キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

WiMAX2+の新プラン「ギガ放題」、2つの改悪・デメリットと2つの朗報

   

WiMAX2の新プランが発表され、その契約内容と料金が新たな体系へと移ることになりました。

WiMAX2ではこれまで7GBまでの通信量制限のあるプランが契約でき、キャンペーンで最初の2年間は7GBの通信量が無制限になるという特典がありました。そのため実質的に2年毎に解約と新規契約を繰り返すことで、無制限通信プランを継続契約することができていたのですが、この度新プランの登場によってこのキャンペーンの新規受付を終了。その代わりに無制限通信を2年後以降でも継続できる料金プランを新設しました。

2月20日から新たに受付可能になるプランは「ギガ放題」という名前で2年間限定ではなく永続的な無制限通信が可能になるプランとなりました。ただしこの2年間という限定的な施策が取り払われて、永年という内容に変わったことで、内容的にはデメリットあるいは改悪と呼べる部分が出てきてしまったため、一概には歓迎しづらい新プランということになってしまいそうです。

ここではそのWiMAX2+で契約できるようになる新プラン「UQ Flat ツ-プラス ギガ放題」のデメリット的な内容の部分と朗報とも呼べる部分についての解説をします。

スポンサードリンク

ギガ放題のデメリット

料金プランの値上げ

2年間限定の無制限通信から、期間限定を排除した永年的な無制限通信を実現させたWiMAX2+の新プラン「ギガ放題」ですが、この永年化の仕様変更によって、プランの料金が約700円の値上げになってしまいました。

従来の3696円という料金で2年毎に解約と新規契約をしていれば、実質的に永年無制限通信が出来ていたので、永年無制限プラン自体にはそれほどメリットがありません。にも関わらず強制的に今後の新規契約はこの新プランギガ放題の4380円のプランでの契約が必要になるため、これまでよりも確実な値上げとなってしまいました。

この新プランは2月20日から受付を開始して、それに伴い3696円で2年間無制限のキャンペーンプランが受付終了してしまいます。20日以降は3696円では7GB制限のあるプランしか契約できなくなります。

3日3GB制限が厳格化

またこれまで月間の通信量制限は無制限だったのですが、2015年1月からは3日間で1GB以上の通信をした場合には速度規制がかかる「ことがある」、という制限が発生しています。

ただしこの制限は「ことがある」という表現からわかるように、厳格化された規制ではありません。帯域が混雑する時間帯などで3日1GBを超えているユーザーの速度を制限する場合がある、というような緩めの規制でした。

ところがこの規制の内容が2015年4月から更に改定が加えられて、3日3GBの通信で速度制限がかかるというようになりました。データ通信量自体は1GBから3GBと条件は緩和されましたが、速度規制が確実にかかるというように厳格化をされてしまいました。

この2つの点は新プランギガ放題が始まったことによる確実なデメリット・改悪と言えるでしょう。

朗報部分

速度規制は700kbps

ただメリットまでは行かないまでも、朗報と呼べる内容も同時に発表されています。

そのひとつは速度規制時に実際に出るスピードについてです。

速度規制がかかった場合、モバイル回線のほとんどが128kbps規制、あるいは200kbpsまで極端に速度を落とす規制の取り方をしています。ところがWiMAX2で規制がかかった場合には、700kbpsという少しは速度のあるレベルで規制値を設定しているようです。

700kbpsとは大体youtubeの標準画質の動画をスムーズに見れる速度のようです。この速度ならば動画やWebブラウジングには快適とは言い難いもののストレスの少ない使い方が出来るでしょう。

この規制時でも比較的高い通信速度は維持できるので、使いにくさはあるにしてもその他のモバイル回線よりも快適であることは確かなようです。

旧WiMAX端末からの機種変更で最新端末がタダで変更可能

もう一つの朗報は、旧WiMAX回線を所有している場合には、今回発表された3種類の最新端末に無料で機種変更することが出来ます。

「Speed Wi-Fi NEXT WX01」「Speed Wi-Fi NEXT W01」「URoad-Home2+」の3機種へと無料で交換することが出来ます。URoad-Home2+以外は最大速度220Mbpsという規制が無ければ超高速なモバイルWi-Fiルーターになるため、今までのWiMAX対応ルーターの中で最も使い勝手のいいものを手に入れることが出来るでしょう。

恐らく新規契約でキャッシュバック付きの契約もでてくるかもしれませんが、WiMAX端末の更新月がまだ来てない人には元手ゼロで新端末を使うことが出来るのは朗報と呼べるかもしれません。

 

このように新プランの開始によって、値上げと規制の厳格化が始まってしまいましたが、その一方で規制後の速度がある程度許容できる速度であり、既存ユーザーも0円で新端末を使えるということもあって、ある程度のいい部分も用意されています。

今後は新生活が始まるということで、このWiMAX2+の契約を検討している人もいるかと思いますが、自分の使い方と今回追加されたデメリットを天秤にかけて契約するかを考えたほうがいいでしょう。

 - WiMAX契約