キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

シンプルプランとdocomo withを解説!2つの組み合わせで月額280円とdocomoの料金が安くなる

   

docomoが新しいプランの発表を行い話題になっています。

docomoでは2017年5月より基本料金が安い『シンプルプラン』

ずっと割引が続いて運用によっては永久格安回線が作れる割引『docomo with』

この2つのプランが新たに作られました。

 

これらの料金プランが登場したことによって、docomoのスマホ向けの料金・維持費といったものが大きく変わります。

これまではどちらかというと高い料金イメージの強かったdocomoですが、この2つのプランによってそれこそ「格安SIM」に近い料金イメージで利用することが出来るようになりました。

この2つのプランの特徴をしっかりと理解しておくことで、これからのdocomoの回線運用が長期間安いままで使えるようになる可能性があります。

今回はこの2つのプランの特徴・実現可能な料金といったものを詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

シンプルプランで基本料がこれまでより700円安くなる

まずはシンプルプランの説明から行いましょう。

シンプルプランはdocomoが新たに用意した基本料金プランの一種です。

いわゆるカケホーダイ、カケホーダイライトといったプランと同じ軸を持つ料金プランです。

カケホーダイ、カケホライトのプランの2つは、どちらも通話定額機能を基本料金内に含むプランでした。そのために料金も2700円または1700円という高額な料金が毎月かかってしまいます。

通話をよくするユーザーにとっては定額の基本料で通話を長時間できるということで、うれしいプランになるのかもしれませんが、通話をしない人にとってはこのカケホーダイ系のプランは過剰なサービスとなっており、通話定額はいらないからその分料金を安くしてほしいという要望が常に出ていました。

今回のシンプルプランはそうした要望を叶えた料金プランになります。通話をしないユーザーに向けた格安基本料のプランです。

シンプルプランの料金は980円です。これまで最安だったはずのカケホライトよりも実に700円近く安くなっています。

これまでの料金プランをシンプルプランにすることによって、docomoのスマホ料金・ガラホの料金は簡単に安くすることが可能になっています。

シンプルプランはこの安さということもあって、契約には少し条件が必要になってきます。カケホやカケホライトのように無条件で選べるプランではありません。ですがそこまで難しくはないので通話をしない人は必見のプランです。

シンプルプランの契約における条件や注意点は、

  • シェアパックに加入していること:親回線がシェアパック5以上の回線を契約していないと、親回線・子回線ともにシンプルプランは選べません。
  • 学割など一部のキャンペーン割引は適用不可能:カケホ向けに設計されたキャンペーン割引はシンプルプランに適用してしまうと安すぎるので適用できません。
  • プラン切り替え時に通話料が加算されることがある:もしも月の途中でカケホ系プランからシンプルプランに変えた場合、カケホ中にかけた通話がシンプルプラン時に利用したという形になってしまい、切り替え月に通話してた分の通話料が定額ではなく満額かかってしまう。
  • ただし家族間通話は無料:シンプルプランの通話料は30秒/20円ですが、家族間通話に限っては無料になります。
  • SIMフリースマホでも使える。ただしdocomo販売のタブレットとルーターに使うと指定外デバイス使用料がかかる:SIMフリースマホに使ってもこのシンプルプランは今のところ料金の変動はありませんが、docomoから販売されたタブレットやルーターにさしてSIMを使うと、最大で700円の指定外デバイス料がかかってしまいます。基本的にスマホとケータイ、SIMフリー端末の利用で使うためのプランです。

このような問題がシンプルプランにはあります。ですが、切り替え時の通話料以外についてはそこまで深刻なポイントでも条件でもないため、シェアパックさえ契約していれば基本料を安くすることができるプランということになります。

まずこの料金プランの登場は、電話をしない人にとっては大きな節約チャンスになるのは間違いありません。自分が電話を使わないとしても、家族の中では電話をしない人もいるでしょうし家族間通話だけで十分な使い方の人もいるでしょう。

そうした家族のプランをシンプルプランにするだけで1回線につき700円も節約できるので、このプランを活用しない手はないでしょう。

まずはこのシンプルプランについてを確認してください。

 

docomo withで長く割引が得られる

次に新しい割引として高い注目度を得ているのが「docomo with」です。

docomo withは月々サポートと同じようなタイプの端末購入を伴う形で適用される割引サービスです。docomo with対応スマホを契約すると、月々サポートではなくdocomo withが適用されます。

docomo withは基本的に月々サポートと同じように、毎月の基本料から割引を行うという点には変わりありません。ただ唯一違うのが、docomo withの場合

「割引期間が次に機種変更するまで」

という内容になっています。次の機種変更をするまで割引が続くのがdocomo withの最大の特徴なのです。

つまり機種変更さえしなければ3年目、4年目とずっとdocomo withの割引が継続していくため、長い目で考えた時に非常にお得な契約になるのです。

今のところdocomo withはSIMフリースマホや他のdocomoの白ロムで使っても割引が無くなるということもないので、docomo with対象スマホを使い続けてスマホが古くなり機種変更が必要になったとしても、わざわざ機種変更手続きをしないでSIMを別のスマホに入れ替えればそのままdocomo withの割引を継続したまま運用することが出来ます。

そのため回線契約を一度docomo withの割引を適用してしまえば、そのまま永年に近い形で割引付きの回線契約を継続し続けることが出来るのです。

 

docomo withの適用は、その対象スマホを契約する必要がありますが、docomo withのもう一つ嬉しい点としてこの対象スマホのラインナップがどれも一括価格の安い機種になっているという点があります。

現在機種変更時にdocomo withの割引を受けることが出来るのは2機種です。

  • arrows Be F-05J:一括28521円
  • Galaxy Feel SC-04J:一括36288円

の2つです。こちらはどちらも一括価格が非常に安くなっています。arrowsなんかは3万円以下の一括価格になっているので、単純な機種変更スマホとしてもお買い得なものになっています。こうしたお買い得スマホに長期間続く割引であるdocomo withが適用されているために、今このdocomo withがかなり高い注目度を浴びています。

このdocomo withもこれからのdocomoの料金を安くする方法として、重要な要素になってくる割引です。

 

シンプルプランとdocomo withを合わせると維持費が月280円に

そしてこの2つのプランは、それぞれ基本料と割引サービスということで異なる料金の範疇なので、同時に適用・構成することが出来ます。

そのため安いシンプルプランにdocomo withの永年割引によって、極端に安いdocomo回線を保有することが出来てしまいます。

こちらについては具体的に一部のプランに対応した料金表を見てもらったほうが早いでしょう。

シェア5 シェア10 シェア30 シェアOP
シンプルプラン 1058
spモード 324
パケットパック 7020 10260 14580 540
docomo with ▲1620
一括合計 6782円 10,800円 14342円 302円
F-05J分割代金 一括28,512円

シェアパックしか対象にはならないため、親回線で使う場合には料金はそこそこの金額がしてしまいますが、子回線となるシェアオプションだとその安さが非常にわかりやすく、魅力的であるのが伝わるかと思われます。

シェアオプションは子回線でしか契約できないものの、家族全員でdocomoを契約している場合にはこの子回線のほうが主流なプランになるので、こちらの安さが魅力的に映る人は多いのではないでしょうか。

月額では税抜き280円、税込みでは302円というとても安い料金・維持費を実現することが出来ます。しかもこの料金は2年間限定ではなくdocomo withが適用され続ける限りずっとこの金額で使い続けることができるのです。これは本当に大きなポイントでしょう。

シンプルプランとdocomo withによる運用は現時点でSIMフリースマホや他のdocomoスマホならば料金の変更がありませんので、一度arrows Beのようなdocomo with対象スマホへと機種変更をしたら、その後は機種変更をあえてせずに白ロムを使ったりSIMフリースマホで使ったりすることで、ずっとdocomo withの割引を継続させることが出来ます。

そういった使い方の工夫によって、このシンプルプランとdocomo withの組み合わせは本当に格安なdocomoの料金プランとして考えることが出来るでしょう。

 

MVNOとの比較は家族5人目あたりで並びだす。その場合docomo回線の方が圧倒的に使いやすい

このレベルの安さになってくると今度はMVNO格安SIMとどちらが安いのか、ということも気になってくるでしょう。

基本的には格安SIMのほうが安いことは安いのですが、シンプルプランとdocomo with回線を複数保有することによって差額はかなり縮まります。

シンプルプランとdocomo withの家族4人の維持費とMVNOで家族4人を格安SIMにした場合の差額を見てみましょう。

docomo

シンプルプラン+docomo with×4(シェアパック10)

MVNO

音声3GBプラン×4

家族①(docomo代表回線) 10800円 1728円
家族② 302円 1728円
家族③ 302円 1728円
家族④ 302円 1728円
合計 11706円 6912円

家族4人だとまだまだ格安SIMのほうが安くなっています。しかし差額自体は4794円とそこまで大きなかい離にはなっていません。むしろこの時点でdocomoの純正回線のメリットと格安SIMのデメリットを考えた時には、大分docomo回線も安いと感じられるものになっていると思います。

これは4回線での試算ですが、家族回線扱いが1回線増える毎にこの差額は大きく縮まります。その理由はdocomo回線が302円で追加できるのに対して、格安SIMは1728円も必要だからです。そのため5人や6人の3世代分のスマホ料金をシェアしてしまえば、格安SIMより総額が安くなることも可能です。

それでいながらdocomo回線のメリットである

  • 通信速度の速さ
  • ドコモショップによる手厚いサポート
  • Jアラートなどの緊急連絡の受け取り
  • キャリア決済・キャリアメールサービス
  • LINEの年齢認証

といったものが受けられるので、それを考えれば多少は高くなってもdocomoの運用としては非常に安くなっているために、こうしたシンプルプランとdocomo withの組み合わせで使い続けてみるのも良いかもしれません。

 

シンプルプランとdocomo withで節約回線を手に入れよう

というわけでここでの説明のようにシンプルプランとdocomo withの2つのプラン・割引はdocomoの料金を節約するのに大きく役立ってくるのは間違いありません。

この2つのプランを今後docomoで利用していくことで、本当に安いプランというものを簡単に実現できるようになります。

今後もdocomoを使う予定であればこれらのプラン・割引をしっかりと把握しておくと良いでしょう。

そしてdocomo withを適用するためにarrows Beなどの在庫がある内に契約しておくことをおすすめしておきます。

 

ドコモオンラインショップ

docomo withスマホ:arrows Be F-05J

 - docomo, スマホ契約, 割引キャンペーン