キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

NifMoのバリュープログラムからマイクロソフトの通販サイトが消える

   

@niftyが提供しているMVNOサービスであるNifMo。最近は格安SIMの中でも速度が良く、情強な人ほどNifMoを選ぶなんて感じで使いやすいMVNOです。

このNifMo、2つの特徴があり、その一つはまさに回線速度がMVNOの中でも頭一つ抜け出た高速さを体感できてとても使いやすいというのがあります。速度で選ぼうとしたときにはこの回線はファーストチョイスであることは間違いないでしょう。データ通信量が翌月まで有効ではなく当月止まりなのはちょっと他社のMVNOに比べて劣る部分ですが、それ以外での快適度では勝る格安SIMが存在しないMVNOです。

もう一つの特徴は、NifMoには「NifMoバリュープログラム」というサービスがあり、これを使うと通信料が値下がりするというメリットがあります。主に値下がり、というか値引きを使うには、指定のショップで買い物をする事、もしくは指定のアプリをインストールすることの2つがあります。このうちより高額な値引きが出来るのは指定のショップで買い物をすることで、理論上は常に値引きによる還元で0円に近い通信料にすることだって出来るサービスです。

スポンサードリンク

10%還元だったマイクロソフトのオンラインショップ、消える

要はこのNifMoバリュープログラム経由で買い物することによって、その購入金額の一部がNifMoの通信料から値引きされるため、NifMoを使っている人はこのサービスの活用次第で、通信料が最安にすらなる可能性があります。

NifMoバリュープログラム経由で購入する場合、ショップによって料率・還元率が違います。最大10%~最小0.9%が購入金額から値引き分にまわされます。

そのため10%のところで高額な買い物をすれば、それだけ値引きも期待でき、長期間NifMoの料金を超各社すにすることも可能です。

このNifMoバリュープログラムを使って前々から計画していた活用方法に、Microsoftのネットショッピングでパソコンを買ってそれで還元に回してもらうという計画が個人的にありました。Microsoftでは何と購入金額の10%をNifMoの値引きに使えるようになっていて、1万円以上のものを購入すれば1ヶ月分の料金を3GBのプランなら0円にすることが出来ました。

しかも今回はMicrosoftのショップでSurface 3を購入すれば、最低でも8000円分の還元、タッチキーボードも加えれば9000円~10000円の還元が得られるということで、Surface 3自体は高くても充分な還元ということでNifMoバリュープログラム経由で購入することを考えていました。

ところが。

5月26日まではNifMoのホームページにもMicrosoftはバリュープログラムの対象ショップとされていたのですが、6月15日現在ではなんと対象ショップの一覧から消えてしまっています。10%還元のあるショップとしてバリュープログラム全体の目玉でもあったと思うのですが、この肝心な時期に対象外に現在なっています。

value

今のPC・コンピュータ系のバリュープログラム対象ショプは、どれもそれほど還元が高くないところばかりなので、Surfaceは安く買えそうにありません。

というわけで私のようにNifMoバリュープログラム経由でMicrosoftのオンラインストアを利用し、Surface 3を10%還元で購入を予定していた人は(どれだけいるかはわかりませんが)、現時点でこの方法は使えないので注意して下さい。

Surfaceは昔からポイントバックが家電量販店で1%にされたりと値引きが少なく、MicrosoftがAppleを意識したような販売をしています。なので還元という意味でこのNifMoの10%は利用者にとってとても貴重だったはずなのですが、ちょっと見てない間にバリュープログラムの対象ショプから消えてしまいました。

Surface 3を安く買いたい場合にはこれとは別の方法を探るしかなさそうです。

 - MVNO, NifMo