キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

docomo/au/SoftBank、おすすめガラケー・ガラホ機種 2017年のまとめ

   

今各キャリアにおいてオススメのガラケー機種、そして契約方法についてをまとめてみたいと思います。

最近は格安SIMと呼ばれるMVNOのデータプランが3GB900円前後で契約できるようになっています。こちらの契約は格安な月額でスマホのデータ通信が可能なだけでなく、通常キャリアだと発生するはずの解約金というものがないために気軽に新しいプランや新しいMVNOへの乗り換えが容易です(ただし音声プランとセットのものを契約すると約1年は解約金で縛られます)。

こうした格安SIMの存在によって、低維持費でスマホとネットの運用が可能になってきます。

ただこちらの契約だけでは通話ができませんから、通話専用の回線契約として一緒にガラケーの契約をして2台持ちするのが格安SIMのデータプラン運用をする際には一般的です。

スマホのキャリア契約と比べるとガラケーの契約は基本料が安いものになっていますから、こちらと格安SIMのデータプランを使ったスマホを2台持ちすることで、同じような通話とネットが出来る契約でも7000円から1万円ぐらいするキャリアのスマホ契約と違って3000円前後へと通話と通信料を抑えることが出来るようになっています。

通信費を抑えたいという人にとってはこの運用の仕方は非常にポピュラーであり尚且つ非常に賢い通信費節約方法です。

今回はこの運用をして通信費を安くするためはもちろん、ガラケーユーザーが機能的にも料金的にも満足いく機種変更やMNPが出来るガラケーというものを選んでみたいと思います。

今契約するに値するキャリアのガラケー契約のオススメというものをdocomo/au/SoftBankそれぞれのキャリアでまとめてみようと思います。

スポンサードリンク

docomoのガラケー契約

docomoのガラケーを契約する場合、特に機種変更において契約しやすい価格で販売されているため、スマホのようにMNPでの契約をしないと安くならないということはありません。

このためdocomoユーザーはわざわざMNPをしなくても安いガラケー契約が可能になっているので、メールアドレスを変えずにキャリア契約を維持することが出来ます。

docomoのガラケーでは3つのオススメ機種があるのでそちらをオススメのプランと共に紹介していきましょう。

SH-06G

まず最初にオススメするdocomoのガラケーはSH-06Gです。

このガラケーの特徴は2つにまとめられます。それが次の内容です。

機種変更で実質0円/FOMAの契約が出来る

実質0円の格安ガラケー

まず一つ目のオススメに値する理由としてはこのガラケーは実質0円だということです。

しかも機種変更でも実質0円という安さを実現しているため、今までガラケーを使っていたユーザーにとっても機種変更しやすい契約になっています。

その他のガラケーは19440円などの多少出費が必要な価格になっているために、それらと比較するとSH-06Gはその安さが際立っているものになっています。

同じく実質0円ガラケーにはF-05Gがありますが、そちらは画面変遷のレスポンスなどがいまいちとなっていて、性能や使いやすさという点においてSH-06Gのほうが優れています。同じ実質0円のガラケーであっても、購入するならばSH-06Gのほうが確実に快適に利用できることは間違いないでしょう。

まずこの実質0円という契約しやすい安さがSH-06Gの良さになります。

FOMAプランで契約できる

docomoのガラケーには2つのプランが用意されています。

カケホーダイプランから構成されるXiタイプか、無料通話が契約する内容によって増減する昔ながらのシンプルなFOMAプランの2つです。

今docomoでは古いFOMAプランが契約できる機種というのは限られてしまっているのですが、このSH-06Gは古いFOMAプランでも契約が可能なガラケーとなっていて、今まで慣れ親しんだプランでの利用ができます。

FOMAのプランでは780円(税込み802円)のプランから使い始めることができるため、かなりの低維持費での運用ができるでしょう。端末一括購入や月々サポートの併用を行った場合にはFOMAプランのその基本料の安さから「最低維持費2円」という運用も可能になるものになっています。

一部プランでの維持費を下記の表で出していますので参考にしてください。

 SH-06G タイプシンプルバリュー タイプSSバリュー
基本料 802円 1008円
spモード 324円
パケット定額プラン(パケホーダイダブル) 401円~
合計 1527円 1733円

ちなみにこれらの維持費の内、spモードとパケホーダイダブルはメールをしないのならば解約することが出来ます。そのため一番安い維持費はタイプシンプルバリューの802円ということになります。

AQUOSケータイ SH-06Gの詳細・購入はこちら

 

SH-01J/P-01J

続いてのオススメ機種についてはまとめて紹介しておきます。

次のオススメガラケーとしてはXiケータイと呼ばれる2機種を選んでみました。それがSH-01JとP-01Jです。

こちらの2機種のガラケーの特徴を次にまとめてみました。

Wi-Fi利用可能/VoLTE対応/LINE対応/カケホーダイプランなのに2段階パケットプランを契約できる

やけにメリットや特徴が多いガラケーですが、こちらは2016年後半に販売された最新のモデルとなっており、それゆえに機能性が非常に高いガラケーとなっています。

現状この2機種(特に口コミ評価の高いSH-01J)を購入することによって、これまでガラケーに望まれていた機能のほとんどが使えるレベルの高機能ガラケーを利用することが出来ます。

Wi-Fi利用可能/VoLTE対応/LINE対応

SH-01JとP-01Jはそれぞれガラケーではあるもののspモードケータイと呼ばれるいわゆるガラホタイプの機種になっており、ソフトウェア自体はスマホと同じAndroid OSを採用しています。

このため機能面での充実っぷりが従来のガラケーとは異なりよりスマホチックになっており、Wi-Fi通信やVoLTE、LINEなどの多様な機能に対応することになりました。

Wi-Fi通信対応によって、Wi-Fiと接続している間は契約しているプランのパケット消費がされない状態になりますから、メールはもちろんネットをしても最安の料金プランで利用できることなります。ちょうどこの機種においてはdocomo Wi-Fiの契約が無料となっているので、自宅にしかWi-Fiがない場合でも出先のdocomo Wi-Fiに繋げられれば外でネットをしてGoogleマップや路線図の利用などが可能になってきます。まずこのWi-Fi対応によって通信費をかけずにネットが出来るガラケーという機能をつかうことが出来るようになりました。

VoLTEとはLTEの通信網を利用した通話回線であり、従来の通話網よりも高音質でノイズが少なく、通話時のレスポンスも早いという音声回線です。こちらに対応したことによってこれまでよりも高品質な通話をすることが出来るようになりました。今までのガラケーよりもよりはっきりとした音声通話をすることが出来ます。

LINE対応はまさにガラケーユーザーにとって待ち望まれてきた機能ですが、それがようやく対応することになりました。リアルタイムでメッセージの送受信が可能な純正のLINEアプリをガラケーでも使えるようになったことで、より多くの友人とコミュニケーションを図ることが出来ます。気になるパケット代ですが、文字でのメッセージのやりとりを心がければ、2段階プランの最低料金の上限を超えることはそこまで心配いらないですし、Wi-Fiに頻繁につなぐように意識をすれば更にその心配をしなくて済むようになるでしょう。
写真やスタンプもガラケー向けに画像圧縮がされるので、よほど頻繁にメッセージが送られて来ない限り通信量について心配する必要はないでしょう。

まずこれらの新しい機能が含まれたことによってガラケーとしてはかつてないほどに多機能になったのがSH-01JとP-01Jという機種です。

カケホーダイ契約が基準、ただしパケットプランで2段階制の特別プランが契約可能なため安い

もう一つSH-01JとP-01Jの特徴として挙げられるのは、カケホーダイ契約が基本プランにはなるものの過去のガラケーとは違って安いプランが契約可能、という点です。

これまでのdocomoガラケーはカケホーダイ契約をするとスマホの高額なデータプランを一緒に契約しないとネットやメールが出来ませんでした。そのデータプランも基本は3780円からと高額で、シェア前提の運用ならば540円という安いプランを契約できるもののそのためには家族に高額なパケット代の支払いがないと組み合わせられないという弱点がありました。

ですがこのSH-01JとP-01JはXiケータイという新たな多機能タイプのガラケー・ガラホということで、カケホーダイ契約が基本のプランとなる代わりにカケホーダイでもデータプランの安い形の料金プランが用意されるようになりました。

この安いデータプランは2段階制のパケットプランとなっていて、「ケータイパック」という名称です。この「ケータイパック」ではメールのやり取りやある程度激しすぎないLINEのやりとりであれば最低料金のままで使えますが、ネットなどに繋いでしまってパケット量を消費してしまうと段階的に料金が上がって行ってしまうので注意してください。もしもネットに繋いで情報サイトを見たい場合は、もう一つの機能であるWi-Fi接続を使えばこちらのパケット量は消費しません。

 

2017年7月より機種変更でも実質0円でガラケー最安レベルに!!

なお2017年7月よりSH-01JとP-01Jの価格が大きく変わりました。

なんと機種変更でこれまで19440円だあったのが実質0円になりました。これによって機種変更でも超格安に最新モデルのガラケーを契約できるようになります。

この安さは本当に衝撃的な契約内容なので、今docomoのガラケーを契約しようとおもったらこの2機種が一番コスパが高いです。

 

Sh-01J/P-01J
カケホーダイ(ケータイ) 1296円
spモード 324円
ケータイパック 324円~
月々サポート ▲1404円
合計(一括) 540円
Sh-01J/P-01J分割 1404円
合計(分割) 1944円

AQUOSケータイ SH-01Jの詳細・購入はこちら

 

docomoはガラホ系ガラケーが主流に

docomoで今安さや機能性で新しいガラケーを選ぼうとした場合、既にiモードケータイは候補に入ってこない存在になってしまっています。

iモードサイトが見れるという利点は一部あるものの、今そのほとんどがサービス終了やサイト閉鎖といった未来に進んで行ってしまっていますから、将来的な使い勝手を考えるならば今回紹介したようなspモードケータイを利用したほうが長い目で快適な利用を目指せるでしょう。

安さならSH-06Gが良く、機能性ではSH-01Jを優先するようにしてください。これらのガラケーであればどちらにおいても満足できる契約が可能でしょう。

機種変更でも最大19440円までにしかならないため、契約としてはスマホを買うよりも確実に安上がりかと思います。

AQUOSケータイ SH-06Gの詳細・購入はこちら

AQUOSケータイ SH-01Jの詳細・購入はこちら

 

 

auのガラケー契約

昔はauのガラケー契約は特にGRATINAを中心にMNPで猛威を奮っていました。MNPで契約すると毎月2円で持てるのにキャッシュバックやらなんやらがついてくるといった非常にお得な契約が可能でした。

ただこれらの契約はすでに出来なくなっています。こんな契約が出来ていたのもCDMA2000という音声通話の中でも品質の低い3G回線を使っていたこともあり、少しでも品質で弱い音声契約(ガラケー)の契約を伸ばそうとしていたゆえの安売りでした。

現在販売されているガラケーは全てVoLTEに移行したために、過去のように投げ売りをしなくても品質面でdocomoとSoftBankに対抗できるようになったためそこまで安くはなっていません。そのため基本的にはauのガラケーの選び方としては最新のものを選んでいくことが最善の選択になりそうです。

AQUOSケータイK SHF33

今auのガラケーの中で評価が比較的良い方向に落ち着いているのがAQUOSケータイK SHF33です。

こちらはSH-01Jや次に説明する602SHよりも先に出た姉妹機です。

特徴として挙げられるのは現状1つです。

高い機能性

料金がそれほど目立った特徴がないために、あえて挙げる特徴としては機能性ぐらいになってきます。一応そこそこは安いですし、auのガラケーとしてはこれ以外にはもう選択肢がない状態ですので、無難な契約としてこちらのAQUOSケータイK SHF33がオススメとなります。

機能性は十分

AQUOSケータイK SHF33の機能性に関してはSH-01Jのプロトタイプといった扱いということもあって十分なものを持っています。

Wi-Fi通信に対していち早く対応し、テザリングや4G LTEにおサイフケータイ機能、防水防塵機能も用意しています。LINEもしっかり対応してくれているので、基本的に今多機能と言われているガラケー・ガラホほぼ全ての機能を持っています。

新しいauガラケーが出てきてもこれ以上の機能の追加となると限られてくるほどの充実さですから、購入後に新製品が出てきても後悔しない最低ラインをクリアしている唯一のガラケーと言えます。

実質価格は3キャリアの中では一番高いですがそれでも2万円台前半にはなるので、契約するプランを工夫すればそこまで悪くない料金で利用することが出来ます。

3キャリアの中ではあまり目立ちませんが、auユーザーが機種変更するガラケーとしてはその機能性の高さから一番無難な契約になることは間違いないでしょう。

SHF33 スーパーカケホ VKプラン
基本料 1296円 1077円
LTEネット 324円
パケット定額 0円~(ダブル定額Z) 540円~(ダブル定額)
毎月割 ▲660円
合計(一括) 960円 1281円
SHF33 1320円
合計(分割) 2280円 2601円

AQUOSケータイ K SHF33の詳細・購入はこちら

 

 

SoftBankのガラケー契約

SoftBankのガラケーユーザーはあまり多くない印象を受け、それほど機種変更需要はないかもしれませんが、今だとAQUOSケータイの最新モデルにおいて機種変更とMNPで契約しやすい状態が出来上がっており、なおかつ機能性も豊富ということで今契約に適したガラケーがあるのでそちらを紹介しましょう。

機種としては1機種のみですが、こちらを契約すればSoftBankユーザーはもちろん他社ユーザーにとっても安くて魅力的な契約が可能になっているので、ぜひ検討してみてください。

AQUOSケータイ2 602SH

SoftBankでオススメのガラケーはAQUOSケータイ2 602SHです。

この機種には2つの特徴があります。

MNPはもちろん機種変更でも安い実質価格/多機能性

この2つです。元々販売時期から見てもdocomoのSH-01Jに非常に近い機種にはなるため、同等の機能性をもったガラケーという位置づけになっています。そのため使い勝手では先ほど説明したdocomoのSH-01Jのように多機能性を売りにした操作が各種できるようになっていますし、こちらの機種はそれに加え実質価格も比較的安いと来ているために今SoftBankでのガラケー契約としては鉄板的な存在になっています。

この辺りを確認していきましょう。

機能が豊富

このAQUOSケータイ2 602SHはdocomoのSH-01Jと姉妹機になっているため、機能性もそちらを引き継いだものになっています。

ワンタッチオープンの使い安さ、VoLTEによる高品質通話、Wi-Fi対応・テザリング対応によってパケット節約はもちろん親機としてWi-Fiルーター的な運用も可能になっています。防水防塵機能も備わっており普段の生活での利用に便利なものが網羅されています。

もちろんLINEにも対応しており、多くの人とも連絡がしやすくなります。タッチクルーザーEXのようにスマホに近い感覚でマウスポインターを利用した操作もできるため、そちらを利用しての操作はこれまでのガラケーよりも大分楽になるでしょう。

こうした機能性の多さは602SHの一つの特徴です。これ1台あるだけで今後長くガラケーの機種変更などをしなくてよくなるぐらいに豊富な機能を有しています。

機種変更でも月々割が830円

次の特徴は料金に関したポイントです。

まずAQUOSケータイ2 602SHは機種変更で契約しても安く済ませることが出来ます。

SoftBankのガラケーというのはこれまであまり安いものが揃ってはいませんでしたが、今回のAQUOSケータイ2 602SHは機種変更でもお買い得になっている上に、上記のように機能性が非常に高いために長く使えた上に安いというガラケーになってくれます。

機種変更では月月割と呼ばれる割引が毎月830円もついてくるために、一括47000円する料金も実質価格では大分値下がりすることになります。

維持費にもこの月月割を反映させると5分のかけ放題プランでも基本料が一気に下がってくるので、以下のように機種変更でもほんとに安く利用できるようになっています。

AQUOSケータイ2 602SH
通話定額ライトプラン 1296円
S!ベーシックパック 324円
パケットし放題 4Gケータイ 0円~
月月割 ▲830円
合計(一括) 790円
602SH分割 1320円
合計(分割) 2110円

今回は通話定額ライトプランと呼ばれる基本料が安いプランに、0円からのケータイ向けデータ定額をつけたプランでの利用を考えてみました。データ通信はメールやラインのメッセージのやりとり程度であれば0円を超えることは少ないですし、Wi-Fiにつないでパケット消費の節約をすれば動画や普通のネットサイトに繋いでも問題なく利用可能なプランです。

この1000円を超えない維持費で5分定額の回線を得られるというのは機種変更ユーザーにとって大きな魅力に感じられるはずです。分割でも2000円弱で済みますので、機能性含めてこの602SHはオススメ度の高いガラケーであることは間違いありません。

AQUOSケータイ2 602SHの詳細・購入はこちら

 

MNPでは一括2万円で月々割1320円の超お得状態

そしてこの安さは機種変更のみならずMNPでも実現されており、MNPで契約した場合には驚異的な安さで通話定額ライトプランを利用できるようになっています。

MNPでAQUOSケータイ2 602SHを契約した場合、月月割が1320円と非常に高額な割引として適用されます。

この高額月月割に加えてMNP特有の本体割引によって、AQUOSケータイ2 602SHの一括価格が2万円前後と支払いやすい価格に変化することで、通信料の毎月の負担が大きく和らいできます。

このAQUOSケータイ2 602SHのMNP案件は非常にお得で、ぜひdocomoやau、それに格安SIMユーザーに確認してほしい内容なので詳しく説明しましょう。

 

まずこちらはMNPでの契約が必須です。MNPならばSoftBankグループのY!mobile以外からならばMVNOからでも受け付けてくれます。

そしてMNPをおとくケータイ.netやケータイ乗り換え.comのようなAQUOSケータイ2 602SHのMNP一括案件を実施しているショップで行い、一括2万円前後での購入を行います。この一括値下げはなかなか普通のSoftBankショップや量販店では実施されておらず、過去のSoftBankケータイでのMNPに実績のあるこれらのショップで契約するのが結果的には一番早くて安い契約をすることが出来るでしょう。

そして先ほどの機種変更と同じ通話定額ライトプランで0円のパケットプランを契約することによって基本料が安い状態からさらに月月割の恩恵をうけることが出来ます。

一括2万円で契約したことを前提にした維持費は次のようになります。

 MNPAQUOSケータイ2 602SH
通話定額ライトプラン 1296円
S!ベーシックパック 324円
パケットし放題 for 4Gケータイ 0円
月月割 ▲1320円
合計(一括2万円) 300円

MNPでAQUOSケータイ2 602SHを契約した場合にはなんと月額が300円という超格安のガラケーを持つことが出来るようになります。しかも5分間とはいえ通話定額のプランで契約をすることが出来るというかなり良い内容のプランです。

これならAQUOSケータイ2 602SHへのMNPというのはかなり魅力的ではないでしょうか。最初に触れたようにネットのほとんどの役割を格安スマホのデータ専用回線で利用してしまえば、最安では1000円以下からでもバランスの良い2台持ちをすることが出来ます。

MNP一括をやっている店が少なく、あってもオプションや頭金が山盛りのところが多いので、どうせならこの契約はおとくケータイ.netやケータイ乗り換え.comといった実績のあるガラケー販売店でMNP契約すればいいでしょう。どちらの店もメールで問い合わせができるので

「AQUOSケータイ2 602SHを通話定額ライトプランを利用した月額300円で使いたい。
MNP一括契約をした場合はいくらの値段で購入できますか。
また契約の条件も一緒に教えてください。」

という形で2社両方に問い合わせて、条件の良い方や在庫やカラーが選べる方で契約を進めましょう。

おとくケータイ.netのお問い合わせフォームはこちら

ケータイ乗り換え.comのお問い合わせフォームはこちら
SoftBankは今ガラケーの契約に適しているプランと機種が用意されている

以上のような内容が現在のSoftBankのガラケーのオススメ機種でありその理由です。

今回のAQUOSケータイ2 602SHはこれまでのSoftBankのガラケーの中でも機種変更で久々に安い機種としてまずSoftBankユーザー全体にオススメ出来ますし、MNPで契約した際にはさらにその安さが際立った料金での利用が可能になっているので、SoftBankのユーザーのみならずY!mobile以外の全てのキャリアユーザーもこのお得な契約が出来る可能性があります。

SoftBankのガラケーならばこのAQUOSケータイ2 602SHがベストの選択になるでしょう。

 

 

ガラケー契約時の注意点:店頭の頭金徴収に要注意

というわけでdocomoやau、SoftBankのオススメガラケーについてまとめてみました。

これらの機種は比較的高額ではありませんし、性能も機能もしっかりとしたものになっているので長く利用できるものになっています。

決してハズレにはならない機種でしょう。

 

これらのガラケーへ機種変更・MNPをしてもらうことでガラケー契約の中ではかなり満足できるものが得られるかと思いますが、一つだけ契約するにあたって注意点があります。

それは普通のケータイショップで今横行する「頭金」や「追加契約・追加オプション」といった類の支払いがかかってくるという点です。

この問題については詳しくはドコモオンラインショップ契約のメリットという記事で書いてあるので詳しくはこちらを参照してください。

ドコモオンラインショップは機種変更をするユーザーなら使わないと損する隠れ優良店 | キャリスマ

要点だけをまとめると、今はどこのケータイショップも経営が苦しくなっており、それを補てんするために頭金やオプションなどを追加契約させることによって利益を必要な分得ようとしています。

これによって本来であれば購入者・契約者が支払う必要のない頭金などの料金が、今回であればガラケーの端末代に上乗せされてしまうことが多々あります。

docomoでも5400円ほど、auやSoftBankなんかでは上限が決まっていないので16200円なんて頭金が余計にかかってしまうことがあり、今総務省などでも問題視がされ始めています。

5400円ですら頭金として追加されてしまうと、19440円ぐらいのがガラケーも24840円と高額な印象を受けますから、この頭金はなるべく0円なショップで選ぶことが重要です。

そして今はそんな0円のショップがほとんど見当たらないレベルでどこのケータイショップも頭金を付けているので、もしもガラケーを損なく機種変更やMNPをしたいのならオンラインショップを利用するのが一番安全です。

SoftBankのMNP契約で月額300円案件はおとくケータイ.netやケータイ乗り換え.comを利用するのが一括値引きがあるためいいのですが、それ以外の機種変更やMNPであればドコモオンラインショップを中心としたキャリア公式のショップを利用すれば、オプション強制や頭金によるムダ金発生の心配はありません。

契約をするならこれらのオンラインショップを使いましょう。

ドコモオンラインショップ
 
au onlineshop

 
ソフトバンクオンラインショップ

 

 

ガラケーとセットにすべきオススメスマホやMVNO格安SIM

以上の内容がdocomo/au/SoftBankのガラケーのオススメ機種になります。

機種変更をベースに価格と機能を重視してオススメの機種をまとめてみました。また一部MNPでお得なガラケーのオススメ機種も取り上げてみたので、2台持ちでうまく回線契約の料金を安くしたい人にはぜひ参考にしてもらえればと思います。

続いてはこういった安いガラケーの料金プランに適したデータ回線についてを取り上げてみたいと思います。

今回紹介したガラケーはどれも維持費が3000円を超えないようなオトクな契約ばかりですので、ここにいくらか足してスマホのデータプランを2台持ちという形で所有すれば、料金はもちろん便利さにおいても優れた契約をすることが出来るようになるでしょう。

ガラケーで通話とメールのやりとりを行い、スマホ側では地図や路線情報、ニュースサイトの閲覧などを行ってより便利に使えるにも関わらず、その料金は非常に安いという本当に賢い運用というものが可能になってきます。

ここの項目では実際に上記でオススメしたガラケーを購入したユーザー向けにどういった格安SIMやスマホとセットにして運用していけばよいかというのをまとめてみました。もしもどの格安SIMを選んでよいのかわからないということがありましたら、こちらの記事を参考にしてください。

LINEモバイル+キャンペーンスマホ

もしも今までスマホを持っていないならば、スマホとセットでデータプランのMVNO契約を行うと良いでしょう。

そこに適しているのがLINEモバイルです。

こちらのMVNOはSIMフリースマホとSIMの契約をセットにした格安スマホの販売を行っているのですが、キャンペーンとして一部機種の価格を5000円~10000円ほど値下げしての販売を行っている機会が多くあります。

この値下げ機種は普通にセットで購入するよりも確実に安く契約できるので、間違いなくお得な契約をすることは出来るでしょう。機種の値下げ額や対象機種については時期によって変わるのでどれが良いなどは言えませんが、予算の都合と合わせて値下げ機種を購入すればしっかりとした性能のスマホを安く購入することが出来ます。

SIM側のLINEモバイル自体も、3GB以上のプランを契約することで適用される「コミュニケーションフリー」という機能がかなり便利です。こちらの機能ではLINE/Twitter/Facebook/Instagramといった人気のWebサービス・SNSにおける、ストリーミング動画配信以外のほとんどのサービスを利用した際に発生するデータ通信量をカウントしないという内容になっています。

この機能のおかげで、LINEモバイルは普通のMVNOよりもデータ消費の割合が少なくなる可能性があり、高速通信で使える機会を長期間保つことが出来ます。

またこのLINEモバイルでは通常のMVNOでは規制されているID検索機能を使うことが出来るようにしてLINEの新規登録ができるようになっているため、今回オススメしたガラホ・ガラケー側とは別のLINEアカウントを簡単に作ることが出来ますし、ガラケーでLINEをやりたくない人でもスマホ側にフル機能のLINEを持つことが出来ます。

そしてLINEモバイルは今だと非常に高速な回線となっているので、MVNOの弱点である遅い回線というものを使わなくても済むようになっています。

安さと便利さ、そして格安スマホには大事な通信速度というポイントもしっかりと使いやすいものとして満たしているのがLINEモバイルとなっています。

これがまずはガラケーとの2台持ちとして最初にオススメしたいスマホセットです。割引機種を選べば初期費用も少なくなってくるので、このLINEモバイルはかなりお得に契約できるはずです。

LINEモバイルの詳細・申し込みはこちら

DTIキャンペーンとセットで

もう一つはすでにdocomoのスマホやSIMフリースマホを持っている人向けの運用方法です。

既にdocomoのLTE対応スマホかSIMフリースマホが手元に用意されているという人は、そちらのスマホを使えばあとは格安SIMを契約するだけで良くなります。

もしも格安SIMだけを持ちたい場合は、先ほどのLINEモバイルがその一つの候補ではありますが、もう一つの候補としてDTI SIMの3GBキャンペーンSIMをオススメしようと思います。

こちらはデータプランの3GBプランをDTI SIMで契約すると、最初の契約に限ってキャンペーンが適用されます。

そのキャンペーンの内容というのは、初期費用3000円が2000円に値下げというものと半年間通信料が完全に無料になる、というものです。

初期費用は、通常契約時に事務手数料が3000円かかるのですが、これが2000円へと下がるというものです。こちらはあまり大きなメリットは感じられませんが、1000円は確実に料金を下げることができるので、キャンペーンとして嬉しい内容です。

メリットが大きいのはもう一つの内容である、半年間通信料が無料という内容でしょう。こちらの特典があることで、このDTI SIMはよく無料SIMと呼ばれています。3GBで通常900円毎月かかる通信料が、6ヶ月もの間無料で利用できてしまうため、例えば今回オススメしたSoftBankの300円ガラケー回線と組み合わせても、通話とネット通信が出来る2台持ちなのに半年間は料金が300円で変わらないということになります。

より安さやコスパを求めるのならば、こちらのDTI SIMをまずは半年間利用するのが理想的です。そうすれば本当に安い料金でスマホの利用を始められます。

これが2つ目の2台持ち用MVNO格安SIMのオススメです。

「DTI SIM」お試しプラン

以上のようにもしも今回オススメとしてまとめたガラケーを契約し、安い料金プランで通話回線を維持しながらもネットを見て情報などを調べたい、と感じているようでしたらここにあるオススメ格安SIMも一緒に契約してみてください。

LINEモバイルならば普通に使うにも適した回線となりますし、格安スマホセットとして購入しても割引機種なら確実に安く買えます。

もしも昔に使っているスマホがあるようならば、DTI SIMを契約すると料金が一切値上がりせずに万全なネット環境を作ることも出来ます。用途にもよると思いますが、これらのMVNOもセットに紹介しておきますので、より幅広いガラケーの運用を目指す場合には参考にしてください。

 - au, docomo, SoftBank, お買い得スマホ情報, 格安ケータイ