docomoのキャンペーン情報 2018年12月【機種変更/MNP/新規】

docomo

このページでは現在docomoで利用できる各種キャンペーンの情報についてをまとめておこうと思います。

docomoのキャンペーンは毎月微妙に適用条件が変更したり、機種変更やMNPといった契約によっても細かなキャンペーンが追加されたりと、その月に使えるものが数多くあり条件も複雑です。

ここではそうしたdocomoのキャンペーンの詳しい内容や条件、それに意地悪な注意点なども掘り下げた上で、今月に適用可能なものを全て網羅しておこうと思います。

またその月のキャンペーンを利用した場合のオススメ契約スマートフォンについても何点か挙げておきますので、docomoでの機種変更や新規・MNP契約の際の参考にしていただければと思います。

主要キャンペーン

docomoの学割2019

2018年12月1日から、docomoでは2019年版の学割の受付を行っています。

学割の対象条件としては例年と変更点は少なく、ほぼ同じ対象条件となっています。

  • 25歳以下
  • 新規かMNP契約
  • FOMAからの機種変更(契約変更、主にキッズケータイユーザーを想定)

という条件です。

 

主にMNPと新規が対象になると考えていいでしょう。

特典内容は

  • 13ヶ月間の1500円引き
  • 家族の回線数だと3500dポイントプレゼント(1月31日までの契約を対象)

となっています。

1500円引きによって学割回線が子回線の場合は、端末購入サポートの機種を契約しても1年間で維持費が280円しかかかりません。

そして家族のdocomo回線が多いほど得するdポイントプレゼント特典もあり、非常にお得感を感じる内容となっています。

 

注意点はdocomo withやウェルカムスマホ割と重複できず、割引自体はdocomo with等が優先されます。しかしdポイントプレゼント特典は適用されるので、そちら目的で契約しても良いかと思います。

 

ちょうどこの学割期間中には、iPhone XRがMNPと新規で一括25920円という大幅な値下げ施策が入ることによって、学割向けスマホとして安売りされることになっています。

もしもdocomoで学割を適用して契約したい場合には、こちらのiPhone XRを選択すると端末代の支払いが安く済むのに非常に高性能なスマホを手に入れることが出来てしまいます。

 

 

docomoの学割2018

※こちらは終了していますが、実施中の学割比較のために情報は残しておきます。

2017年12月27日からdocomoでは2018年度版の学割の受付を行っています。

この学割は昨年に比べて条件などが大きく変わっている点があるため、再度受けようと思った際には注意が必要になっています。

25歳以下で新規とMNPが中心、機種変更はFOMAからのみ

昨年は端末購入の必要性がなかったdocomoの学割ですが、今年は端末購入が必要な内容に変更となっています。

学割適用の条件としては以下の条件を満たす必要があります。

  • 25歳以下
  • 新規・MNP契約、既存ユーザーはFOMA契約からの機種変更(契約変更)

この2つです。

25歳以下であれば学生でなくてもこちらの学割を受けられる可能性があります。ただし必要な契約として新規かMNPでの契約が求められます。既存ユーザーはFOMAから機種変更すれば受けられますが、今25歳以下のユーザーでFOMA回線を持っているパターンというのはキッズケータイぐらいしかないでしょう。

このように学割の条件としては通常の機種変更が対象ではなく、新規やMNPが中心になります。そのため去年に比べてハードルは高めです。

特典は割引とポイント

学割で得られるのは2つの特典です。

  • 1年間1500円割引
  • 家族一人につき3000dポイントプレゼント

この2つの特典が用意されています。

主な特典としては割引となっており、毎月1500円の割引が12ヶ月適用されます。こちらを適用すると、シンプルプラン+シェアオプションの維持費が280円にまで下がることになります。ここに月々サポートが適用されるため、端末代を一括で支払えば0円で1年間利用することがほぼ可能になるかと思います。

ポイント特典は学割本人だけではなく、学割を適用する家族グループに所属する家族全員に3000ポイントづつプレゼントされます。家族分プレゼントされるため、ファミリー割引内の家族が多ければ多いほどお得になります。

 

 

家族まとめて割

現在docomoで主要なキャンペーンとして展開されているのが「家族まとめて割」です。

家族まとめて割は名前の通り家族と同時に契約することを前提とした2台以上の契約に適用されるキャンペーンです。

条件は次の通りです。

  • 個人もしくは家族間で家族割に加入しているファミリーグループ間で2回線以上の同月契約
  • 機種変更・MNP・新規契約が対象
  • シェアパック5以上

特典は次の通りです。

  • 最大5184円の割引

家族まとめて割は適用によって機種変更はもちろんMNPでの実質価格も大きく値引きしてくれる可能性があるため、出来る限り適用しておきたい割引キャンペーンです。

かつては1万円を超える割引にもなりましたが、現在は総務省の実質0円規制によって割引額が5184円と低い金額に固定されています。

その代わり従来のシェアパック15以上という高額プランの条件がシェアパック5以上と緩和されています。この緩和はもしかしたら2017年2月3月限定の緩和かもしれません。今までシェアパック5では適用できなかったのが、年度末にかけて大きく緩和されました。

これ以外にも適用対象機種というのが2016年から指定されるようになり、2台目の契約として家族まとめて割のカウント対象にはなるものの、割引自体は非適用となる機種がいくつかあります。主にタブレットとらくらくスマートフォン、そして一部の低価格スマホです。

これらは相方となる同時期に買ったスマートフォンの割引を有効にはしますが、自らの契約においては家族まとめて割が対象外という扱いになります。

かつてよりも条件自体は緩和されましたが、割引額の減少と一部スマートフォンにおいて割引対象外などが追加されています。

それでも未だに割引効果の高いキャンペーンとなっているので、なるべくなら適用を考えたい契約となっています。

 

注目!:ドコモオンラインショップ限定特典

ドコモオンラインショップでは12月1日からオンラインショップ限定特典と言われているオリジナルの割引セールを実施しています。

これにより今多くのスマホが最安で契約できるのがドコモオンラインショップということになっています。

この割引は上記の家族まとめて割を原資にしていますが、家族まとめて割と違うところとして、

1台からでも家族まとめて割と同じ金額の割引をドコモオンラインショップ契約には適用できる

という特徴があります。

このオンラインショップ限定特典は家族まとめて割を1台からでも特別に適用できるという割引になっており、2台以上契約が必要な家族まとめて割よりも便利でお得なキャンペーンが行われています。

5184円分の還元は契約の仕方によって異なります。

MNP/新規/機種変更:5184円引き

 

12月1日からは、ドコモオンラインショップで契約するのが一番オトクになるでしょう。

 

 

下取りプログラム

下取りプログラムは他社で使っていたiPhoneやdocomoで使っていたスマートフォン全般を下取りしてドコモポイント還元をしてくれるキャンペーンです。

新規・MNP・機種変更で実施していますが、Androidスマホは機種変更のみでしか取り扱っていません。また下取り還元金額の内容からも、全般的にiPhoneの優遇が目立つキャンペーンになっています。

金額は頻繁に変わるため、HP上での確認を随時しておく必要があります。

下取りプログラム キャンペーン詳細

機種変更でAndroidスマホを下取りに出す場合は、GALAXYやXperiaといった人気のスマートフォンが高額な下取り金額を示しているため、将来的に高額な下取りを期待できるという意味でAndroidへ機種変更するときはこの2機種を優先的に考えたほうが良いかもしれません。

 

なお2017年9月から、ドコモオンラインショップ経由での下取り値が下げられてしまう現象が解消され、ドコモオンラインショップ経由でも店頭と同じ下取り金額になりました。

これにより、事務手数料無料の特典のあるドコモオンラインショップ経由で下取りしたほうが2160円分お得に下取りをすることが出来るようになりました。郵送の下取りタイプのほうがデータ移行などの時間もとれるので、下取りプログラムを利用する際にはドコモオンラインショップで購入した上で郵送を選ぶと便利にお得に下取りを使うことが出来ます。

 

ウェルカムスマホ割

2018年11月から始まったキャンペーンにはウェルカムスマホ割があります。

こちらは13ヶ月間1500円(税込み1620円)の割引が適用されるという内容になっており、最初の1年はかなり強烈な割引を受けることができるようになります。

対象となるのは「初めてスマホを利用するユーザー」です。

これまでFOMAのガラケーやらくらくホン・キッズケータイを契約している人が新しくスマートフォンを契約する際に適用されます。

機種変更の場合には最新の購入端末がFOMAでらくらくスマホではないことが条件となります。MNPの場合は他社で利用している回線がガラケーであることの証明が必要となります。

これまでスマホを使ってきているユーザーは対象外ということで、あまりメリットが感じられないかもしれませんが、キッズケータイなんかでも割引が増えるようになっているので、子供のスマホ切り替えといったところで考えてみてもいいかもしれません。

今なら機種変更向けに安いスマホが多くあるので、そちらの中から子供向けに機種変更をさせれば価格が安いだけでなく維持費も1年ですが安くなるということでお得な契約が可能になってきます。

 

端末購入サポート

docomoでは一部のスマートフォンのMNPおよびタブレットの新規契約時に、一括価格で非常に安い金額で契約できるようなキャンペーン価格を用意しています。

このキャンペーンは端末購入サポートと呼ばれるもので、14ヶ月の短期解約金を増幅させることで短期解約を防ぎ、その代わりに一括で契約しやすい販売価格で購入することができます。

特に今はタブレット各種がこのキャンペーンによって一括0円~で販売されており、14ヶ月以上使う予定ならば相当に安い金額で契約が可能となっています。

12月からはiPhone 8、iPhone XRなどが対象に

この端末購入サポート適用スマホの中で今月に買えるスマホとしてお買い得なのが

  • iPhone XR(MNP/新規)
  • iPhone 8(MNP/契約変更)
  • iPhone X(MNP)
  • Galaxy S9(MNP/新規)
  • Xperia XZ2 compact SO-05K(MNP/新規)
  • Xperia XZ1 compact SO-02K(MNP/契約変更)
  • Xperia XZ1 SO-01K(MNP/契約変更)

の7機種です。

 

機種変更で格安のスマホへと交換したかったユーザーや、新規で回線を追加契約したかったユーザーなんかもいると思いますが、この7機種は今そんなユーザーに本当にオススメしたい格安機種となっています。

機種変更を考えていても価格の高さから諦めていた人でも、これらの機種なら一括の払いきりの値段がこちらになっていますから、非常に購入しやすいものになっています。

特にiPhone 8はMNP一括10368円という安さ、iPhone XRも一括25920円という安さですので、こちらは非常にオススメできます。

 

ずっとドコモ割プラス

期間が指定されず、docomo回線契約中は毎月割引特典が適用される長期優遇サービスがこちらです。

4年以上の契約者(条件によっては4年未満でも)から毎月長期ユーザー向けの割引が追加されて安くなります。契約期間と契約プランによって割引が増減されますが、契約期間が長ければ長いほど低料金プランからでも大きめの割引が入ってくるので、docomoは長く付き合っていく価値のあるキャリア回線です。

dポイントクラブのステージによって還元されるポイントは異なりますが、最もお得な還元が行われるのは15年以上docomoを使っていたユーザーが対象となります。

また年数以外にも6ヶ月間に獲得したdポイントの額によってもステージが上がる可能性があり、現在の契約期間よりもdポイントの獲得数がステージ設定値よりも上回っている場合、規定年数契約をし続けていなくても上位ステージの特典を得ることが出来ます。

従来のずっとドコモ割から「ずっとドコモ割プラス」へと変化し、割引を選べるほかにポイント還元を選択することも可能になっています。ポイント還元だと割引よりも1.2倍(税込換算で1.1倍)還元額が増えますので、dポイントを使って買い物などをする場合にはポイント還元特典を選びましょう。

具体的な金額は以下の表より確認してください。

 

更新ありがとうポイント

ずっとドコモ割と同じキャンペーンの一部として、更新ありがとうポイントがあります。

こちらはいわゆる2年縛りのプランを選択した場合に、2年ごとの更新月に引き続き2年縛りのプランコースを選択した場合に、3,000ポイントのdポイントを付与するというキャンペーンです。

2年縛りのないプラン、フリーコースを選ぶとこちらのポイントは貰えず、ずっとこれからもdocomoを使うユーザー向けの特典となっています。

 

 

docomo with

少しキャンペーン割引とは異なる性質ですが、一度契約してしまえば次に機種変更するまで同じ割引金額(1620円)がずっと続いていくという大変お得な割引が始まっています。

それが【docomo with】と呼ばれる割引です。

こちらは対象となるスマホを購入することが条件となりますが、「機種変更しない限りずっと割引が続く」というこれまでのdocomoスマホにはない強みを持っています。

対象スマホは多くあり、機能性に優れたAndroidと性能に優れたiPhone 6sというのが用意されています。

特にiPhone 6sの登場は衝撃的で、ずっと続く割引を活かせる高性能なスマホが少なかった中で性能が結構高いiPhone 6sもdocomo withで契約できるようになっています。

iPhone 6sであれば2年以上利用し続けてもゲームなどをしない限りはある程度快適に使えるだけの実力を持っているため、長期間スマホの機種変更などをしないという人にはこのdocomo withをオススメしたいです。

中高年や年配の方はあまりスマホの性能にこだわらない、機種変更の機会も少ないですから、こちらのdocomo withを長く使ってもらえれば家族全体の維持費削減につながることになります。

 

詳しくは以下より確認してください。

シンプルプランとdocomo withを解説!2つの組み合わせで月額280円とdocomoの料金が安くなる | キャリスマ

 

 

ドコモオンラインショップ限定キャンペーン

頭金・事務手数料・送料無料キャンペーン

ドコモオンラインショップでは特に機種変更で一番安く契約できるキャンペーンが続いています。

機種変更の場合だとショップでは値引きがほとんどないどころか、むしろ利益を出すために頭金などによる「値上げ」が行われています。

そのため機種変更においては頭金が安いショップを探すのもお得なキャンペーンを適用するよりも大事なわけですが、ドコモオンラインショップではこの頭金はもちろんのこと、「必ず発生する」はずの事務手数料も特別に無料になるなどの大きなメリットが存在します。

※事務手数料無料はMNPと新規でも実施されました。これによりMNP一括10368円のiPhone 8なんかはオンラインショップが最安級となっています。

ドコモオンラインショップは機種変更をするユーザーは使わないと損する隠れ優良店 | キャリスマ

機種変更をするならばこの頭金と事務手数料が無料になっている内にドコモオンラインショップで行うのが一番お得となっています。この無料キャンペーンは機種変更において非常に助かる内容になるため、利用するように意識しておきましょう。

ドコモオンラインショップ限定キャンペーン

ドコモオンラインショップでは定期的に限定キャンペーンを実施しており、こちらを利用することで通常よりもお得な契約をすることが出来てきます。

基本的にキャンペーンはdポイントを還元するタイプのものが多く、非商戦期は高額なポイントを抽選で、商戦期の場合には多額のポイントをドコモオンラインショップ利用者で均等に山分けするタイプのキャンペーンがあります。

比較的当選人数も多く、山分けとなる元のポイント数も多いので、現在行われているドコモオンラインショップのキャンペーンは要確認でしょう。

 

12月のドコモオンラインショップはキャンペーンが凄すぎる

なお12月のドコモオンラインショップに関しては、ちょうど10周年キャンペーンが実施されているため、猛烈にお得な契約を行うことが出来るようになっています。

先ほど紹介した5184円の限定割引に加えて、

  • 39人に1人に当たる10000dポイント
  • スマホ別で景品が当たる抽選会
  • 全員対象で景品が当たる抽選会

という3つの抽選系のイベントキャンペーンを実施します。

これによって5184円安くなるという大きなメリットだけでなく、抽選ではあるものの比較的当選確率の高い特典を得やすいものになっています。

スマホ別の景品は機種によっては非常に豪華なものもあるので、ぜひオンラインショップでチェックしてみて下さい。

 

ドコモオンラインショップ

 

またこの他にdポイント向けのキャンペーンでdケータイ払いプラスを使って指定のショッピングサイトを利用した際に、最大26倍のポイント還元が得られるキャンペーンなんかも実施しています。これと連動してドコモオンラインショップで購入した人に対してポイントが貯まりやすくなるというキャンペーンも実施されているので、こちらも要チェックしてみてください。

 

以上がdocomoのキャンペーン、12月分になります。

基本はどのキャンペーンも適用しておきたいところですが、特に機種変更はドコモオンラインショップの無料キャンペーンが非常にお得になっているので、機種変更だけはオンラインショップを使うように意識したほうが良いでしょう。

コメント