キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

BIGLOBE WiMAX2+は、キャッシュバック目的なら一番安心できるMVNO So-netや@niftyよりも比較的安心

   

これからWiMAX2+を契約しようとする人にとって最も重要視することはどういったことでしょうか。

それは恐らくキャッシュバックになるかと思われます。WiMAX2+は対応するモバイルWi-Fiルーターが少なく、現在だとモバイルタイプはWi-Fi SPEED WX01かW01の2択、ホームスポットWi-Fiという固定回線代わりの端末はU-Road Home2+という1択という状況の中から選ぶため、WiMAXルーターの選択が重要視されることは少ないでしょう。

それでは月々の料金/維持費で選ぶかと言っても、今はほぼ全てのWiMAXを扱うMVNOが同じ料金なので、この点も機種選びと一緒で重要度は低いです。WiMAX時代には2000円台の低価格料金プランも存在していましたが、WiMAX2+になってからはそういったMVNOの特殊プランは消えてしまっています。

そうなってくると、やはり重要度の高い比較になるのはキャッシュバックの金額がいくらになるのかという所でしょう。今だとWiMAX2+に15000円~20000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンをそれぞれのWiMAX MVNOが実施しています。このキャッシュバックに関する部分を比較していくことが、機器も少なくて料金/維持費の違いも起きにくいWiMAX2+における「何処と契約するか」という部分を比較する要素になることでしょう。

そうした中で、私がお勧めするWiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンは、BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。その理由を今から説明していきます。

スポンサードリンク

キャッシュバック金額は平均的

BIGLOBEをお勧めしている理由は、キャッシュバックが一番高い・・・という理由ではありません。実はキャッシュバック自体は平均的な金額になっており、特別高いわけでも安いわけでもありません。

BIGLOBEが今用意しているキャッシュバックは15,000円です。これはWiMAX2+のキャッシュバックの中では平均値です。もっとも高いのは、GMO とくとくBB WiMAXで、これはクレードルセットでなければ26,000円近いキャッシュバックをもらえます。ただクレードルセットだと20,000円ギリギリにまで落ちるので、5,000円差で済みます。後は@niftyも20,000円のキャッシュバックキャンペーンをしていますが、この2つ以外はどこも15,000円を一つの条件にしています。

 

なぜ20,000円のキャッシュバックを勧めないのか

では何故20,000円のキャッシュバックがあるのにそちらを勧めないのか。

まずGMO とくとくBBについては、単純にこのプロパイダとの契約は素人にはオススメ出来ないからです。その理由は、解約時の手続きやサポートへの接続といったところに、不満を感じやすいというか確実に他社よりも劣っているからです。

GMO とくとくBBでは解約までの期間が通常のプロパイダーよりも余裕がありません。というのも、なんとここでは解約の当月適用がその月の20日までに申請された時のみという短さであるという部分が一つあります。これによって10日も他社と比べると解約金がかからない月に解約を受け付けてくれる余裕がありません。しかも、解約金がかからないタイミングで解約する場合、手間のかからないネットで行おうとした場合、「解約ボタン」というものが表示されるのですが、これが表示されるのが月が替わって5日~10日後というタイミングになっています。

ということは、契約更新月に解約しようとした場合には、月が替わって5日~10日後にようやく解約の受付が始まる一方で、その月の解約受付は20日までなので実質的に解約のタイミングが10日前後しかありません。これはあまりにも2年間で解約しようとしていた人を罠にはめる要素の強い契約の仕方でしょう。なのでここは20,000円のキャッシュバックがあっても勧めません。

 

それでは@niftyはどうでしょうか。

こちらはある点に注意すればBIGLOBEよりも確かに条件としてはいいと思います。その点とは、キャッシュバックの受け取り段階の問題です。

BIGLOBE WiMAXをお勧めする理由は、キャッシュバックが受け取り易いという理由からです。BIGLOBEはその他のMVNOがキャッシュバックを得るまでに必要な手続きというものが少なく、振込記入用紙が自宅に届くので、それに返信すればいいだけです。これが正にBIGLOBEを勧める理由であり、数か月先のキャッシュバック申込み時期を忘れていたとしても、気付きやすいというメリットがあります。

一方で@niftyやその他のWiMAX MVNOは、キャッシュバックの申し込み手続きをするためには、所定の期間内に受け取ったメールに記されたサイトで、同じく期間内に必要事項を記入してキャッシュバックの登録をしなければなりません。

BIGLOBEとの違いは郵送かメールかという違いで、人によってはメールのほうが確認しやすいと考えるかもしれませんが、このメールで送られてくる申し込み用の案内は、それぞれの契約したプロバイダメールに送られてくるため、普段使っているGmailなどでは受け取れません。

これが@niftyをあえてお勧めから外している理由です。普段使っていないメールアドレスにのみキャッシュバックの案内が、契約から10ヶ月後くらいにやってくるので、自宅に申し込み用紙が届くBIGLOBEに比べて失効しやすい案内方法だからです。これはniftyだけでなく、So-netやGMOでも一緒です。

 

だからこそBIGLOBEを勧めている

キャッシュバックの受け取りを忘れてしまうリスクを考えると、私は5000円の違いなら許容出来る範囲だと感じています。失効した時を考えれば、自宅に届けて知らせてくれる安心感を得るべきなのではと思います。

もちろん、キャッシュバックば10000円まで開けば、流石にBIGLOBE以外のプロバイダを選びますが、今のところ5000円しか違わないので私の価値観からはBIGLOBE WiMAXの方が良いと結論づけられます。

WiMAXプロバイダーの選択はキャッシュバックで選ぶというのが大半だと思いますが、そこに一つ「受け取りやすい」という要素も加えて契約するWiMAX MVNOを判断してもらえればと思います。



BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン

 - WiMAX契約