キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

Xperia XZ1 Compact SO-02Kレビュー 2万円台で買える小型ハイスペックスマホ

   

根強いコンパクトスマホ人気の中において相当の人気を誇るXperia XZ1 Compact SO-02Kのレビューを行いたいと思います。

発売から数週間経ちましたが、その中で使ってみていて久しぶりにコンパクトスマホに対して高い満足感を得ることが出来ました。

ここ最近の動作が重かったり発熱が強くてバッテリー持ちに悪い影響が出ていた機種とは違い、あらゆる面で快適な利用をすることが出来たスマホというのを感じています。

人にオススメしても問題ないと判断したため、こちらのスマホのレビューを実施しようと思います。コンパクトスマホ好きでなくても使っていて満足できるオススメ機種なので、これからの時期スマホを変えたいけどどれにすればいいか迷っている、という人にも読んでもらえればと思います。

スポンサードリンク

docomoのみ取り扱い・価格は安い

Xperia XZ1 Compact SO-02Kの取り扱いはdocomoのみ。3キャリアから発売されるXZ1とは異なります。

後述するSnapdragon 835を搭載したハイスペックスマホの1機種になりますが、Xperia XZ1 Compact SO-02Kは他のS835搭載機種と比べても価格が安いという特徴がまずあります。

端末価格自体は77760円とそこそこするものの、月々サポートが意外に高くて2年間の実質価格は26568円と2万円台の価格を付けています。

Xperia XZ1 Compact SO-02K 77760円
月々サポート ▲2133円
実質価格 26568円

これはS835を使ったハイスペックスマホの中では群を抜いた安さです。大体3万円台後半から7万円台といった形で高額な実質価格が見られる中で、2万円台半ばという機種変更価格としては比較的安い金額が付けられているのは大きな特徴と言えます。

まず価格の安さというところで、このXperia XZ1 Compact SO-02Kはオススメしやすいのは間違いありません。後述するレビューからもわかるようにスマホとしての完成度は過去のシリーズ最高峰です。それがたったの2万円台の実質価格で契約できるというのはお得以外の何物でもありません。

 

Xperia XZ1 Compact SO-02Kデザイン

分厚い長方形ベースのデザインになっており、従来のXperiaシリーズと大きなデザイン面での変更はありません。

シンプルな構成になっており、前面にはディスプレイとインカメラ、背面はフラットなアルミボディにリアカメラが搭載されているというものになっています。

電源ボタンに音量調整ボタン、それにカメラのシャッターボタンが側面には用意されています。

USB-TypeCでの充電に対応し、キャップレス防水が実現されており便利な利用が可能となっています。

分厚さはありますが、それのおかげで適度なサイズ感かつホールドのしやすさというものも感じられるようになっており、決して悪い面は多くありません。

特に横持ちしたときのホールドのしやすさはしっかりとしたものが感じられ、ベゼルにも余裕があるのでゲームや各種操作が非常にしやすくなっています。

電源ボタン・生体認証

電源ボタンは右側に。指紋認証も兼ねているために電源をつけると同時にロック解除をすることが出来ます。

指紋認証速度はかなりの爆速具合。認証の精度も高いためにストレスの無い指紋認証を行うことが出来ます。

Galaxy S8やNote8といった機種の指紋認証が精度に難のある一方で、このXperia XZ1 Compact SO-01Kは快適そのものとなっているのは大きなポイントです。

カメラ

カメラについはメインカメラの歪み問題というデメリットがあります。

特に直線のものを写した場合、端に行けば行くほどその直線がゆがんでぐにゃぐにゃになってしまっている、という大きい不具合があります。

ただこれについてはは先日グローバルモデルに歪みを直すアップデートが配信されたため、国内版もも薄く画作りの不安点であるカメラの歪み問題については解消されていく予定です。

発色は青みが強い時があるものの、そこまで影響は強くありません。ただ全体の彩度といった点では味付けは薄めといえる写真が出来ます。

背面のメインカメラは出っ張りがなくボディの一部に収まっています。そのため机の上に置いたときの安定感なんかは地味に良いです。

前面のサブカメラは自撮りに特化した広角レンズを使用しています。そのため自撮りの形でもかなり広範囲に撮影が出来るようになっており、これまでにない背景もしっかり収められる、または大人数でも全員を写せる広角自撮りが可能になりました。

歪み問題さえ解決すればカメラは使えますが、歪みを放置して発売しているのは印象が悪いです。

4.6インチディスプレイ

4.6インチディスプレイはHD解像度ということでiPhoneシリーズとほぼ同等です。

若干オートの明るさが暗めかと思われるので、場面においては手動で明るさを変える必要があると思います。

発色は良いので心配いりません。画面サイズ自体は小さい上にナビゲーションキーもオンスクリーンになるため表示領域は小さいですが、設定から表示サイズを変えることでより多くの情報を詰め込むことができるので、小型モデルながら情報処理能力に心配はいりません。

タッチパネルも精度が高く、判定がシビアなゲームでも対応することが可能なのでゲーマー向けとしても良いでしょう。

Snapdragon 835、RAM4GB

スペックの主要部分となるSoCにはSnapdragon 835。小型の5インチ以下モデルにも関わらずハイエンド向けのSoCを搭載させており、ハイエンドな小型スマホという立ち位置となっています。

Snapdragon 835は最近のSoCの中では評価がとても高く、これまでのSnapdragon 800番台やその他のSoCと比べても評価のレベルが2段階ぐらい上のものになっています。

とにかく一つ一つの動作が快適そのもので、動きが鈍くなる場面というのが普通に使っていればまず感じられないという相当に安定したSoCです。

そんなSnapdragon 835を使っているために、Xperia XZ1 Compact SO-01Kの動作は軽快そのもので過去のXperia全般と比べてもストレスの感じなさといったものが凄いです。性能的には最高レベルのスマホをついに投入してきたと言えます。

さらにRAMは4GBとこちらも小型モデルには贅沢な大容量となっています。しかもディスプレイがHD解像度ということもあり、RAMの受ける負荷というのも弱いため、動きのサクサク感といったものはかなり強いです。

動きの良さ、重くならない余裕さといったものは小型モデルとは思えないぐらいの充実さとなっているので、不具合も変なところもないスマホを長く使いたいならばXperia XZ1 Compact SO-01Kは確実にオススメ出来る良いスペックを持ったスマホです。

発熱・ゲーム操作

ゲームをした時の発熱はそこそこあります。プレイ開始から10分ぐらいすると熱を持ち始めます。

ただしこの発熱もそこまで熱くならず、そのままプレイを続けられる程度の熱さに収まるので、発熱自体はするものの心配になるレベルにはありません。

熱で性能が落ちるスマホというのもありますが、Xperia XZ1 Compact SO-01Kはそうした心配もいらず、発熱時のベンチマークスコアも下がり幅は数%とかなり優秀です。

しかもゲームなんかをしないで普通のスマホとしての使い方をするのならば、発熱はほとんど感じられないほどに抑えられています。これはSnapdragon 835を使ったスマホ全般に言える特徴ですが、普通の操作が続く分には発熱には一切の心配がいりません。

この熱を持たない安定感というのは長く使っていく上でかなり安心できる要素です。

バッテリー持ち・スタミナモード

Xperia XZ1 Compact SO-01Kはバッテリー持ちも良いです。元々2700mAhというXperia XZ1と同じ容量のバッテリーに加えて、発熱がしにくいてことで余計な消費が抑えられています。

加えてスタミナモードなどの一部環境下でのバッテリー持ちを長持ちさせる機能も有しているため、かなりバッテリー持ちは優秀です。少なくとも変な操作によってバッテリーが急激になくなるなんていう問題は一切ないので、配分を考えれば長く利用することが出来ます。

音楽再生や動画再生を長く続けてしまうと1日持つのは厳しいですが、ちょっとした隙間時間にスマホを触るという程度でしたら丸一日余裕のバッテリー管理を見せてくれます。

 

総評:コンパクトモデル最強のスマホで確定

Xperia XZ1 Compact SO-01Kは何気にレビューの難しい機種でした。

その理由は特に悪いところが無いからです。

カメラの歪みについては例外的なデメリットですが、それもアップデートで解決の目途が出てきています。それ以外に悪いところとなると、よほど粗を探さないと出てこないレベルで不満の無いスマホになっています。

デメリットの少なさと共に、メリットの良さを伝えるのも難しいところが多いです。

というのもあらゆる操作・動作といったものがストレスなく使えてしまうため、「快適」の一言で全てが説明できてしまいます。変に尖ったところのない万能なスマホになっているので、非常に使いやすいもののそれが少ない言葉で表現できてしまうシンプルさになっています。

Xperia XZ1 Compact SO-01Kの良さは全般的な使いやすさであることは間違いなく、中々伝えづらいものの人に十分にオススメできるだけの満足度を与えてくれるスマホです。

コンパクトモデルにおいては現在最強のモデルの一つでしょう。4.6インチでSnapdragon 835を利用しているスマホというのは他に例を見ません。iPhone同等サイズでハイスペックモデルというのはAndroidスマホでは珍しいものとなっているので、コンパクトモデルとしては決定版といえます。

Xperia XZ1 Compact SO-02K:ドコモオンラインショップ

機種変更するならオンラインショップで

Xperia XZ1 Compact SO-02Kを契約するならばオススメはオンラインショップになります。

ドコモオンラインショップは機種変更をするユーザーなら使わないと損する隠れ優良店

iPhone X契約時の『頭金』は絶対に支払ってはならない【docomo・au・SoftBank】

上の記事にも書きましたが、今docomoのスマホを契約する場合、オンラインショップ以外の店頭で契約すると基本的に損をします。

店頭では自店舗の利益のために「頭金」を付ける形で「値上げ」を行っているので、消費者としては何もメリットがないのに高い価格で契約させられることになります。

Xperia XZ1 Compact SO-02Kの特徴の一つはその価格の安さにあるわけですが、その安さ=実質2万円台という特徴がドコモショップなんかでは頭金値上げの影響で実質3万円台での契約をさせられることもあります。

こうした理由から、Xperia XZ1 Compact SO-02Kを契約するならばドコモオンラインショップをオススメしています。特に機種変更は店の利益に繋がらない手続きのため、頭金を高額に設定されやすいという問題をはらんでいるため、機種変更するなら特にオンラインショップを使うよう心がけましょう。

 

Xperia XZ1 Compact SO-02K:ドコモオンラインショップ

 - docomo, スマホレビュー