キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

docomoの家族まとめて割とは?条件や活用方法をチェック

   

家族まとめて割というキャンペーンがドコモで行われています。

家族と名がついてますが、使い方によっては一人でも適用することが可能なキャンペーンです。今回はこの【家族まとめて割】の詳しい施策内容と活用方法を解説していきます。

家族まとめて割、どんな内容?

このドコモの家族まとめて割、では一体どういう施策内容なのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、5000円分スマホ本体から値引きをされるという特典と、10000円分毎月の通信料から値引きがされるという特典が両方とも受けられる、というものです。

詳しく条件を探ると、この2つを同時に適用されるには結構難しめな条件があるのですが、家族がドコモを使っている場合には比較的簡単にキャンペーンを利用することが出来るでしょう。

スマートフォンが安くなるだけ無く、家族の通信料も安く出来る可能性があるので、うまく施策を使って行きたい所だと思います。以下では適用条件をもっと詳しく解説します。

スポンサードリンク

家族まとめて割、適用条件

家族まとめて割には詳細な適用条件が記されています。ただその条件は特典によって異なります。このキャンペーンはスマートフォンの本体価格の割引と電話料金からの値引きという特典2つを、それぞれ別の適用条件を持って運用しています。ですのでこの2つの特典とその適用条件についてそれぞれ別に内容を解説します。

 

まずは特典1と名付けられているスマートフォン本体価格の値引きについての施策条件を解説します。

このキャンペーンを適用するには月々サポートと呼ばれる割引が発生するスマートフォン、タブレット、が対象です。iPhoneやiPadでもOKになります。

料金プランも指定されています。料金プランはカケホーダイ(スマホ/タブレット)、データプラン(スマホ/タブレット)のいずれかに加入することです。そしてデータパックとして「シェアパック10以上」「シェアオプション」への加入が条件としてあります。

そして最大の条件としては、2台以上を同じ家族グループで契約する必要があります。2台以上を同時にその場で契約した場合は、店頭その場で5000円の値引きが契約した台数分だけ行われます。
一方で同時には契約できない場合、その場合には5000円分を請求書上から通信費を5000円分引いて行きます。もしも請求書上の値引きをして0円になっても割引が余った場合には、さらに次の月も割引がおこなわれて、満額使い切るまで割引が行われます。

 

次は特典2についてです。

こちらは請求書から引いてくれる割引の特典です。こちらの割引を適用するには料金プランとして家族の代表回線がカケホーダイのシェアパック15か30への契約をしなければいけません。
そしてこの契約を2ヶ月後の1日まで継続させることで、代表回線から10000円の割引が行われる特典2の権利が発生します。

あとの条件は特典1と同じです。この特典2と特典1は同時適用出来るため、両方の条件は満たした場合には20000円以上の割引が行われるということになります。

 

家族まとめて割を使った活用方法

月々サポートをただで増やす

ここからは家族まとめて割の活用方法を考えてみます。
家族まとめて割は普通に使ってもお得な施策です。家族割のグループならば1人で2台同時の機種変更や新規契約で最大20000円の割引が行われます。

もちろんこの特典だけで利用価値のある内容ですが、もっとその効果をあげる活用方法があります。それは月々サポートを無料で延長、それも高い割引を持った月々サポートを加えることが出来ます。

その方法にはiPhone6を使います。そして機種変更で契約します。そうすることで割引を無料で(人によっては)増やすことが出来ます。何故無料かというと、機種変更で契約したiPhone6は売ってしまうからです。

なぜiPhone6を売るのか。今iPhone6は買取価格が未使用だと68000円付きます。ドコモのiPhone6は定価が73000円ですから、その差額は5000円です。ですが家族まとめて割を使えば5000円分が値引きされるので、買取価格と同じです0円で機種変更出来ることになります。

iPhone6を0円で機種変更するメリットはなんでしょうか。それは月々サポートが2500円もあることです。iPhoneを契約して売却するだけで、月々サポートという割引が2500円も毎月の携帯料金から割り引かれるのです。
今皆さん月々サポートがいくらあるのか確認してみて下さい。2500円以上ある人は確実に少ないと思います。特に長年ドコモを使っている場合には、高額な月々サポートというのは手に入りにくいので、確実に2500円の月々サポートのほうが高くなるでしょう。

そうです、2500円の月々サポートは今ドコモを使っている人にとっては大きな割引であり、今回の家族まとめて割とiPhone6の買取価格を合わせることで、0円で月々サポートを増強することが出来るのです。

更には特典2の10000円の請求書上からの割引も使えることが出来るので、実質的には0円以下で通信費を節約が出来るようになります。iPhoneを売った後は今使っているスマートフォンへSIMカードを差し替えればそのまま使えますので、心配入りません(ただしSIMサイズが違う場合があるので、アダプターやSIMサイズの交換をしておく必要があります)。

これが家族まとめて割を使った活用方法の一つになります。

 

以上家族まとめて割についての解説でした。

 - docomo, 割引キャンペーン