キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

docomoで機種変更できるオススメのスマホ 絶対に後悔しない7機種を厳選

   

スマートフォンを新たに契約・購入しようとした時に、真っ先に悩んでしまうのは

「どのスマートフォンを購入すればいいのか」

という事だと思います。

今キャリアで販売されているスマホは1年の内に約4回の新製品発売が繰り返され、その度に新しいスマホが出てきて性能の良さなんかが強調されています。

 

こうした比較的に早い販売スパン・そして多くの新製品スマホの中で、これから新しいスマホに変えたいと思った時にどのスマホを契約すれば良いものが買えるのか、というのがわかりにくくなっており、そこまで強くスマホへのこだわりのないユーザーがどれを買っていいのか迷っているというのが最近の傾向として見て取れます。

一体今どのスマホが性能が良くて使いやすいのか、どのスマホが安いのか、オススメの指標というものをユーザーが求めているのではないかと思われます。

この記事ではそうした「どのスマホを買っていいかわからない、後悔しないスマホ選びがしたい」という人へ向けて、特にdocomoにおけるオススメのスマホというものをピックアップして紹介していきたいと思います。

 

一応このスマホ関連のサイトの管理人をしているということもあり、多くのスマホを触ってきていますし、新製品も全キャリア通じて毎回最低3台は契約しています。時期によってはそれ以上の台数を契約していますし、特にdocomoの機種の場合はブロガー向けのタッチイベントやdocomoとメーカーが実施しているインプレッションイベントに参加しているため、購入していない機種でも一通り触ってきて評価できる状態にあります。

その中で実際に良いと思ったものは自腹で購入していますし、今回の記事の中でオススメする機種についてもしっかりと購入した機種の中からも選んでいます。

手前みそではあるものの、そこらのスペックだけを比較したり店頭のホットモックだけを触った、メーカーから公表されている情報だけをまとめて適当にオススメ機種を並べているようなサイトよりも、その評価には自信があります。

なので今docomoのスマホの中でどのスマホを買ったら満足できるのか、ということに疑問がある人はぜひ今回の記事を読み込んでもらい機種選びの参考にしてほしいと思っています。

 

docomoのスマホ、オススメの基準

今回数多くのdocomoスマホをオススメとして挙げる訳ですが、そのオススメする理由の大まかな基準についてをまず説明しておきましょう。

オススメの理由として占めている要素は

  • 使いやすさ
  • それに伴う見合った価格

という2つです。スマホを使うにあたって性能が大事なのはもちろんなのですが、最近のスマートフォンは性能自体は頭打ちに近くなっており、それよりも実際に利用して動かしてみて使いやすいかどうか、そしてそれが契約する際の価格と釣り合っているものかどうか、という所を焦点にしています。

今のdocomoスマホの中には、あえて高性能ではない機種を用意して、その代わりに割引や価格を高くしているコスパを重視した廉価モデルというものラインナップとして出てきています。

こういった機種は購入時の費用が少なくなりますし、割引があれば維持費を安くすることもできます。

なので選んでいる機種は決して性能が良いものばかりではなく、安いけれどしっかりとした使いやすさを持っている機種なんかも選んでいます。

 

実際に購入して満足した5機種

それではここからオススメのdocomoスマートフォンを紹介していきましょう。

まずは実際に購入した機種を中心にオススメというものを選んでみました。

最近のスマホだと7台ほど購入しているわけですが、その中から満足度の高い5機種を紹介しようと思います。

Xperia XZ Premium SO-04J

ついに完璧な性能と使いやすさを手に入れた国内メーカー最強スマホ

最初のオススメスマホとして紹介するのはXperia XZ Premium SO-04Jです。

Xperia XZ Premiumは従来のXperiaシリーズをより高性能化したモデルです。4Kの再生に対応しており、次世代のハイエンドスマホに近づいている機種と言えます。

このXperia XZ Premiumはこの3年ほどのXperiaシリーズの中で最も使いやすくて動作が安定したXperiaと評価することが出来ます。

この機種は過去のモデルの中でも最も性能が高いということもあり、使いやすいのは当たり前のように感じるかと思いますが、従来のXperiaシリーズはXperia Z3を最後に性能が上がっても使いやすさが向上することは少なかった傾向にあります。

今回のXperia XZ Premiumでは性能が大幅に向上した上に、使いやすさという点でも大きく向上した久々の機種となっています。

 

Xperia XZ Premiumの良い所は次のようなポイントです。

  • 発熱が非常に少ない
  • 電池持ちが非常によくて充電頻度が夜の1回で良い
  • ゲームを含む通常の操作の中で引っかかたりフリーズするような重い動きが皆無で高性能
  • 全体的に高級感をしっかり感じられる細かい作り
  • 高速指紋認証や顔認証搭載

まずXperia XZ PremiumはSnapdragon 835にRAMが4GB、そして4K再生に対応した高細微ディスプレイを搭載しているということで、Xperiaシリーズはもちろんですが今発売されているスマホの中でもほぼトップの高性能さを有しているスマホです。

そのため動作のところで不満やストレスを感じる場面が本当になく、常に快適にスクロールなどを中心としたアプリ操作をすることが出来ます。

そしてこれだけの快適な使いやすさのスマホは、これまで発熱しやすくてその影響で電池持ちが悪いというデメリットを一緒に持っていたのですが、Xperia XZ Premiumで利用しているCPUのSnapdragon 835の性能がとてもよく出来ており、発熱をかなり抑えておりその影響で電池持ちも相当に改善されたものになっています。

この時点で相当に今のスマホとしては使いやすさを強く感じることが出来ます。それまでのXperiaシリーズは「買って良かった」と思えるぐらいに全体が安定した機種というのは無かったのですが、このXperia XZ Premiumは本当に「買って良かった」と思わせる使っていて気持ちのいい動作です。

決して価格は安くはありませんが、その価値を感じられる体感操作となっています。そしてこの価格に見合った、非常に繊細なデザイン、要所要所で細かい作りがされており、非常に高級感のある見た目ですし手触りも「高級感」を感じさせます。

 

価格の高さはあるものの、それに見合った使いやすさを感じさせてくれる国内メーカーの放つスマホとしては現状最高峰の存在であることは間違いないでしょう。docomo専売モデルなので、auやSoftBankユーザーが買えないのが残念なレベルの仕上がり方です。

このスマホは実際に使っていても本当にオススメです。ストレスなく操作できるスマホも今まで多かったですが、動作一つ一つの滑らかさが他のスマホとは違うものを感じます。

長く使っていく上で後悔しないスマホであることは間違いありません。

Xperia XZ Premium SO-04J:ドコモオンラインショップはこちら

 

Galaxy S8+ SC-03J

大画面なのにスリムなスマホ!性能もパーフェクトなハイエンドモデル

Xperia XZ Premiumと同じCPUを採用して同じような動作の快適さがこれまでのスマホ以上に感じられるのがGalaxy S8シリーズです。

Galaxy S8シリーズは通常のS8と大画面のS8+がありますが、どちらも基本性能は一緒で画面の大きさとバッテリー容量が異なるものになっています。個人的にはスマホは大画面で使いたい、バッテリーの心配もなく使いたいという気持ちが強かったためにS8+のほうを選びました。

 

Galaxy S8+の良いところは次のようなポイントです。

  • 大画面でありながら非常にスリムで画面占有率も高い
  • Snapdragon 835のおかげでストレスのない操作が可能で不具合もほとんどない
  • 発熱がなくバッテリー消費も少ない
  • 顔認証や虹彩認証で一瞬で利用できる
  • エッジスクリーンでショートカットや生活情報を気軽に確認できる

Galaxy S8+の凄いところとして挙げられるのは、性能はもちろんなのですがそのサイズ感というのも見逃せません。

Galaxy S8+は6.2インチの大画面スマホというものになっていますが、注目すべきはこの大画面にも関わらず本体自体のサイズが他の大画面スマホと比べてコンパクトという点があります。

同じ大画面スマホのXperia XZ Premiumが5.5インチの画面サイズで、持ち易さに直結する本体の幅が77mmになっている一方で、Galaxy S8+は6.2インチとさらに大画面にも関わらず幅は72㎜と狭くなっており、大画面にも関わらず持ち易さというものが他のスマホに比べても上になっています。大画面スマホは持ちにくいという先入観がある人も多いと思いますが、Galaxy S8+はそうした心配もいらないぐらい持ち易くてしかも軽い(173g)という特性があります。

これは他のスマホには今のところ真似できていないGalaxy S8+の良さの一つです。

 

そしてスペックはXperia XZ Premiumと同じSnapdragon 835にRAM4GBという構成になっており、このGalaxy S8シリーズとXperia XZ Premiumの3つが今docomoにおいて最も性能が高いスマホとなります。そのため動作全体は気持ちいいぐらいの快適さを感じさせてくれ、不具合やちょっとした引っかかり・重さというものがほとんどない過去のスマホの中で最高レベルの動きを実現しています。

またSnapdragon 835を使っているおかげで電池持ちはとても優秀で丸一日激しく使っても20%近くバッテリーが持ちますし、夏場でも発熱する場面が少ないという発熱のしにくさというのも大きなメリットです。

他にも生体認証の種類が多く顔をスマホの前に持ってくるだけで解除できますし、エッジスクリーン機能は何時でもアプリショートカットや天気、路線情報を呼び出せて便利です。

Xperia XZ Premiumよりも更に高額ではありますが、その高額さに本当に見合っているスマホであるのは間違いありません。

 

性能や機能、それに使いやすさといったもの全てを高い満足度で満たしてくれるスマホを選びたいならば、Xperia XZ PremiumとGalaxy S8+は今ベストの選択であるのは実際に購入して利用している身としてオススメしたいです。

特にGalaxy S8+は大画面スマホが欲しい人にピッタリです。6.2インチで持ち易い上に軽いという本来であれば両立できない要素を両立しています。普通の5インチ級のスマホを使う感覚で大画面を手に入れることが出来るのです。

Galaxy S8+ SC-03J:ドコモオンラインショップはこちら

 

Galaxy Feel SC-04J

低価格に高額割引、なのに使いやすいしっかりとしたスマートフォン

価格により目を向けた機種となるとGalaxy Feelがコストパフォーマンスの点で優れているdocomoのスマホになります。

こちらのスマホは一括購入が前提の端末価格の安さと、毎月比較的に高額な割引が受けられるという2重に安い要素が詰まったスマホ契約となっており、端末の性能や使いやすさだけでなくその契約自体が評価を受けているものとなっています。

 

Galaxy Feelの良いところは次のようなポイントです。

  • 価格が安い
  • 価格が安いが基本性能は十分で動作に不満なところは少ない
  • 割引がついてくる、しかもその割引は次に機種変更するまで継続する超長期割引
  • 価格と維持費が両方安いためdocomoスマホの中では屈指のコスパ

Galaxy Feelはスマホ自体の性能だけではなく、価格や維持費といった契約に関するポイントでも非常に見るものがあるスマホです。

特に注目度が高いのがその契約内容な訳ですが、そちらはじっくりと説明するとしてまずはGalaxy Feelのスマホ自体の性能について触れていきましょう。

Galaxy Feelは価格が4万円を超えないこともあり、docomoのスマホの中では廉価モデルのスマホという位置づけになります。ですが廉価モデルといってもスペックはかなり高いものになっているので、実際の使いやすさという点では価格からは想像できない驚かされるクオリティを持っています。

CPUは廉価モデルによく使われるSnapdragon400番台シリーズより少しベンチマークスコアが上のExynos 7820です。そのためあまりゲームなど負荷の強いアプリや高画質動画の再生には向いていないものの、Samsung謹製のCPUということもあり、かなりチューニングはしっかりと行われており、普通に使っている分に本当に困らない操作性を備えています。

特にSnapdragon400番台だと、ちょっとしたスクロールの場面でカクカクとまではなりませんがカクっとなることがたまにあるのですが、こちらのGalaxy Feelでは専用のCPUということでそうした動きのない、ストレスレスな動作を実現しています。

価格帯、そして付けられてくる割引施策の特性を考えれば、これだけストレスを感じずに動かせる性能を有しているのは本当に優れたバランス、それもかなりユーザー側にメリットのあるバランスかと思われます。

 

そしてこのGalaxy Feelはこうした使いやすい性能を持った機種でありながら、非常に高額な割引を通信料に対して適用できる機種でもあります。

Galaxy Feel SC-04Jには月々サポートの代わりにdocomo withと呼ばれている割引が付いてきます。この割引は基本的に月々サポートと性質は変わらないものの、

2年で終わる性質ではなくて次に機種変更するまで3年でも5年でも同じ金額の割引が適用される

という特殊な長期割引であるdocomo withの対象スマホとなっています。

これによりGalaxy Feel SC-04Jを契約したら、次に機種変更するまでずっと通信費が安い状態のまま利用できるということになり、普通の2年間限定の割引しかない他のスマホよりもよりお得に運用することが出来ます。

しかも割引金額も毎月1620円と比較的に高額なため、本当に安い維持費での利用を続けられます。

具体的に維持費を出してみましょう。

シェア5 シェア10 シェア30 シェアOP
シンプルプラン 1058
spモード 324
パケットパック 7020 10260 14580 540
docomo with ▲1620
一括合計 6782円 10,800円 14342円 302円
SC-04J分割代金 一括36288円

最安ではなんと302円という金額の維持費を実現することが出来ます。

これはdocomoのスマホの料金としてはかなり魅力的なのではないかと思います。これだけの安さの維持費で毎月使えるとなると、そのコストパフォーマンスの良さというものが強く感じられることでしょう。

Galaxy Feel SC-04Jは価格に比べるとスマホ自体の動きの良さが目立つ上に、維持費というところでも他のスマホにはまず見ることのできない安さというものを実現しています。

 

このスマホは本当にコストパフォーマンスの良さが目立つ機種となっており、価格が安くて使いやすい上にさらに維持費も安いというとんでもない契約が出来てしまいます。

Xperia XZ PremiumやGalaxy S8+のようにハイエンドモデルではないものの、使いやすさでは優れたスマホであるのを感じた機種です。

Galaxy Feel SC-04J:ドコモオンラインショップはこちら

 

Xperia X compact SO-02J

片手で楽々運用できる高性能かつ日本向け機能盛りだくさんのスマホ

小さめのスマホで価格も安い、それでいて使いやすいスマートフォンという、Galaxy Feelに近い存在である機種でありながら性能がよりアップして長く使える可能性が高いのがXperia X compactです。

こちらのスマホはdocomoスマホとして根強い人気を誇るコンパクトスマホで、将来的にもリセールバリューの高さなどが期待できるスマートフォンです。

 

Xperia X compactの良いことろは次のような点です。

  • 価格が15552円と安い
  • CPUにはSnapdragon 650のミドル~ハイレンジのものを使い性能は高い
  • 発熱が少なく同時期のXperiaの中でもかなり安定している機種
  • 小型の4.7インチで片手運用に適し、防水・おサイフケータイ対応で利便性に優れている

Xperia X compactの良い所は小型で高性能、そして安いというトータルバランスです。

4.7インチとこれまで紹介してきたスマホの中でもサイズ的には使いやすい大きさで、防水・防塵もありますしおサイフケータイやワンセグといった機能も持っています。サイズ的にも持ちやすく、機能面でも便利なものが揃っています。

こうした外観的・機能的スペックに加え、単純な性能面でもSnapdragon 650にRAMが3GBというハイエンドまでは至らないもののミドルレンジ帯以上の高性能なスペックを持ったスマホのため、ゲームや高負荷なアプリを使っても動きが重くなりません。

他にもそうした操作に限らず普段の操作の中でもストレスを感じないサクサク感というものを得られるため、買って満足度の高いスマホとして評価することが出来ます。

今後2年以上利用し続けても問題ないぐらいしっかりとしたスペックのスマホがこのXperia X compactです。

 

そんなXperia X compactのもう一つのメリットとして、これだけの使いやすさがある機種にも関わらず、相当な量を生産してしまったのかまだ十分な在庫があるなかで15552円という格安な機種変更価格を付けています。

この性能・スペック、そして実際に使ってみてストレスを感じないというスマホが15552円という価格は、docomoの機種変更向けのスマホ全体をみても特価級の安さです。

コストパフォーマンスの高さではGalaxy Feel SC-04Jに匹敵します。割引こそないものの、その分価格が安いですし性能面では上となっています。しかもdカードGOLDを使えば実質的な割引をある程度得ながら利用することが出来る回線となっているので、そちらと合わせて使うことで格安なスマホを契約することができます。

Xperiaシリーズのコンパクトモデル、しかも動作が安定していて評価の高いモデルという事もあり、docomoの下取りや中古ショップの買取価格などでも高値を付け続けている機種であり、将来的なリセールバリューも期待できるスマホです。

Xperia X Compact SO-02J:ドコモオンラインショップはこちら

 

iPhone 7

防水付きの最新iPhone おサイフ機能は便利なだけでなくお得すぎる

定番ではありますが、やはりiPhoneの使いやすさにも目を向けなければなりません。

特にiPhone 7では割引が増えて意外と安いということ、そして日本向けの機能がこのiPhone 7から充実してきているという点が特徴としてあり、これまでのiPhoneとは利便性が大きく向上している機種となっています。

そのため今までiPhoneを使い続けていた人はもちろん、ガラケーやAndroidスマホを使っていた人なんかにもオススメすることができるものになっています。

 

iPhone 7の良い所は次のような点です。

  • CPU,RAMのどれもが最新モデルにふさわしい高性能
  • 不具合は皆無のヌルヌル操作
  • 防水による使いやすさ向上
  • Apple Payで電子マネーが便利かつポイント系キャンペーンが豊富で圧倒的にお得

iPhone 7の良さについては特に語る必要もないぐらいのものなのですが、一応確認していきましょう。

iPhone 7はCPUもRAMもこれまでのiPhoneシリーズから当然のように性能が大きく上がったモデルとなっているため、動作に不満はまず感じない機種となっています。

いわゆる「ヌルヌル」な動作はiPhoneらしい操作感と言えるでしょう。Androidによって異なるメーカーのスマホではないため、アプリの最適化がiPhoneだとしっかりした形になるため、不具合や問題というものがあってもすぐに修正されて使いやすいものが大半となっています。

初めてのスマホとしても使いやすさは優れているため、ガラケーユーザーの初スマホとしてもオススメです。ちょうどガラケーやキッズケータイからの機種変更でさらに安くなる割引もあるので、そちらを利用するといいでしょう。

 

こうした性能面で使いやすい他にiPhone 7ではiPhoneシリーズ初の防水機能を加え安心感を増した上に、Apple Payによるおサイフケータイに近い機能を保有しました。

これにより電子マネーやクレジットカード決済がしやすくなったわけですが、このApple Payの凄さは電子マネー利用の便利さももちろんあるのですが、Apple Payを使うことによってポイントアップをするクレカ事業者が多くあり、普通に電子マネーを使うよりも何倍もお得に支払うことが出来ます。

おサイフ機能というだけでなく、ポイントも貯まりやすくなるという支払いが可能なため、iPhone 7は使いやすいだけなくお得という付加価値があります。

このようにiPhone 7はiPhoneシリーズお馴染みの不具合の少ない使いやすさに加えて、新機能の防水やApple Pay対応によって利便性も大きく向上しており、本当に優れたスマホの一つとしてオススメ出来ます。

意外と価格も安いので購入しやすく、docomoの下取りや中古で売却した時も高値をつけるため、リセールバリューも含めて考えるとお得さが目立つスマホとなっているのは間違いないでしょう。

iPhone 7:ドコモオンラインショップはこちら

 

タッチトライイベントで触れた良機種

ここからは購入には至らなかったものの、タッチトライやブロガー向けのイベントで触ってみて使いやすかった機種を紹介しましょう。

Galaxy S8 SC-02J

大画面でありながら同サイズのスマホよりも圧倒的にコンパクトで高性能

Galaxy S8+とどちらを購入しようか迷った機種がこちらのGalaxy S8 SC-02Jです。

同じような大画面ではあるもののこちらの方が若干コンパクトな装いになっています。徹底して大画面であることを求めたので購入には至りませんでしたが、Galaxy S8+とほぼ同じスペックであるため、より取り回しのしやすさという点ではこちらのほうもオススメできるスマホです。

 

Galaxy S8の良い所は次のような点です。

  • Snapdragon 835とRAM4GBで実現している軽快な操作感
  • サイズはかなりコンパクト(普通のスマホの5インチレベル)なのに、画面サイズは5.8インチという大画面
  • 発熱は皆無でバッテリー持ちも非常に優秀
  • 個性的なカラーもラインナップに

基本的にこのGalaxy S8はGalaxy S8+と同じスペックです。違うのはバッテリー容量とスマホのサイズぐらいです。それ以外はGalaxy S8+と同じスペックとなっているので、サクサク感もバッテリー持ちも発熱のしにくさなんてのもGalaxy S8+と共通の評価を与えることが出来ます。

Galaxy S8ではS8+に比べてよりコンパクトになっています。横幅は68mmと5インチ前後のスマホと同じサイズ感です。

ところがGalaxy S8はそれだけのコンパクトさでありながら、画面サイズは5.8インチとかなり大きく、情報量が多くとれるスマホとなっています。割と小さめのサイズで大きい画面を扱えるという事で、Galaxy S8+と同じぐらいの感動を味わえます。

またコーラルブルーのような非常に映えるカラーバリエーションも加わっており、あまり大きすぎないスマホを求める一般の人にとっても購入しやすい要素が多くなっています。

 

大画面にこだわりがあったために個人的にはGalaxy S8+を契約しましたが、そこまで大画面にこだわらなければこのGalaxy S8のほうがサイズ的にも取り扱いはしやすいものと感じます。

ちょうど2万円近く値下がりも行われたため、機種変更価格もようやく下がってきているので、こちらのスマホを長く使う予定で契約するというのは良い選択かと思われます。

Galaxy S8 SC-02J:ドコモオンラインショップはこちら

iPhone SE

4インチの小型機だけどパワーは十分、そして安い

続いてはあまり面白みは無いかもしれませんが、iPhone SEを紹介しようと思います。

こちらは買ったはいいものの大画面好きの身には物足りないために売ってしまった、という機種です。

ただ売ってはしまったものの、操作性自体はとても快適でここまで紹介したスマホの中でも最も小さくて取り回しのしやすい機種となっています。

 

iPhone SEの良い所は次のような点です。

  • 4インチでコンパクトかつ高性能
  • 32GBモデル登場、価格も安くて購入しやすい

iPhone SEや4インチというサイズの小ささがやはり最も魅力的なポイントの一つでしょう。個人的には合わなかったものの、小型サイズのスマホが欲しいという人は多いでしょうから、そうした需要を一手に引き受けているスマホです。

サイズが小さいといってもスペック自体はかなり高く、iPhone 6sと同等のCPUとRAMの容量を搭載しているために動作はサクサクです。同じサイズ・デザインのiPhone 5sと比べて2世代分も違うCPUにパワーアップしているため、かなり動作が軽くなっています。

小型機が欲しいという人にはまず一番最初に候補に入るスマホでしょう。

 

また2017年になって32GBモデルと128GBモデルが価格そのままで追加され、これまで以上にお得な形で大容量モデルを購入することが出来るようになりました。

価格自体も15552円から契約できるようになっているので、機種変更スマホとしてかなりの安価な契約が可能となっています。

大画面スマホを求めるならば向かないですが、そうでないならば価格の安さと使いやすい上にdocomoスマホ最少という強みがオススメとして挙げることができます。

iPhone SE:ドコモオンラインショップはこちら

 

docomoのオススメスマホのまとめ

以上のスマホが実際に使ってみた•触ってみたスマホの中で他の人にオススメ出来る機種になります。

これらの機種であれば不具合に悩まされるということもなく、性能面でも2年以上使っても劣ることもストレスを感じることもないです。

それでいて一部の機種は価格も低価格ということでコストパフォーマンスも優れた機種となっています。

これらを契約すれば文句なしで納得のできるスマホ契約というものを実現できると思います。

最後にそれぞれのオススメ機種について、どういった人により便利になるスマホなのか、ということをまとめてみようと思います。

Xperia XZ Premium

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • シンプルなデザインのスマホを買いたい
  • 発熱の心配やバッテリー持ちの心配と無縁でいたい
  • 触っていても高級感の感じられるしっかりとした作りのスマホを使いたい

Xperia XZ Premiumはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。
Xperia XZ Premium SO-04J:ドコモオンラインショップはこちら
Galaxy S8+

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • 発熱の心配やバッテリー持ちの不安と無縁でいたい
  • 大画面のスマホを楽しみたい、しかもそれがスリムなデザインならなお良いという考えの人

Galaxy S8+はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

Galaxy S8+ SC-03J:ドコモオンラインショップはこちら
Galaxy Feel

  • 低価格でしっかりと動く中ぐらいのスマホが欲しい
  • 割引も付いて長く安い料金でdocomoを使いたい
  • バッテリー持ちは心配したくない

Galaxy Feelはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

Galaxy Feel SC-04J:ドコモオンラインショップはこちら
Xperia X compact

  • 安くても性能の高いスマホが欲しい
  • 5インチ以下のサイズで持ちやすい大きさのスマホが欲しい
  • 機能面でも充実したスマホが欲しい

Xperia X compactはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

Xperia X Compact SO-02J:ドコモオンラインショップはこちら
iPhone 7

  • iPhoneが欲しい
  • iPhoneの中でも価格やリセールバリューも含めたトータルコストの安いモデルが欲しい
  • 不具合やストレスのない操作を常に行いたい
  • お得に電子マネーなんかを使いポイントを貯めたい
  • 防水などの機能性も求めたい

iPhone 7はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

iPhone 7:ドコモオンラインショップはこちら
Galaxy S8

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • 発熱の心配やバッテリー持ちの不安と無縁でいたい
  • これらを普通のスマホサイズで楽しみたい

Galaxy S8はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

Galaxy S8 SC-02J:ドコモオンラインショップはこちら
iPhone SE

  • iPhoneが欲しい
  • iPhoneの中でも価格やリセールバリューも含めたトータルコストの安いモデルが欲しい
  • 不具合やストレスのない操作を常に行いたい
  • 小型モデルが欲しい

iPhone SEはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

iPhone SE:ドコモオンラインショップはこちら

機種変更はドコモオンラインショップで

さてdocomoに関するオススメスマホをまとめてみましたが、これらの機種を機種変更やMNPといった方法で契約しようと思った場合、必ず利用してもらいたい契約場所があります。

それがドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップで契約することによって、docomoのスマートフォンはドコモショップやヨドバシカメラで契約するよりも安く購入することが出来ます。

それは何故か。今docomoのショップを街のケータイショップで契約してしまうと、大抵の場合で『頭金』や『オプション契約』といったものを付けられてしまうために、価格が値上がりしてしまいます。

特に2017年2月からはiPhoneにも頭金が許可されるようになったので、今全国のショップで頭金ありきの契約が広がってしまっています。

ドコモショップの平均的な頭金金額は5400円あたりです。3240円のところもあれば7680円のところもありますが、結構高額な金額が頭金となり値上がりしてしまいます。

頭金の詳しい内容は以下の記事にありますが、この頭金は契約する側にとって必要な値上げではありません。ドコモショップが儲けるためだけに付けられて、それを契約者側が損をする形で負担していることになります。
ドコモオンラインショップは機種変更をするユーザーなら使わないと損する隠れ優良店 | キャリスマ
こうした事態を避けるためにdocomoのスマホの契約はドコモオンラインショップで行うことが望ましいです。

他にもドコモオンラインショップには

  • 自宅受け取りやドコモショップ受け取り、コンビニ受け取りが選べる
  • 機種変更の時の事務手数料が無料(通常2160円)
  • 待ち時間や契約時間がほとんどかからない

というメリットがあり、普通にドコモショップで契約するよりもお得となっています。

今回紹介したオススメのスマホを契約するならば、必ずドコモオンラインショップを使うようにしましょう。

ドコモオンラインショップ

 

 - docomo, お買い得スマホ情報, スマホの使い方, スマホレビュー, スマホ契約