iPhone 8を安く契約する方法 3月編 docomoとSoftBankへの機種変更・MNPが今オススメ

docomo

3月のスマホ値下げセールの中で、今特に熱くなっているのがiPhone 8のセールです。

高額ながら新しいデザインを採用したiPhone Xの登場によって、通常モデルのiPhone 8への人気は分散したということもあってか、今回のiPhone 8は過去のiPhoneに比べても値下がりが早いモデルになっています。

特にこの3月は新年度需要も重なって、セール価格としても破格なほどにiPhone 8の値下げというものが行われていますので、そのセール内容といったものを紹介していこうと思います。

特にdocomoとSoftBankが今は安いので、この2つにどういった契約で安くできるものがあるのかということを探ってみようと思います。

今回iPhone 8で安売りが目立つ契約は4つ

まず今回のiPhone 8セールで、どういった契約であればiPhone 8を安く契約できるのか、ということに触れておきましょう。

iPhone 8を安く契約できるキャリアと方法は次の組み合わせです。

  • docomo+機種変更
  • docomo+新規/MNP
  • SoftBank+MNP
  • SoftBank+機種変更

この4つの契約方法であれば今iPhone 8は非常に安い価格で購入が出来、一部の契約においては維持費も安くなる可能性があるので、安さというところで満足のいく契約ができるでしょう。

auでもMNPの場合には安い契約があるのですが、こちらは店によるという普遍性が低いものになっているため、今回は除外しています。

もしこの4つの形で契約を予定しているようであれば、3月中にiPhone 8を契約するというのも良い一手かと思います。

それではこの4つの契約をどういった形で行えば安くなるのか、ということの説明をこの後はしていくので、契約の参考にしてみてください。

スポンサードリンク

docomo+機種変更の契約でiPhone 8は価格が安くなる

まずはdocomoで機種変更で契約すると、今iPhone 8がどうなっているのかという点を説明します。

機種変更で契約する場合、この3月は価格が下がっているために通常よりもお買い得な価格で購入することができます。

価格は2年間の実質価格で31102円です。

最新モデルiPhone、64GBという記憶容量の多さを考えれば、この価格で機種変更できるというのは比較的安い部類に入るものかと思います。

難しい方法なしでこの31102円という価格で契約できますが、下取りやその他キャンペーンを使うことでもっと安くすることができます。

できれば下取りプログラムは使っておきたいところです。うまくいけば前のスマホが1万円以上の還元を受けて、下取りされる可能性があります。1万円以上ともなればiPhone 8は2万円台または1万円台後半での購入も可能になってくるので、利用しているスマホが高額な下取り金額をつけるならぜひ使いましょう。

また家族まとめて割もこの3月ならお得です。iPhone 8に限らずdocomoにはV20 PROやdocomo withスマホといった、家族向けに安いスマホというのが用意されており、こちらを家族と一緒に契約することによって、5184円の割引をつけることが可能になっています。5000円も割り引ければ2万円台半ばでの機種変更が可能になるので、こちらも狙っていきたい割引です。

今回紹介する方法の中では一番高い形の契約にはなってしまうのですが、割引や値引きの少ない機種変更の中においては十分にお得な契約であるといえます。

維持費の例はこちら

シェアオプション データM シェアパック30
基本料 1058円(シンプルプラン) 1836円(カケホライト) 1058円(シンプルプラン)
spモード 324円
パケットパック 540円 5400円 14580円
月々サポート ▲2403円
iPhone 8 24回払い 3699円
維持費(分割購入時合計) 3218円 8856円 17258円
維持費(一括購入時合計) 0円 5157円 13559円

iPhone 8:ドコモオンラインショップ

 

docomo+新規・MNPの契約でiPhone 8の価格が安い

続いては同じdocomoですが新規とMNPの契約の安さについてです。

新規とMNPはこの3月末まで、iPhoneデビュー割と端末購入サポートという機種変更にはない割引が適用されます。

これによってiPhone 8 64GBの価格が、2年使わなくてよい一括購入で22680円という非常に安い価格が付けられています。

22680円という安さ、しかも一括価格というのは本当にお得さが感じられる内容です。

端末購入サポートなので月々サポートはありません。維持費は若干高くなりますが、それでも機種変更よりも安いですしdカード GOLDを使った節約方法も使えます。

機種変更と同じく家族まとめて割も使えますし、MNPならば下取りプログラムが非常に強力となっており、うまくいけば最大で4万円を超える還元が、そこまで狙わなくても機種によっては2万円前後の還元によって実質的な購入金額を0円にすることができます。

下取りを利用できれば22680円よりも更に安い価格を実現できるので、MNPでの購入は特にオトク度が増しています。

維持費の例はこちら。dカード GOLDで10%を毎月ポイントに変換できるので、そこまで悪い金額ではありません。

シェアオプション データM シェアパック30
基本料 1058円(シンプルプラン) 1836円(カケホライト) 1058円(シンプルプラン)
spモード 324円
パケットパック 540円 5400円 14580円
維持費(一括購入時合計) 1922円 7560円 15962円

iPhone 8:ドコモオンラインショップ

 

SoftBank+MNPの契約で一括がそこそこ安く、維持費が安い

続いてはSoftBankで行われているお得なiPhone 8契約について紹介をしようと思います。

まずはSoftBankへのMNPでお得に買う方法からです。

この方法は公式ショップからの購入ではなく、ネットからの契約が出来るSoftBankの代理店であるおとくケータイ.netで行われているセールをベースにしています。

今おとくケータイ.netでは、iPhone 8にMNPすることで一括45000円で購入できた上に、維持費がなんと毎月1248円から、という価格も月の料金も安いiPhone契約というものが実現できます。

docomoに比べると端末価格自体はちょっと高額ですが、それでも一括で4.5万円と最新モデルに対して支払いやすい金額で購入できます。そして一括で端末代を支払ってしまえば、月月割が通信費から割り引かれた上に端末の分割代が必要なくなるため、2年間の毎月の維持費が1248円からという非常に安いランニングコストを実現してくれることになります。

45000円は高く感じますが、その分毎月の維持費は安くSUPER FRIDAYやYahoo!プレミアム特典などのSoftBankユーザー特典込みで使えるので、決して高い買い物ではないでしょう。

ただ問題はこの安さはスマホデビュー割を使ったものになるので、この維持費は1GBのデータ通信量で使う場合の料金になります。そのためあまりネットをしない家族用に契約するか、サブや予備の回線として使ったほうが良いでしょう。

この契約をするにはおとくケータイ.netに申し込みメールをする際にキャンペーンIDを使える必要がある上、キャンペーンが3月末を待たずに終わってしまう可能性があるので、その点は注意してください。他のSoftBankショップでも似たような契約ができるかもしれませんが、スマホデビュー割がガラケーからの契約が条件になるため、ショップによってはガラケー以外からのMNPは断られる可能性があります。おとくケータイ.netの場合、ネットから契約するためにこのガラケーからのMNPかどうかという確認がされないため、スマホやMVNOからのMNPでも問題なくスマホデビュー割を使って今回の契約をすることが出来ます。

おとくケータイ.netで契約する場合はキャンペーンID:0109を使えると一括45000円で購入できて以下の維持費のように使えます。

通話し放題ライト 1836円
Sベーシックパック 324円
データ定額1GB 3132円
スマホデビュー割 ▲2614円
特別割引 ▲1430円
合計 1248円

おとくケータイ.net

 

SoftBank+機種変更の契約は限られたユーザーだけだが安くなるチャンスはある

続いてはSoftBankの機種変更で安く契約できる方法についてです。

この方法に関してはこれまでの方法と違って全てのユーザーが対象になる形の方法ではないのですが、それでもSoftBankユーザーであれば試してみる価値のある契約方法になるので、紹介だけはしておこうと思います。

機種変更での定価でもSoftBankのiPhone 8はそこそこ安いのですが、これに加えてSoftBankの場合にはMNP引きとめポイントを利用できる可能性があり、こちらを使えれば機種変更価格では3キャリア最安のiPhone 8を購入することが出来ます。

MNP引き止めポイントとは、他社へとMNPをするとSoftBankに伝えた時にSoftBank側からMNPしない代わりに機種変更してくれ、機種変更に使える割引ポイントをあげるから、という形で付与されるポイントです。

このポイントはMNPをするつもりがなくても、MNPの予約番号を発行しようとすると貰える確率が高く、機種変更を考えているSoftBankユーザーであればあえてMNPするフリで予約番号の発行をお願いする電話をかけてみるといいでしょう。その中で一定の条件を満たしたユーザーであれば、電話のオペレーターから引き止めポイントの提案が行われ、平均して30000ポイントが貰えるので3万円分の値引きを機種変更で行うことが出来ます。

これだけ高額な割引を得ることが出来れば、機種変更であっても安くiPhone 8を契約出来てしまうため、SoftBankのiPhone 8はキャリアの機種変更契約の中でも最安レベルになります。

引き止めポイントがもらえる条件については明かされていませんが、普通にSoftBank回線を使っていた人であればかなり貰える確率は高まります。3万円値引きは大きな金額になると思うので、機種変更をするならこの引き止めポイントをゲットしてから契約すると良いでしょう。

安く契約出来るので、維持費も下がるのが特色です。

通話し放題ライト 1836円
Sベーシックパック 324円
データ定額5GB 5400円
月月割 ▲2810円
iPhone 8 24回払い(30000ポイント引き適用後) 2680円×24回
維持費(分割購入時合計) 7430円
維持費(一括購入時合計) 4750円

iPhone 8:ソフトバンクオンラインショップ

 

こうした4つの契約が今キャリア向けのiPhone 8を安く購入できる、それもネットから簡単に購入できる方法として用意されています。

どれも3月を過ぎると同条件での契約が望めず、ある程度値上がりすることが予想されます。もしもiPhone 8契約に興味があるようならば、早め早めに3月中に契約しておくと良いでしょう。

コメント