キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

スマホの機種変更時に注意したい「頭金」、「機種変更手数料」、「加入オプション」の存在

   

スマートフォンを契約するとき、特に機種変更で契約しようとした場合、本体価格だけでなく機種変更という手続き自体にかかる料金の存在に注意しておかないと、本来想定していた購入金額よりもその費用がかさんでしまうことがあります。

機種変更をする際にはスマートフォンの本体価格以外にも、その手続きを行うにあたっての費用や店舗の機種変更条件などの存在がありますので、この想定の外からかかってくる本体以外の各種費用について今回は解説を加えたいと思います。

これらの言わば「追加料金」を想定しておかないと、一見お得そうな買い物でも予想外の出費が増えてお得でもなんでもなくなってしまいます。

スポンサードリンク

「頭金」

ドコモ/au/Softbankショップなどのキャリアショップ、ヨドバシカメラなどの家電量販店では、「頭金」と称される本体価格以外の料金というものが発生します。

機種変更という契約はあまり店舗には査定として多くの評価が入らない契約方法ですので、こうした頭金をかけることで少しでも一つ一つの契約で利益を上げようとしています。

大体家電量販店では税抜きで3000円、各キャリアショップだと2000円~8000円にまで及ぶこともあります。

この頭金は、全く設定していないショップもあれば、高額な金額を設定しているところもあって、千差万別という状態です。頭金を避けるためには店舗選びも重要といえるかもしれません。

頭金は通常ですと分割契約、割賦契約にかかるものですが、携帯販売の場合は一括でもかかることが常です。そしてそれは定価でも店のルールとして発生することがほとんどですので、安売りの値引きもない状態では本来の価格よりも高くなってしまうということになります。

これがまず一つ目の機種変更時にかかってくる本体の値段以外の費用です。

 

「加入オプション」

こちらも機種変更に限らず携帯電話の契約にはついてまわってくる契約の条件の一つです。

契約を希望していないオプション契約や、外部コンテンツの加入を機種変更の条件としている場合です。多くの店舗で見られる条件で、機種変更だと例え定価であろうとも必須の条件とされることがあります。

家電量販店の場合は、このオプション加入か頭金のどちらかを選ぶというやり方をしています。オプションに加入する代わりに頭金3000円をなくすというやり方です。一方で一部ではありますが、キャリアショップや街中の携帯ショップでは、頭金とオプションの加入を両方要求するようなところもあります。

「加入オプション」はオプションごとに解約しないと、毎月料金がかかって使いもしないコンテンツサービスに毎月お金を払うなんていうことにもなってしまいますので、出来るだけ契約前に避けた方がいいかと思われます。

これが二つ目の機種変更時にかかってくる可能性の高い費用の一つになります。

 

「機種変更手数料」

上記2つの頭金と加入オプションについては、設定していない優良店もあったり、断ったら払わなくてもいいお店があるため、必ずしも支払う必要のある費用でもありません。

ですがこの3つ目の費用については店頭契約の場合必ず支払う必要のある料金になります。それは「機種変更手数料」というもので、機種変更する時には必ず発生してしまう料金です。

docomoもauもSoftbankも、すべて一律で税抜き2000円(Y!mobileのみ3000円)という金額が機種変更の時にかかってしまいます。

そのため店頭での契約では、たとえ定価で頭金もオプションもなくても、2000円を追加して購入費用を計算しないと当初の予定よりも高くなってしまいます。

この機種変更手数料は店頭の購入全てに発生し、auとSoftbankのオンラインショップでの契約にも発生してしまいます。一方でdocomoのみオンラインショップでの契約ならば2000円の機種変更手数料は免除されるため、通常よりも低価格で購入することが出来ます。これはdocomoのみの対応になっています。

オンラインショップなら頭金もなく加入オプションで必須のものもありませんので、可能な限り節約したい場合はオンラインショップでの機種変更がいいでしょう。

 

家電量販店のポイントは「お得」ではない

また余談にはなりますが、機種変更で一括購入する場合、家電量販店ならばポイントが手に入るため、そのポイント分で通常よりお得になると考える人もいるかもしれません。

ですが家電量販店では3000円分の頭金と2000円の機種変更手数料がかかってしまうため、表示価格よりも5000円高くなってしまいます。そのためポイントでお得に契約することを考えた場合には、最低でも5000ポイントを得られない限りはオンラインショップよりもお得ではありません。

もしもポイントを含めた計算で、家電量販店での機種変更がお得だと出ていても、今回のような機種変更にかかる諸経費についても計算に入れた上でどこで契約すべきかを考えましょう。

 - au, docomo, SoftBank