かすことのできるスマホとなっています。

タッチアンドトライで触らせてもらっても、その快適さというのは強く実感できるものになっていて、普通の使い方であれば全く問題なく利用し続けられるスマホとなっています。

 

海外版に比べてディスプレイがフルHDからHDに変更となっており、細かい文字を見る時は解像度が足らないと感じることがありますが、その分動きへの負荷が少なくなり電池持ちという点でも向上していることが予想されます。

全体的にミドルレンジのスマホとしてはできることが多い機種、快適さというのを感じやすいスマホになっています。

 

そしてこのGalaxy feel2はdocomo withの対象ということで安さも魅力のスマホです。

販売価格は42120円とdocomoのスマホが今10万円を超えるのが普通になってきた中で、一括価格が4万円ちょっとしかかからないという安さを見せます。

さらにdocomo withの対象スマホということで、ここに追加で1620円の割引が適用されることになります。

これにより一括契約時のGalaxy feel2の維持費というのは302円という安さになっています。

具体的に表を見て料金形態を確認しておきましょう。

シェアオプション ベーシックパック ベーシックシェアパック
シンプルプラン 980円
spモード 300円
パケットパック 500円~ 2900円~ 6500円~
docomo with ▲1500円
維持費 280円
(税込み302円)
2680円~
(税込み2894円~)
6280円~
(税込み6782円~)
端末価格 税込み42120円

最安で毎月302円で利用できるスマホということを考えると、その価格と維持費の安さを持ちながら性能面でも決して悪くない能力を持っているというその特徴は非常に魅力的に感じられます。

比較的性能が良いスマホが安く買えた上に安く使えるという理想的な契約ができるのがこのGalaxy feel2というわけです。

スマホの選択において料金面を重視したい場合には、こちらの機種は今docomoのスマホの中でも特にオススメすることができます。

Galaxy Feel2 SC-02L ドコモオンラインショップ

 

docomoのオススメスマホのまとめ

以上のスマホが実際に使ってみた•触ってみたスマホの中で他の人にオススメ出来る機種になります。

これらの機種であれば不具合に悩まされるということもなく、性能面でも2年以上使っても劣ることもストレスを感じることもないです。

それでいて一部の機種は価格も低価格ということでコストパフォーマンスも優れた機種となっています。

これらを契約すれば文句なしで納得のできるスマホ契約というものを実現できると思います。

最後にそれぞれのオススメ機種について、どういった人により便利になるスマホなのか、ということをまとめてみようと思います。

Xperia XZ1 Compact

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • シンプルなデザインのスマホを買いたい
  • 発熱の心配やバッテリー持ちの心配と無縁でいたい
  • コンパクトな機種を軽快に使いたい
  • 価格は安い方がいい

Xperia XZ1 compactはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

Xperia XZ1

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • 発熱の心配やバッテリー持ちの不安と無縁でいたい
  • 大画面のスマホを楽しみたい
  • 価格は安く使いたい

Xperia XZ1はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

iPhone 8

  • iPhoneが欲しい
  • 価格の安いスマホを購入したい
  • 性能だけでなく実用的な機能もあるスマホを使いたい
  • 将来的にiPhoneを使い続ける予定で、リセールバリューも重視したい

iPhone 8はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

iPhone XS Max

  • ゲームを快適に遊びたい
  • iPhoneの中でも大画面のモデルを使いたい
  • 将来的にもiPhoneを使う予定で、旧機種の売却なども抵抗がない
  • 最新鋭のスマホの機能などを利用したい

iPhone XS Maxはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

Xperia XZ2 Compact

  • コンパクトな機種が欲しい、それでいてなるべく画面は大きいほうが良い
  • バッテリー持ちが良い機種が欲しい
  • 高い機能性を持ったスマホを契約したい
  • 比較的安くて最新の性能を持った契約をしたい

Xperia XZ2 compactはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

Galaxy Note9

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • バッテリー持ちの不安と無縁でいたい
  • キレイな写真を撮りたい
  • スタイラスペンを利用したい

Galaxy Note9はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

Galaxy Feel2

  • 安いスマホが欲しい、それでいて性能がしっかりとしているスマホが欲しい
  • 安い維持費のスマホが欲しい

Galaxy Feel2はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

機種変更はドコモオンラインショップで

さてdocomoに関するオススメスマホをまとめてみましたが、これらの機種を機種変更やMNPといった方法で契約しようと思った場合、必ず利用してもらいたい契約場所があります。

それがドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップで契約することによって、docomoのスマートフォンはドコモショップやヨドバシカメラで契約するよりも安く購入することが出来ます。

それは何故か。今docomoのショップを街のケータイショップで契約してしまうと、大抵の場合で『頭金』や『オプション契約』といったものを付けられてしまうために、価格が値上がりしてしまいます。

特に2017年2月からはiPhoneにも頭金が許可されるようになったので、今全国のショップで頭金ありきの契約が広がってしまっています。

ドコモショップの平均的な頭金金額は5400円あたりです。3240円のところもあれば7680円のところもありますが、結構高額な金額が頭金となり値上がりしてしまいます。

頭金の詳しい内容は以下の記事にありますが、この頭金は契約する側にとって必要な値上げではありません。ドコモショップが儲けるためだけに付けられて、それを契約者側が損をする形で負担していることになります。
ドコモオンラインショップは機種変更をするユーザーなら使わないと損する隠れ優良店 | キャリスマ
こうした事態を避けるためにdocomoのスマホの契約はドコモオンラインショップで行うことが望ましいです。

他にもドコモオンラインショップには

  • 自宅受け取りやドコモショップ受け取り、コンビニ受け取りが選べる
  • 機種変更の時の事務手数料が無料(通常2160円)
  • 待ち時間や契約時間がほとんどかからない

というメリットがあり、普通にドコモショップで契約するよりもお得となっています。

今回紹介したオススメのスマホを契約するならば、必ずドコモオンラインショップを使うようにしましょう。

ドコモオンラインショップ

 

コメント