キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

MVNO格安SIMでテザリング出来るドコモ白ロムスマホはXperiaやiPhone 5cが狙い目

   

docomo系MVNOとdocomoの白ロムの組み合わせではテザリングが出来ない、というのは良く知られている事だと思います。テザリング時にdocomoのスマホはAPNがdocomo用のAPNに固定されてしまうので、MVNOのAPNで通信出来ないという問題が起こります。

この問題はdocomoの白ロムには常に付いて回ってくる問題のようです。2015年向けのG型番のついたモデルでもこの問題は継続中で、MVNOの格安SIMを使ってテザリングをしたい場合にはSIMフリースマホの利用が必要になっています。

しかしSIMフリースマホの購入に関する一つのネックが、docomoの白ロムと比べるとスペックが低くて尚且つ値段が高いという問題点も生じています。

docomoの白ロムで大量かつ比較的低価格で売られているものは、docomoが契約付きで投げ売りしたから白ロムとして大量に安く入ってきたものです。MNPキャッシュバックもあるため、白ロムの市場には文字通り大量に新品未使用のハイスペックスマホ(最近だとXperia Z3 compact)が売られてくるため、買取価格が下がり、その分販売価格も下がるというフィードバックが発生し、スペックの割には恐ろしく安いdocomo白ロムというのが売られるようになりました。

これに対してSIMフリースマホは、販売メーカーが値下げをしない限りは安く売られることもなく、本来の適正価格でdocomoの投げ売り白ロムと勝負しなければなりません。

購入者側としてはメリット・デメリットが双方にあるといえます。docomoの白ロムは安くてハイスペックですが、テザリングが使えません。逆にSIMフリースマホではテザリングが使えるものの、白ロムと比べるとコストパフォーマンスが悪く見えます。どちらを購入するにしても、現状は「いいとこどり」する事が出来ないのですが、ある一部のdocomoの白ロムにおいて、安さとハイスペックさも取り揃えながら、それでいてテザリング出来るという機種が存在しています。

そのうちの一つは公式的な方法ではないので注意が必要なのですが、一応これらのテザリング可能機種を購入することによって、いいとこどりしたdocomo系MVNO向けのスマートフォンを手に入れることが出来ます。

スポンサードリンク

Xperiaシリーズ

まずテザリング出来るdocomoの白ロムとして白羽の矢がたつのは、Xperiaシリーズです。これらの機種はなんとroot化せずにテザリングAPNの固定を回避できる仕様になっているようです。

詳しい方法や情報共有なんかはこのサイトの記事やコメント欄が参考になると思います。

【MVNO】非rootなドコモ端末をMVNO SIMでテザリングを可能にする方法(中級者向け)

ただこの方法は完全に非公式のやり方になるため注意が必要です。root化しない分作業的には初心者の人にもやりやすい方法ではあるのですが、それでも複数のツールを使ったりと面倒な部分があります。

正常な動作報告はXperia Zシリーズで確認されやすいです。特に白ロムとして人気のXperia Z3 SO-01GやXperia Z3 compact SO-02Gで動作報告がかくにんされているので、これらを購入し上記の変更を加えることでハイスペックかつ安い上にテザリングも可能なスマホを手に入れることが出来ます。

 

iPhoneシリーズ

もう一つ、docomoの白ロムにおいてテザリングがMVNOの格安SIMでも可能なものがあります。それはiPhoneです。正確にはdocomoから発売されているiOS8機種です。

iOS7では無理なのですが、iOS8におけるiPhoneなどのApple製品は、AndroidのスマートフォンのようにテザリングAPNロックはされておらず、iOS8ではMVNOによるテザリングが最初から可能な状況が作られています。これはiOS9では未確認なのでアップデート後については不明です。使う時はアップデート通知には注意してください。

このdocomoの白ロムとしてのiPhoneは、MVNOの格安SIMが使えることもあって白ロムとしても高額になっているのですが、その中で比較的安いのがiPhone 5cです。

iPhoneシリーズはdocomo版は5sから登場したこともあって、格安SIMが使えるiOS機種の種類は少なく、どれも投げ売りされながら白ロムは高額に取引されています。そのため、docomoの投げ売り白ロムという範疇の中でも、iPhoneはやはり特別で安くない存在でした。ただそんな中でもiPhone 5cに限ってはテザリングの使えるiOS8スマホにしては安めです。

スマホを使うならiPhoneが良いという人は一定数いるかと思います。そんな人にとって格安SIMで使えてiOS8ならテザリングも出来、金額の安いiPhone 5cというのはコストパフォーマンスを考えた中では非常に良いチョイスになるかと思います。

 

というわけでMVNOの格安SIMでテザリングを使いたい場合には、安くてスペックも高いが非公式な手段で可能なXperiaシリーズか、高くて今のところiOS8までの動作確認ながら格安SIMでテザリングが出来るiPhone 5cが、SIMフリースマホ以外の選択肢として考えられます。

これらならば同じ価格のSIMフリースマホを購入するよりも、確実にスペックは上になりテザリングが出来ないという唯一の欠点も対処済みなので、満足度の高い買い物になってくれるでしょう。

ちなみに白ロムを購入する場合、Amazonが最も買いやすいかもしれませんが、Amazonの場合は大抵がマーケットプレイスでの販売です。特に相場より安くなっているものはマケプレの販売でしょう。マケプレも普通の業者なら問題ないのですが、スマホの白ロムには転売屋や携帯古事記が適当な会社名を付けて個人販売している場合もあり、保証関連で心配な部分があります。

特にdocomoの白ロムの2014年モデル以降は白ロムだと保証を受けるのが結構厳しい規定になっているので、安いものの何も赤ロムや初期不良保証のない個人のマケプレ業者で購入するのはあまりお勧め出来ません。

もしもちゃんとこれらの白ロムを買う場合は、ショップで初期不良保証などをしっかりと用意してくれる業者で買うのが良いでしょう。例えばイオシス何かだと1ヶ月は購入後の保証もありますし、マケプレよりも安心して購入することが出来るので、そういったショップを利用するようにするといいでしょう。

http://iosys.co.jp/

 - docomo, MVNO, お買い得スマホ情報