ドコモオンラインショップは機種変更がお得にできる超優良店

docomo
機種名 販売価格 機種名 販売価格
Xperia 10Ⅱ 41,976円 LG Style3 41,976円
AQUOS sense3 31,680円 iPhone XR 57,200円
iPhone SE 57,020円 P30 Pro 48,312円

現在ドコモでは一部に限られていますが、値下げされたお買い得スマホが揃っています。ドコモオンラインショップでもそういった機種の紹介を特設ページで実施しているので、手っ取り早く安い機種をお探しの場合はこちらを参照するといいでしょう。

ドコモオンラインショップ

また一部の機種はオンラインショップ限定特典によって上記の価格の安さに加えてdポイントのプレゼントがあります。そのため実質価格がショップ店頭よりもさらに安くなっています。

 

この記事ではそろそろ新しいスマホへ取り換えようと考えている人々へ損をしないための方法を教示しておきましょう。

今回はdocomo編です。

 

 

docomoでスマホを契約する際に、最もお得になる方法かつ賢く便利な形で契約できる方法というのを今回は紹介していこうと思います。

その方法となるのは「ドコモオンラインショップで契約する」というやり方です。

この方法であればdocomoのスマホが安くてお得に契約できるというのは当然ですが、その他にも便利なメリットを多く得られた上で契約することができるようになります。

docomoのスマホを契約するのであればこちらのドコモオンラインショップの特性というのは知っておくことは損じゃないどころかお得な契約に直接的につながることになるため、以下で行う紹介内容をチェックしてもらってdocomoのスマホをお得に契約する方法というのを確かめてみてください。

スポンサードリンク

ドコモオンラインショップにはお得な契約が可能な2つのメリットがある

まずドコモオンラインショップでの契約には

  • お得なポイントが2つ
  • 便利なポイントが3つ

用意されています。

これはオンラインショップ限定の特性となっており、他の契約方法では得られない内容です。

この5つのメリットの存在によって、ドコモオンラインショップは普通よりもオトクで便利な契約というものができるようになっています。

まずはお得な特性・ポイント2つについてをまとめて紹介をしていきます。

ドコモオンラインショップは頭金0円

オンラインショップにはお得なポイントが2つありますが、その1つは頭金が0円となっているためにスマホの端末代が高くならないというところが強大なメリットとなっています。

普通にdocomoのスマホを契約しようとした場合には、この頭金が本来であれば5000円や1万円ほど手数料に近い形でかかってきます。

そのためスマホを契約する際にはこの頭金用の費用というのも購入資金として用意しておく必要があります。

この頭金によってスマホの費用としては定価以上の金額の準備が必須化されることが本来は多いわけですが、ドコモオンラインショップに限ってはそういったことがないのです。

その理由は頭金が0円に設定されているからです。

頭金が0円となっているために、スマホ代金以外の頭金費用というのも契約のために用意しなければいけなかった中で、オンラインショップでの契約であればスマホの端末代金「のみ」で普通に契約できるようになっています。

こうした頭金0円という特典があることによって、ドコモオンラインショップでの契約は通常時のdocomoスマホ契約よりも確実に高いオトク度で契約を行うことができるようになっています。

まずこの一つの特質がドコモオンラインショップのメリットとなっています。

ドコモオンラインショップだけが事務手数料0円

お得ポイント2つめは事務手数料が0円のためにこちらもスマホ契約時の費用が高くならないというところのメリットがあるという点です。

docomoのスマホを契約する時には、新規もMNPも機種変更とどの契約であっても基本的には事務手数料というのが契約時にかかってしまいます。

金額は通常の機種変更が2000円、新規やMNPなんかだと3000円かかってきます。こちらは税別なので正確には2160円や3240円といった税込みの料金が手数料としてかかってくるのです。

頭金に関してはオンラインショップ以外でも0円で契約できるところはありますが、この事務手数料に関してはdocomo側で必ず発生する必須の費用とされています。

そのためにスマホ契約時の費用にはこの事務手数料の分も頭に入れておかなければなりません。

頭金が0円で78000円のスマホであっても、事務手数料がかかってくるために契約の総費用としては81000円近くかかるということを覚悟しなければならないのです。

そうした中でこのdocomo側によって必ず費用としてかかる事務手数料が特別に0円になるショップというのがあり、それがドコモオンラインショップとなっているのです。

ドコモオンラインショップでは頭金だけでなくこちらの2000円または3000円かかる事務手数料も0円にすることができるようになっています。このため頭金と共に事務手数料が0円になるわけで、スマホの購入費用というものがスマホの端末代だけで済むという良心的でそして何よりもオトクな契約というものができるようになっています。

この特質もオトクさを占めるオンラインショップのメリットです。

 

 

まずこの2つのポイントは特にお得にスマホを契約する上でドコモオンラインショップを選ぶに値する点でしょう。

頭金に関しては同じような特質を持ったお店というのもありますが、事務手数料に関してはドコモオンラインショップだけが持っている特質になるため、その分オンラインショップの方が契約として金銭面に強いメリットのあるものになっているのがわかると思います。

この2つの特質だけでもドコモオンラインショップはdocomoのスマホ契約を行うのに適したショップであるというのがわかります。

頭金と事務手数料の分だけお得な契約ができます。

 

 

便利なポイントは3つ:時間がかからない・自宅で受け取り可能・チャットサポート

続いては便利なポイントについてのオンラインショップが持つ特性というのを確認していきましょう。

説明していく3つの特性は以下のようになります。

  • 時間がかからず申し込み可能
  • docomoショップ以外にも自宅で受け取り可能
  • チャットサポートが用意されている

各項目について以下のトピックスで詳しく説明していきます。

契約に時間がかからない

ドコモオンラインショップの便利なポイントの一つは、非常に短時間で契約が完了するという点になるでしょう。

オンラインショップの便利なメリットには、通常のスマホ契約においては数時間かかってしまうような機種変更や新規・MNPの契約といったところを、本当に数分で済ませることが出来るという点があります。

機種変更も新規・MNPも、氏名・住所・電話番号・支払い方法(dアカウントに登録されていればそちらにログインだけで入力される)、そして利用する料金プランを選択してしまえばすぐに契約手続きに入ることが出来ます。

誇張でも何でもなく5分とかからないあっさりとした感じで機種変更などが出来てしまうため、普通に契約した時にかかる待ち時間や契約そのものの長時間かかる作業が一瞬で終わってしまいます。

この時間のかからなさというのはオンラインショップの便利な側面として非常に大きなポイントです。

会社勤めの人なんかは昼休み中の契約というのも余裕はないでしょうし、帰宅時の疲れている状態で何時間も待ったり手続きしたりというのは時間だけでなく体力的にも精神的にも負担になるでしょう。

そうした問題をオンラインショップでならば避けることが出来るという本当に大きなメリットとなります。

スマホ契約に関する「イライラ」を避けることが出来るわけです。

自宅でも受け取りが可能

もう一つオンラインショップにおける便利なポイントとしては、自宅での受け取りが可能という点です。

先ほどの便利なメリットの5分ほどの操作でスマホが契約できた上に自宅での受け取りができることによって、どこにも行かずに自宅からの手続きだけでスマホを手に取ることが出来るようになっています。

自宅受け取りでは時間帯も指定できるため、仕事から帰ってくるタイミングで受け取ることもできるようになっていますし、休日の午前中に配送してもらうことも出来ます。

5分ほどの手続きで自宅に居ながらにして好きな時間に受け取れるというのはオンラインショップの非常に便利なポイントであるのは間違いないでしょう。

手続きと合わせて「無駄な時間がかからない」というところもオンラインショップ魅力と言えます。

※新型iPhoneなんかも発売日当日に受け取れる

ちなみにドコモオンラインショップでは新型iPhoneを中心に、発売直後のスマホを発売日当日に自宅に届けてもらうことが出来ます。

その方法としては

  • 予約を早く行う
  • 在庫が確保された発売の3日前の日中に手続きを行う

という形で契約を進めていくと当日配送が可能な場合があります。

これは特にiPhoneなんかで有効な方法になっており、新型スマホの発売の際にはまず「予約の早かった順に在庫が確保される」ことになります。

そのため特に人気が高いiPhoneなんかを当日に手に入れたいのであれば、まずこの予約を素早く行う必要があります。

その後は予約順で在庫が確保されて発売日の3日前に「購入手続き」という本契約の手続きの案内が午前中に届きます。この購入手続きが10時頃から開始されるのですが、なるべく午前中や午後の早い段階に契約することによって発売日当日配送の便に間に合います。

このようにオンラインショップからでも当日配送が可能になっており、極めてショップに近い使い方が出来る点も便利なポイントと言えます。

 

また一部の地域ではエクスプレス便を利用することができ、なんと機種変更であれば24時間以内に配送が行われる。といったサービスも利用することができます。

チャットサポートを使って不安なところを質問できる

3つ目の便利なポイントにはチャットサポートの存在を挙げることが出来るでしょう。

オンラインショップのデメリットというところではショップのように店員さんに相談ができないというのがこれまでありました。店頭ではこの店員さんに不安なポイントを質問しながら契約できるという、明確なオンラインショップとの違いというものが用意されていました。

ところが2018年後半ごろからオンラインショップではこのデメリットな点である「相談できない」「不安な点を解消できない」という問題が、チャットサポートを用意することによって解消されています。

流石に店頭のように手取り足取り教えてくれるわけではありませんが、プランの疑問点や今現在の自分の契約状況から機種変更などが適しているのかなどの質問というのがしやすくなっており、解決についてもしやすいものになっています。

オンラインショップのメリットについてわかっていながら、相談することが出来ない故に使えなかったという人は多かったと思いますが、このチャットサポートによってそうした不安をある程度なくすことができるようになっています。

よりネット上で契約しやすくなっているサービスが用意されており、これまで以上に便利でわかりやすい契約というものがドコモオンラインショップでは出来るようになっています。

オトクで便利なドコモオンラインショップは機種変更するのに最もメリットのあるショップに

このようにドコモオンラインショップで契約する上で、メリットと呼べるものが数多くあるのがわかってもらえるかと思います。

オンラインでの契約にもかかわらず便利であるという特徴の他にも、普通に契約するよりもお得な形でスマホを手に入れることが出来るようになっています。

時間もかからず頭金や事務手数料もないというスマホ契約におけるデメリットな部分を全く気にしなくて良いのは今のスマホ契約のしにくさを考えると非常に大きいメリットと言えるでしょう。

docomoのスマホを契約しようとした場合、オンラインショップでの契約は非常にお得であり利便性も高いため、まずオススメしたいショップとして以上の理由から挙げることが出来るようになっています。

ドコモオンラインショップ

 

 

9月の機種変更でオススメの最新スマホ5選

では具体的にこのドコモオンラインショップで機種変更することで損をしない契約ができるのはどういった機種でしょうか。

安さがある、または性能が高くて使いやすいオススメの良機種をいくつか紹介したいと思います。機種変更をしたいと考えているが、どの機種がいいのかまで決めていない人は、ぜひこれを参考にしてください。

 

10万円を超えない高性能かつ高リセールバリュー:iPhone 11

 

端末価格だけをみれば決して安い機種とは言えないのですが、長く使える性能の高さや将来的に売却した時のリセールバリューなんかを考えると、コストパフォーマンスの良いモデルとしてオススメ出来るのがiPhone 11です。

 

iPhone 11は豊富なカラーバリエーションとiPhone 11 Proと変わらない高性能なスペック、デュアルレンズで広角も超広角も美しく撮影できるカメラ、といった構成で利用できるiPhoneです。

iPhone 11は急激に性能が上がったiPhone 11 Proと同じSoC・RAMを搭載しているため、単純な性能ではiPhone 11 Proと同じです。違いはディスプレイが液晶(11 Proは有機EL)、カメラがダブルかトリプルといったところになります。

iPhone 11 Proのトリプルレンズとはズーム用があるという違いしかないため、ズーム撮影が少ないユーザーであればiPhone 11で十分すぎる高性能さを持っていると言えます。

 

価格は87120円と、ハイエンドモデルの中では非常に安い価格設定。近い性能のAndroidスマホが軒並み10万円を超える中で、この価格の安さはiPhone 11の大きな魅力の一つです。

10万円を超えない価格設定というのはiPhoneのハイエンドモデルとしても珍しいものであり、10万円を余裕で超えるiPhone 11 Proよりも随分安さを感じる最新性能iPhoneとなっています。

スマホおかえしプログラムを利用すれば2年間で58080円からとなり、毎月の端末代支払いも3000円を下回る形になります。

 

 

価格面に関してもう一つオススメと言えるポイントは、iPhoneシリーズは総じてリセールバリューが高いために、2年や3年利用後に売却したとしてもある程度高額な買取金額が維持されています。

基本的にiPhoneの場合キャリアの下取りも高額になるため、状態によってより高額な買取金額を付ける方に売るようにしましょう。

状態が良ければ最低でも3万円程度は価格が付けられると思われるため、実質的な購入価格というのが更に安くなるというメリットをiPhone 11は持っています。

 

今の値下げがされにくくなってしまったdocomoのスマホ販売において、性能に満足できた上に買取といったところからも高い満足度を持った契約というのが出来るのは、このiPhone 11ということになります。

ドコモオンラインショップ iPhone 11

 

お買い得な1台として!iPhone SEが高スペックなのに5万7020円という価格に

 

 

iPhone SEも今オススメの機種変更機種として必ず挙げることができます。

iPhone SEは他のiPhoneと比べても価格面で手を出しやすい価格を付けています。

価格は機種変更で57,020円

防水対応やApple Pay、さらには指紋認証といった使いやすい機能を取り揃え、CPUはiPhone 11 Proと同じA13 Bionicという非常に高性能なものを用意しており、性能面でも非常に強いスペックを有しています。

こちらはサイズ感などマッチするようならば、非常にオススメできる1台です。

 

iPhone SEについてはこのように型番の新しさからもわかるように、性能の高さも機能の豊富さもどちらも非常に良いものを持っています。iPhone 11シリーズのような顔認証は使えないものの、メガネやマスクをよく使う人にはむしろ指紋認証の方が使いやすいでしょう。

Antutuのベンチマークスコアも45万点を軽く超える成績を残し、iOSということでゲームなんかにも最適化されておりプレイしやすい機種となっています。

防水やApple Payなどの利便性が高い機能も用意された上で高性能な機種ですから、この価格で買えてしまう、しかも機種変更でもそこそこ安いというのは非常にコスパが良くてお得な機種の一つであると言えます。

 

 

万人にオススメ機種として挙げれるだけの高性能さを持ちながらiPhoneの中では安く契約できるので、こちらのiPhone SEもオススメのスマホとして必ずチェックしておいて欲しいスマホです。

なおこちらは予約受付中の機種ならばまだしっかりと在庫を確保してくれるので、欲しい場合にはオンラインショップで予約をしておくようにしましょう。

1週間前後を目安に在庫がきます。

ドコモオンラインショップ iPhone 8

 

動作の良さが光る廉価モデルとして扱いやすいXperia 10Ⅱ

 

 

価格の安さとXperiaのデザイン性の高さから人気の高くなっているXperia 10Ⅱもオススメのスマホとして紹介することができます。

スペックを見るとSnapdragon 665となっており、ゲームなどができるほどに高い性能ではないものの、ゲーム以外の普段のスマホアプリの利用においてはかなりサクサクで快適な操作をすることができるものになっており、普段使いにおいては確実に満足度の高いスマホになっています。

スペックが他のスマホよりも若干低いといっても、それが気にならないソフトウエア調整をしているために動作は快適です。

 

今回紹介しているスマホの中では唯一アスペクト比が21:9という超ワイドディスプレイを搭載しており、SNSを中心とした利用やスマホ向けのコンテンツを長く見るのに適しています。

ワイドディスプレイは今後の主流になりうるディスプレイサイズとなっており、対応アプリも増えていることを考えるとこの安さで最新スペックのモデルが購入できるというのは一つ嬉しいポイントです。

 

最新モデルの中では結構買いやすい安さの機種となっているので、うまくdポイントなどで値引きをしてもう少し安く買えるようだったら迷わず機種変更をオススメしたいスマホの一つになっています。

6インチフルHDなのにiPhone SEとほぼ同じ横幅で持ちやすいという特徴を持っているので、扱いやすさに関しては非常に良くできたモデルとなっています。

最新モデルを安く購入したいのならば間違いなくこちらです。

こちらの契約は安さといった点からも圧倒的におススメできるものになっているため、在庫がある内に購入するようにしてください。

 

ドコモオンラインショップ Xperia 10Ⅱ

 

ハイエンドモデルなのに5万円以下!P30 Pro HW-02L

 

 

ハイエンド端末の中で性能も機能もカメラもいいのに安いスマホとしてオススメできるのがP30 Proです。

Snapdragon 855に匹敵するKirin980という最新のCPU、RAMも6GBで日本向けの機能も独自にしっかりと搭載しているモデルのため、性能の高さの安心感はもちろん様々なシーンでの使いやすさというのも兼ね備えたスマホとなっています。

AntutuはiPhone XSを超えて非常に高い数値である40万点のベンチマークスコアを記録しており、その性能の高さというところには全く不足はありません。

高性能さ、カメラ性能の高さは非常に良く、現在販売されているスマホの中でも最高峰のものになっています。

特にカメラ性能の高さは夏モデルの中でも屈指の暗所性能の良さとなっており、性能以外のポイントでも高い満足度を得ることができるスマホとなっています。

6.4インチながらディスプレイが曲がっていることによってその分大画面でありながら幅を狭くすることに成功、持ちやすさ・使いやすさといったところでも優れたスマホになっています。

 

価格は驚異の48,312円。これだけの性能のスマホがこの安さはちょっとおかしいレベルです。

ハイエンドモデルの中では圧倒的なコストパフォーマンスの良さを見せるスマホになっているため、こちらのP30 Proが在庫があるようならば早めに購入をしておいた方が良いものになっています。

ドコモオンラインショップ P30 Pro HW-02L

 

性能もカメラもミドルレンジ以上のコスパ最高スマホのGoogle Pixel 3a

これまでもコストパフォーマンスの良いスマホを紹介してきましたが、どれも性能が良いものを重点的に紹介してきました。

そうした中でこちらのGoogle Pixel 3aは性能よりもより価格面が優れている機種になります。

 

Google Pixel 3aの価格はなんと46656円という安さ。一括価格でもこの価格なので、docomoのスマホとしてはかなり安いものになっています。

docomoではこうした安価なモデルを【スタンダードモデル】として売り出していますが、Google Pixel 3aもそのラインナップの一つになっています。

 

このスタンダードモデルは4万円前後で発売されている安価な機種になるわけですが、Google Pixel 3aはその中でも特に性能が良いためにコスパが良いです。

Antutuのベンチマークは15万点となっており、iPhone 7レベルの性能を持っています。

他のスタンダードモデルが8万点前後の中で、Google Pixel 3aのみが非常に性能が良いものになっています。

 

この性能の高さと価格の安さというのは圧倒的なコストパフォーマンスの良さを実現しており、単純に安いスマホとしても魅力ではありますが、十分な性能を持ったスマホとしても良い機種になっています。

 

またこの価格帯のスマホでは珍しく、カメラ性能も非常に高いために安い機種でありながら美しくて鮮やかな写真が撮れるようになっています。

こちらもGoogle Pixel 3aの良いところとなっており、Twitterやインスタグラムなどで映える写真が撮れやすい廉価モデルとして利用することができます。

ドコモオンラインショップ Google Pixel 3a

 

 

以上の機種は機種変更するに「性能」「価格」「人気」を全て取り合わせたスマートフォンで、もしもドコモオンラインショップで機種変更を考えているようならばこの5機種に特別割引が適用されている内に契約をすることをオススメします。

ドコモオンラインショップ

 

新型iPhone・新スマホに向けたドコモオンラインショップの活用法:より安く契約するためには

毎年のように登場してくる新型iPhone・新スマホの発売にあわせて予約や購入準備を進めている人は多いと思いますので、そうした人向けの話題についてもこちらで触れてみたいと思います。

そうした人たちが望むものの一つにより安く購入できる可能性というものが含まれていることでしょう。ドコモオンラインショップを利用することでショップの頭金や強制オプションなどの不要な支払いを避けることが出来、結果的に安くスマホの機種変更ができるのは確かですが、もう少し安く契約をしたいという人もいることでしょう。

新型iPhoneの発売に合わせてdocomoはオンラインショップで大き目のキャンペーンを実施することになり、そのタイミングに合わせて各種キャンペーンを駆使することで通常のショップで契約するよりも確実に安くスマホを購入できるようになっています。

その内容について確認しておきましょう。

 

 

dカードを用意して毎月の料金からポイント還元

今回のオンラインショップでの契約において大きなキャンペーン内容がdカード支払いによるポイント2倍特典です。

通常ですとApple製品はiPhone含めて家電量販店などのポイントも1%しか還元がされません。しかしドコモオンラインショップでの購入で支払い設定をdカードに設定すると、ポイント還元が2倍の2%からになるという特典が付いてきます。

iPhoneには限らない特典ですが、特にiPhoneの購入においては最もお得にポイント還元を得ることができるものになっています。

 

この特典を得るためにはdカードへの入会が必要なわけですが、個人的にもdカード入会はその価値があると思います。

  • dカード GOLD加入でdocomoの通信料が10%もポイント還元対象に
  • 補償オプション(Apple Care含む)に未加入でもdカード GOLDのケータイ補償で最大10万円の補償対応
  • 利用金額に応じて最大22,000円分のスマホ割引クーポンやファッション・旅行に使えるポイントがもらえる

dカード(特にdカード GOLD)への入会は、ドコモオンラインショップのポイント2倍以外にも上記の特典があるためにiPhone購入前に入会しておいて損はないと思います。予約してから実際に在庫が確保されるまで時間があるので、そのタイミングでdカード GOLDが届くのを待つようにするといいと思います。

 

直接的なiPhoneの値引きにはならないものの、docomoの通信料を毎月10%もポイント還元してくれるdカード GOLDの特典は見逃せません。これは毎月発生する特典となっているため、docomoを長期間これからも利用する人は絶対に利用しておかないと勿体無い特典です。10%も毎月支払いが発生するスマホ料金に特典を加算してくれるのは、他のクレジットカードを見回しても存在しません。

例えば毎月7000円の支払いがあれば700ポイントもの還元を毎月受けることが出来ます。そうすると1年で8400ポイントというdポイントが貯まることになります。dカード GOLDに加入していれば実質的に1ヶ月分docomoのスマホ料金が無料になる可能性だってあるのです。そしてもしもシェアパックの代表回線ならばこの支払いは1万円を超えることが常なので、より高額な還元を得ることが出来るようになっています。

長期的にdocomoを使い続けていくとこの10%還元は既存のdカード GOLD非加入ユーザーと加入ユーザーでは年単位で相当なポイント還元差が生まれるようになっているため、iPhone 7購入関係なくdocomoユーザーなら持つべきクレカになっています。というよりも長くdocomoを使い続けるつもりならば持っておかないと毎年1万ポイント前後を所有ユーザーに比べて逃してしまうことになります。

 

2つ目のクーポンは加入時にdカードゴールドのみ5400円分が貰えます。これはすぐにはiPhone 8には使えないため、家族のためにとっておくかオークションで3000円以上で取引されているので、そこで売却するかという形で実質的なiPhone 8の値下げにつなげることも出来ます。2年目以降は100万円の利用で10800円分、200万以上の利用で21600円分のクーポンが手に入ります。今回のiPhone 8にはどれも間に合いませんが、家族が使ったりオークションなどに流すことが可能となっているため、安く購入するという目的を間接的に満たしてくれるのは確かです。

現在こちらの特典は総務省の要請によって自粛対象となっています。今後の代替キャンペーンの内容が発表され次第追記していきます。

※追記:これまで自粛されていたクーポンについてようやく再開のアナウンスがありました。

これまで通り年間100万円利用・200万円利用によって11,000円または22,000円分の還元があるのは変わりませんが、再開後はケータイやスマホで使えるクーポンだけでなくdocomoの運営するファッションサイトや旅行サイトでも同額使えるクーポンを選べるようになりました。

これによってスマホ購入だけでなく衣料品や旅行の足しにdカード GOLDの特典が使えるようになっており、これまで以上に使い道の幅が増えています。

この特典が再開したことによって、dカード GOLDの魅力はdocomoユーザーにとって他のどのゴールドカードよりも際立つものになるでしょう。

 

そして3つ目の特典であるdカード GOLDケータイ補償はオプションとして加入されることが多いケータイ補償オプションの代替となってくれます。最大10万円までですが、docomoのスマホが壊れてしまったときにこの補償によって同一機種の購入をサポートしてくれるようになってなっています。

dカードだと1万円止まりなのでdカード GOLD推奨ですが、ほぼ全額補償サポートをしてくれるので、極論ではありますがdocomo公式の補償オプションに非加入でも安心して利用することが出来ます。

 

より詳しくは別記事を見てもらいたいですが、ドコモオンラインショップのdカード2倍ポイント還元以外にも、特にdカード GOLDを利用することでdocomoのユーザーは毎月毎年他のdocomoユーザーより確実にお得なスマホ運用を出来るようになっているので、今回のオンラインショップ特典に関わらずdカード GOLDへの入会をしておくべきだと思います。

dカード GOLDの各種特典と今回のオンラインショップ特典の双方を活用することも一つの賢いiPhone購入術となるでしょう。

 

というわけで新型iPhoneに向けて安く機種変更をしようとした場合には

  • ドコモオンラインショップで頭金や機種変更事務手数料を避ける
  • dカード GOLDに加入してポイント還元やその他特典を貰う

この2つを満たすことが出来れば普通にショップ契約をしている人達よりも頭金等含めて1万円近くはお得に契約することができるのは間違いありませんこれにdカードのポイント還元を合わせることで、毎月お得な部分が出てくるというメリットも高くなります。

ドコモオンラインショップの普段のメリットと共に、この新型iPhone向けのメリットについてもしっかりと把握しておくと良いでしょう。

ドコモオンラインショップ

 

2020年4月30日まではdカード GOLDよりも三井住友カードの20%還元で購入した方がお得に

上記の方法はオールタイムでお得な方法になるのですが、期間限定でもっとお得にスマホの購入ができる方法があるのでそちらを紹介したいと思います。

dカード GOLDは通信料から毎月10%の還元を得るのにdocomoユーザーなら持っておいた方が絶対に良いカードなのですが、これとは別に期間限定(4月30日まで)で「スマホの購入用にもっておくべきクレカ」というものが出てきています。

それが三井住友カードです。

今、三井住友カードにおいて「クレカ界で3年に1回あるかどうかレベルの希少でお得すぎるキャンペーン」というのが実施されています。

こちらを使うことができれば、今回紹介したスマホの購入において実質12,000円引きあるいは20%オフという形で買うことができるようになります。

 

もしもスマホをすぐに欲しいということではなく、より安く買うために少し待てるということであれば、このクレカが手元に届いてキャンペーンを利用しながら買った方が「絶対に」安くなります。

少し今回の本題からは離れるものの、4月30日まではこのキャンペーンを利用したスマホ契約が本当にお得なので紹介しておきましょう。

三井住友カードで実施されているのは「新規入会でもれなく20%プレゼント」というキャンペーンです。

このキャンペーンでは名前からわかる通り、

決済金額の最大20%、上限12,000円がキャッシュバックされる

というとんでもなくお得な内容になっています。

このキャンペーンの詳細についてをまとめているので参考にしてください。

条件

  • 三井住友カードのキャンペーン対象カードに新規入会
  • 4月30日までに申し込みが必要
  • カード入会月から2ヶ月後末までに、1回以上Vpassスマホアプリへログイン
  • カード入会月から2ヶ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買い物決済

内容

  • 特典として買い物金額の20%をプレゼント
  • 最大で12,000円をプレゼント
  • そのため20%還元の対象は6万円までの支払い決済
  • 6万円以上の決済は上限の12,000円プレゼント+通常のクレカポイント1%還元分
  • プレゼントはクレカ決済からのマイナス。ただしプレゼントを下回る決済額だと口座にキャッシュバック振込
  • 基本的に決済はオンラインショップなどでの利用も対象で、対象外となる賞品といったものはほとんどない

注意点

  • すでに三井住友カードのキャンペーン対象カードを所有している場合
  • 退会やカード廃止は2018年12月以前に行っていないと再加入しても対象外
  • VISAとMasterの両方を発行しても、キャンペーン適用カードは1枚だけで早い発行日の方
  • リボ払いなどは対象外
  • Vpassアプリにログインしないと対象外

 

20%の還元で上限が12,000円と言うことで、「6万円までの買い物が20%の対象になる」「6万円の買い物が実質48,000円の決済になる」というとてつもなくお得な内容です。

他のクレカやキャッシュレスのキャンペーンとの違ってこの三井住友カードが特にお得なキャンペーンになっているのは、その「上限額」です。

他のキャンペーンだと上限が1万円や良くて3万円という中、6万円というガッツリした買い物にも対応している点が他のキャンペーンとは違うところです。

6万円という高額決済に対応しているため、今回のスマホの購入においても役立つのは間違いありません。

またこれとは別途に「タダチャンキャンペーン」も行われており、50分の1の確率で10万円までならその買い物自体が全額キャッシュバック=タダになるキャンペーンも行われます。

抽選タイプのキャンペーンながら、高額なスマホの購入において10万円分までが丸々タダになるのはこちらも強烈なキャンペーンです。

 

最大12,000円分の確実なキャッシュバック+抽選ながらも最大10万円分までは決済がタダになるという、2つのキャンペーンを実施しているのが三井住友カードです。

4月30日までであれば、docomoのスマホはこの三井住友カードを利用した上でオンラインショップで購入を行うことをオススメします。

  • 6万円以上のスマホは12,000円引き
  • 6万円以下のスマホも20%還元

という安売りとしては相当に条件の良い形でスマホの購入を行うことができます。

期間限定でのこのキャンペーンは本当に数年に1度出てくるかどうか、というレベルなので、こちらを利用してスマホを購入するようにしてください。

 

三井住友カード 20%還元キャンペーン

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました