MVNO

docomo

SIMフリースマホでdocomo回線のCA(キャリアアグリゲーション)はIMEI制限の対象で利用できない?

Ascend Mate7のアップデート予定というものが前々から告知されていて、その内容というのがCA(キャリアアグリゲーション)への対応というものがありました。 発売当初からCAの対応をアップデートで行うと言ってかなりの時間が経ってい
MVNO

格安スマホへのMNPはちょっと待った!もっと安いY!mobileの402SH契約を見て欲しい

今MVNO、あるいは格安SIMや格安スマホとして契約する場合、どんな契約がオススメの契約になるでしょうか。 UQ mobileとauの白ロム、NifMoの格安スマホセットなどが純粋な格安SIMの契約でのオススメにはなりますが、もう一つ
au

MVNO格安SIMをMNP弾として使って、キャッシュバックと0円スマホを手に入れる方法

今、auにおけるMNPキャッシュバックの金額が異常に膨れ上がっています。普段の年ならこの時期ですとキャッシュバックは少な目で、常に年末・年度末にあたる12月~2月3月あたりにキャッシュバック金額がピークになるのですが、この6月7月そしておそ
DMM mobile

1000円以下のMVNO格安SIMの比較と選び方

「格安SIM」を選ぶために一番の基準が何かと言ったら、「格安」という名前なのでやっぱり多くの人は料金を中心に選ぶことでしょう。 これまで7000円や8000円してたスマートフォンの契約が、3000円以下に抑えることも出来るポテンシャル
au

『通信の最適化』が問題視されはじめる SoftBankやb-mobileの他にdocomoとauでも適用始まる

モバイル回線における「通信の最適化」問題が今話題になり始めています。 「通信の最適化」が適用されると、モバイル向けに大きい容量のファイルが最適化=ダウンロードしやすくなるのですが、決してそれはメリットとして捉えられるものではありません
MVNO

NifMoのバリュープログラムからマイクロソフトの通販サイトが消える

@niftyが提供しているMVNOサービスであるNifMo。最近は格安SIMの中でも速度が良く、情強な人ほどNifMoを選ぶなんて感じで使いやすいMVNOです。 このNifMo、2つの特徴があり、その一つはまさに回線速度がMVNOの中
MVNO

MADOSMA Q501、貴重なWindows Phoneではあるがコスパは悪い

日本国内の(ノーマルな)スマートフォンとしての販売がIS12T以来となるWindows Phone、「MADOSMA Q501」。iOSでもAndroidでもないWindowsをOSにしたいわゆる「第3勢力」のスマートフォンです。 こ
docomo

MVNO格安SIMでテザリング出来るドコモ白ロムスマホはXperiaやiPhone 5cが狙い目

docomo系MVNOとdocomoの白ロムの組み合わせではテザリングが出来ない、というのは良く知られている事だと思います。テザリング時にdocomoのスマホはAPNがdocomo用のAPNに固定されてしまうので、MVNOのAPNで通信出来
au

SIMフリー化したLGL24・LGL22がアップデートでSIMロック化 元に戻すにはどうすれば

auのisai FL LGL24においてある事件が発生しているようです。 このisai FL LGL24は、auのスマートフォンながら内部にWCDMAで通信できる機能が搭載されています。通常のau契約ではこの機能は潰されてしまっている
MVNO

格安スマホ/格安SIMの比較の仕方とオススメセット

格安スマホ、どうやって選べばいい 格安スマホ、あるいは格安SIMがブームとなって久しいかと思います。スマホの登場で便利さも広がりましたが、一方で通信料金の高額化が進み、家計の負担としてスマホ代の占める部分が多くなってきました。 こう