docomoのキャンペーン情報 2019年8月【機種変更/MNP/新規】

docomo

このページでは現在docomoで利用できる各種キャンペーンの情報についてをまとめておこうと思います。

docomoのキャンペーンは毎月微妙に適用条件が変更したり、機種変更やMNPといった契約によっても細かなキャンペーンが追加されたりと、その月に使えるものが数多くあり条件も複雑です。

ここではそうしたdocomoのキャンペーンの詳しい内容や条件、それに意地悪な注意点なども掘り下げた上で、今月に適用可能なものを全て網羅しておこうと思います。

またその月のキャンペーンを利用した場合のオススメ契約スマートフォンについても何点か挙げておきますので、docomoでの機種変更や新規・MNP契約の際の参考にしていただければと思います。

主要キャンペーン

docomoの学割2019

※こちらは終了していますが、今後実施されるであろう学割比較のために情報は残しておきます。

2018年12月1日から、docomoでは2019年版の学割の受付を行っています。

学割の対象条件としては例年と変更点は少なく、ほぼ同じ対象条件となっています。

  • 25歳以下
  • 新規かMNP契約
  • FOMAからの機種変更(契約変更、主にキッズケータイユーザーを想定)

という条件です。

 

主にMNPと新規が対象になると考えていいでしょう。

特典内容は

  • 13ヶ月間の1500円引き
  • 家族の回線数だと3500dポイントプレゼント(1月31日までの契約を対象)

となっています。

1500円引きによって学割回線が子回線の場合は、端末購入サポートの機種を契約しても1年間で維持費が280円しかかかりません。

そして家族のdocomo回線が多いほど得するdポイントプレゼント特典もあり、非常にお得感を感じる内容となっています。

 

注意点はdocomo withやウェルカムスマホ割と重複できず、割引自体はdocomo with等が優先されます。しかしdポイントプレゼント特典は適用されるので、そちら目的で契約しても良いかと思います。

 

ちょうどこの学割期間中には、iPhone XRがMNPと新規で一括25920円という大幅な値下げ施策が入ることによって、学割向けスマホとして安売りされることになっています。

もしもdocomoで学割を適用して契約したい場合には、こちらのiPhone XRを選択すると端末代の支払いが安く済むのに非常に高性能なスマホを手に入れることが出来てしまいます。

 

 

docomoの学割2018

※こちらは終了していますが、実施中の学割比較のために情報は残しておきます。

2017年12月27日からdocomoでは2018年度版の学割の受付を行っています。

この学割は昨年に比べて条件などが大きく変わっている点があるため、再度受けようと思った際には注意が必要になっています。

25歳以下で新規とMNPが中心、機種変更はFOMAからのみ

昨年は端末購入の必要性がなかったdocomoの学割ですが、今年は端末購入が必要な内容に変更となっています。

学割適用の条件としては以下の条件を満たす必要があります。

  • 25歳以下
  • 新規・MNP契約、既存ユーザーはFOMA契約からの機種変更(契約変更)

この2つです。

25歳以下であれば学生でなくてもこちらの学割を受けられる可能性があります。ただし必要な契約として新規かMNPでの契約が求められます。既存ユーザーはFOMAから機種変更すれば受けられますが、今25歳以下のユーザーでFOMA回線を持っているパターンというのはキッズケータイぐらいしかないでしょう。

このように学割の条件としては通常の機種変更が対象ではなく、新規やMNPが中心になります。そのため去年に比べてハードルは高めです。

特典は割引とポイント

学割で得られるのは2つの特典です。

  • 1年間1500円割引
  • 家族一人につき3000dポイントプレゼント

この2つの特典が用意されています。

主な特典としては割引となっており、毎月1500円の割引が12ヶ月適用されます。こちらを適用すると、シンプルプラン+シェアオプションの維持費が280円にまで下がることになります。ここに月々サポートが適用されるため、端末代を一括で支払えば0円で1年間利用することがほぼ可能になるかと思います。

ポイント特典は学割本人だけではなく、学割を適用する家族グループに所属する家族全員に3000ポイントづつプレゼントされます。家族分プレゼントされるため、ファミリー割引内の家族が多ければ多いほどお得になります。

 

みんなドコモ割

ドコモでは新料金プランのギガホ・ギガライトの割引サービスとして「みんなドコモ割」を用意しています。

この割引は「家族の人数に応じて最大1,000円引きを行う」というものです。

割引が発生するのは家族で2回線契約している場合と、3回線以上契約している場合です。

  • 家族で1回線:0円
  • 家族で2回線:▲500円
  • 家族で3回線以上:▲1,000円

3回線以上契約してても割引が増えないのはデメリットですが、一般的な家庭においてはピッタリな形の割引になるかと思います。

ギガライトの一番安いプランでもこちらの割引は平等に適用されるため、家族でドコモを使う人にとっては非常にお得な割引になってくれるはずです。

適用にはファミリー割引を家族間で組むだけという非常に簡単な方法で適用されるため、こちらの存在はドコモを使う上で覚えておきたい内容です。

 

ドコモ光セット割

ドコモ光とのセット割も用意されているため、ドコモを使うのであれば光回線もドコモ光に合わせると料金が安くなります。

ドコモ光セット割は▲500円と▲1,000円の2つの割引が用意されており、500円の割引はギガライトのステップ2(3GBまで)から適用され、1,000円の割引はステップ3(5GBまで)以降で使われます。

一番安いプランであるステップ1ではドコモ光を契約していても割引が発生しない点は注意してください。

家族回線全て割り引くため、3人家族なら3,000円、5人家族なら5,000円と安くなるために、ドコモ回線が多い状況ならばドコモ光の月額以上の割引を手に入れることも可能になっています。

うまく使えば光回線を実質無料で利用することもできるでしょう。

 

dカード GOLD還元

ドコモ光をもしも契約する場合にはdカード GOLDも一緒に契約をするといいでしょう。

その理由は「dカード GOLDを持っているとそのスマホの料金とドコモ光の料金からそれぞれ10%をdポイントで毎月還元してくれるから」です。

ドコモの維持費とドコモ光の維持費を合わせた場合、最低でも6,000円、平均的な金額となると合計1万円前後はかかってくることになるかと思います。

そうなった場合に毎月10%=600~1,000dポイント以上を還元ポイントとして受け取れるというのは非常に大きな特典になってくるはずです。

他にもdカード GOLDには特典が複数あるため、そちらも考慮すればかなり料金全体を節約することができるでしょう。

 

ギガホ割

ギガホ割はその名の通りで「ギガホ」プランを契約した人が得られる割引です。

2019年9月30日までにギガホを契約した人に、6ヶ月間1,000円割引が得られるという割引になっています。

これによって30GBまで5,980円で利用でき、ここに別途みんなドコモ割などが適用されます。

 

ずっとドコモ特典

ずっとドコモ特典はいわゆる長期利用者特典です。

dポイントクラブのステージ(決定は主に契約年数)に応じてdポイントが誕生月に貰えるという特典です。

  • 15年以上:プラチナステージ:3,000dポイント
  • 10年以上:4thステージ:2,000dポイント
  • 8年以上:3thステージ:1,500dポイント
  • 4年以上:2ndステージ:1,000dポイント
  • 4年未満:1stステージ:500dポイント

といった感じで毎年dポイントが貰える特典が用意されています。

ステージは契約年数以外にもdポイント獲得数によっても上昇しますが、dポイント獲得数の判定が半年の期間かつ結構高額を得ないとダメなために安定感はありません。

そのためステージ数の決定は契約年数によると考えて良いでしょう。

長期契約特典として機能しているキャンペーンなのでこちらは要チェックです。

 

下取りプログラム

下取りプログラムは他社で使っていたiPhoneやdocomoで使っていたスマートフォン全般を下取りしてドコモポイント還元をしてくれるキャンペーンです。

新規・MNP・機種変更で実施していますが、Androidスマホは機種変更のみでしか取り扱っていません。また下取り還元金額の内容からも、全般的にiPhoneの優遇が目立つキャンペーンになっています。

金額は頻繁に変わるため、HP上での確認を随時しておく必要があります。

下取りプログラム キャンペーン詳細

機種変更でAndroidスマホを下取りに出す場合は、GALAXYやXperiaといった人気のスマートフォンが高額な下取り金額を示しているため、将来的に高額な下取りを期待できるという意味でAndroidへ機種変更するときはこの2機種を優先的に考えたほうが良いかもしれません。

 

なお2017年9月から、ドコモオンラインショップ経由での下取り値が下げられてしまう現象が解消され、ドコモオンラインショップ経由でも店頭と同じ下取り金額になりました。

これにより、事務手数料無料の特典のあるドコモオンラインショップ経由で下取りしたほうが2160円分お得に下取りをすることが出来るようになりました。郵送の下取りタイプのほうがデータ移行などの時間もとれるので、下取りプログラムを利用する際にはドコモオンラインショップで購入した上で郵送を選ぶと便利にお得に下取りを使うことが出来ます。

 

はじめてスマホ割

はじめてスマホ割とは機種変更もしくはMNPでフィーチャーフォン(ガラケー)からスマホへとのりかえを行う人を対象にした割引です。

毎月1,000円の割引がギガライトのステップ1(1GBまで)でも適用できるために結構大きな特典となっています。

これから初めてスマホを使うライトユーザーや中高年世代に対してスマホ契約をおすすめしやすいキャンペーンになっています。

最安では1GBのギガライトが毎月980円で使えるようになるため、スマホを安いままに利用することが出来ます。

 

更新ありがとうポイント

ずっとドコモ割と同じキャンペーンの一部として、更新ありがとうポイントがあります。

こちらはいわゆる2年縛りのプランを選択した場合に、2年ごとの更新月に引き続き2年縛りのプランコースを選択した場合に、3,000ポイントのdポイントを付与するというキャンペーンです。

2年縛りのないプラン、フリーコースを選ぶとこちらのポイントは貰えず、ずっとこれからもdocomoを使うユーザー向けの特典となっています。

 

子育て応援プログラム

小さいお子さんがいる方は学割と合わせてこちらのキャンペーンがあるためにdocomoと契約するのが非常にお得になります。

子育て応援プログラムは12歳になるまで継続して特典が続くキャンペーンで、

  • 1年ごとにdポイントが3,000ポイント貰える
  • dフォト最大13ヶ月無料
  • ドコモクラウド容量50GBをプラスし、小学校卒業まで無料

という特典が得られます。

毎年3000dポイントが貰えるというのは非常に大きな特典です。

また今ならdショッピングなどで最大50%ポイント還元の特典もこの子育て応援プログラムに加入していれば得ることができるため、恐らく他の通販サイトなどとは比較にならないぐらいお得な買い物も可能になっています。

 

月額無料で申し込みに少しだけ手間がかかるぐらいしかデメリットもないため、小さいお子さんを持つ方はdocomoへと家族そろって契約していくのがいいでしょう。

 

 

 

ドコモオンラインショップ限定キャンペーン

頭金・事務手数料・送料無料キャンペーン

オンラインショップであれば以下のようなお得なメリットが用意されています。

①頭金と事務手数料が0円:本来端末代とは異なる形で支払いが必要になってくる頭金と事務手数料という要素ですが、これがオンラインショップに限って0円で契約することが出来ます。オンラインショップがお得な理由の最たる内容がこちらの特典・メリットです。

②自宅で申し込みから受け取りまで可能:オンラインショップのその特徴として大きいのは時間をかけずに契約することができる点です。自宅から申し込みをすることができるわけですが、その申し込み時間自体が数分で済んでしまう上にそこからは自宅に宅配が届くのを待つだけで良いという気軽さが用意されています。

③最近はチャットで質問にも答えてくれる:これまでオンラインショップは自分のプランが分かっている人なんかが利用できる少しハードルの高い契約場所でしたが、最近はチャットでリアルタイムに質問を行うことができるようになったことで、プランなどの理解が足らなくても質問をしながら契約を行うことができるようになっています。このため初心者の人でもこれまで以上の不安なところを解消しながら契約することができます。

こうした理由からオンラインショップの利用をオススメしています。

docomoの契約をする上でお得さでは飛びぬけたショップとなっています。

 

ドコモオンラインショップ

 

 

 

以上がdocomoのキャンペーン、今月分になります。

基本はどのキャンペーンも適用しておきたいところですが、特に機種変更はドコモオンラインショップの無料キャンペーンが非常にお得になっているので、機種変更だけはオンラインショップを使うように意識したほうが良いでしょう。

コメント