キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

docomoのキャンペーン情報 2017年2月【機種変更/MNP/新規】

   

このページでは現在docomoで利用できる各種キャンペーンの情報についてをまとめておこうと思います。

docomoのキャンペーンは毎月微妙に適用条件が変更したり、機種変更やMNPといった契約によっても細かなキャンペーンが追加されたりと、その月に使えるものが数多くあり条件も複雑です。

ここではそうしたdocomoのキャンペーンの詳しい内容や条件、それに意地悪な注意点なども掘り下げた上で、今月に適用可能なものを全て網羅しておこうと思います。

またその月のキャンペーンを利用した場合のオススメ契約スマートフォンについても何点か挙げておきますので、docomoでの機種変更や新規・MNP契約の際の参考にしていただければと思います。

主要キャンペーン

春のおとりかえ割

「冬のおとりかえ割」から名称を変えてサービスを継続しているのが「春のおとりかえ割」です。

こちらはいきなりiPhone 7やAndroidスマホの最新冬モデルを機種変更で5184円も割引を増額させてくれる実質的な値引きキャンペーンです。

iPhone 7やXperia XZ,X compactと最新モデルを購入するのに非常に助かるものになっています。機種変更をする予定であればこのキャンペーンが実施されている機種を購入すれば、性能が良いものを安い価格で手に入れることが出来るでしょう。条件は特になく、月々サポートの適用がされる対象機種を購入すれば自動適用となります。

特に目立って安くなるのはiPhone 7、Xperia X compact、Xperia X Performanceでしょうか。Xperia X Performanceのみ夏モデルにはなりますが、性能の高さを考えれば夏モデルだからといって特に最新冬モデルに劣っている点はほとんど見られません。

この割引によって機種変更価格ではこれまでの最安値を更新するスマホがほとんどのため、こちらのキャンペーンは年度末にむけて最新モデルへの買い替えを検討している人に非常に助かるものになっています。

docomoの学割2017

2017年1月20日から5月31日にかけて学割の受付が始まりました。

今年のdocomoの学割は3キャリアの中でもかなり期待のできる内容となっているので、そちらを確認していきましょう。

既存docomoユーザーは端末の購入をする必要がなく学割適用可能

今年のdocomoの学割は新規/MNPのみならず既存のユーザーでも適用することが出来ます。そして既存のユーザーにおいては端末購入を伴う機種変更をする必要がなく、25歳以下という条件を満たすことが出来ていれば指定の料金プランへの変更をすることで学割が自動的に適用されるという画期的な条件で運用がされています。

詳しい条件は以下の通りです。

docomogaku2017

既存のユーザーは「ウルトラ」と名前の付いたパケットパックへの加入によって2017年の学割を、機種変更などせずに受けることが出来ます。

  • 新規とMNPは毎月1080円の割引と追加でU25応援割の540円の割引で合計1620円の割引が1年間。
  • 既存のユーザーは毎月1000dポイントの配布とU25応援割の540円割引の合計12000ポイントと毎月540円割引。

(U25応援割はカケホーダイライトの場合は540円割引は発生しない)

というものがこの学割によって得ることが出来ます。

割引施策としてはこの1000円相当の還元がメインになり、金額としてはそれほど大きくはないのですが、既存ユーザーが機種変更をしなくてもよく、更に古い学割2016との併用が可能で、シェアオプション回線での適用も問題なく出来るようになっているので、うまく月々サポートと割引を合わせると月額が0円(ユニバーサル料金の2円)という運用も可能になってきます。

通信料割引以外にも特典が

この他に学割では

  • dTVやdマガジンが実質無料で8月まで試せる500ポイントプレゼント特典
  • 3月~6月までdポイント加盟店の商品が無料で貰える<ゴチ4>
  • 家族を紹介する形で新規契約をすると紹介回線に1万ポイントプレゼント

といった各種サブ特典が用意されています。

SoftBankのスーパーフライデー対抗のゴチ4などは結構うれしい特典にはなるかと思うので、学割は3月前に受けられるようにしておくといいでしょう。

 

ドコモにチェンジ割

元々iPhone 7向けのMNPキャンペーンだったドコモにチェンジ割が、Xperia XZとXperia X compact、そして一部冬モデルも対象となりました。

割引額は1ヶ月800円引きというものを1年間実施してくれる結構高額なキャンペーン内容です。docomoのMNP特典としては月々サポートが各機種増額されるというやり方が多いですが、それに加えてこちらの割引増額をiPhone以外も利用にできるようになったので、docomoへのMNPはこれまで以上にしやすいものになっているのは確かでしょう。

MNP限定ではあるものの、通常の月サポ増額と合わせて1年間は格安な料金プランでの運用が可能になってくるキャンペーンです。

 

家族まとめて割

現在docomoで主要なキャンペーンとして展開されているのが「家族まとめて割」です。

家族まとめて割は名前の通り家族と同時に契約することを前提とした2台以上の契約に適用されるキャンペーンです。

条件は次の通りです。

  • 個人もしくは家族間で家族割に加入しているファミリーグループ間で2回線以上の同月契約
  • 機種変更・MNP・新規契約が対象
  • シェアパック5以上

特典は次の通りです。

  • 最大5184円の割引

家族まとめて割は適用によって機種変更はもちろんMNPでの実質価格も大きく値引きしてくれる可能性があるため、出来る限り適用しておきたい割引キャンペーンです。

かつては1万円を超える割引にもなりましたが、現在は総務省の実質0円規制によって割引額が5184円と低い金額に固定されています。

その代わり従来のシェアパック15以上という高額プランの条件がシェアパック5以上と緩和されています。この緩和はもしかしたら2017年2月3月限定の緩和かもしれません。今までシェアパック5では適用できなかったのが、年度末にかけて大きく緩和されました。

これ以外にも適用対象機種というのが2016年から指定されるようになり、2台目の契約として家族まとめて割のカウント対象にはなるものの、割引自体は非適用となる機種がいくつかあります。主にタブレットとらくらくスマートフォン、そして一部の低価格スマホです。

これらは相方となる同時期に買ったスマートフォンの割引を有効にはしますが、自らの契約においては家族まとめて割が対象外という扱いになります。

かつてよりも条件自体は緩和されましたが、割引額の減少と一部スマートフォンにおいて割引対象外などが追加されています。

それでも未だに割引効果の高いキャンペーンとなっているので、なるべくなら適用を考えたい契約となっています。

 

下取りプログラム

下取りプログラムは他社で使っていたiPhoneやdocomoで使っていたスマートフォン全般を下取りしてドコモポイント還元をしてくれるキャンペーンです。

新規・MNP・機種変更で実施していますが、Androidスマホは機種変更のみでしか取り扱っていません。また下取り還元金額の内容からも、全般的にiPhoneの優遇が目立つキャンペーンになっています。

金額は頻繁に変わるため、HP上での確認を随時しておく必要があります。

下取りプログラム キャンペーン詳細

機種変更でAndroidスマホを下取りに出す場合は、GALAXYやXperiaといった人気のスマートフォンが高額な下取り金額を示しているため、将来的に高額な下取りを期待できるという意味でAndroidへ機種変更するときはこの2機種を優先的に考えたほうが良いかもしれません。

2016年7月からはこの下取りプログラムの下取り金額が非常に高額になった機種が増えています。ドコモ発売モデルでは2015年のものはほぼ20,800ポイントほどに、2014年のスマホでは一部で20,800、他にも10,400ポイントが獲得可能になっています。

これにより機種変更およびMNPでの実質0円級スマホというものが生まれており、最新のXperia X Performance SO-04HがMNPで0円、機種変更でもNexus 5XやAQUOS Compactが実質0円となっています。

今一番還元金額が高いキャンペーンとなっているため、これからdocomoのスマートフォンを契約する予定ならばこの下取りは絶対に使うべきキャンペーンになっています。

※2016年12月、この下取りプログラムの金額がまた通常状態に戻ってしまいました。そのため10月までのようなお買い得さはなくなってしまっています。

それでもいまあるキャンペーンの中では高額な割引が期待できるものになっているので、活用していく価値は十分にあるでしょう。

 

 

※終了:docomoの学割2016

5月末までは25才以下ならば学割の対象にもなります。

適用条件は以下の通り

  • 25歳以下
  • 指定スマートフォン(iPhone、Android)
  • 新規とMNP、機種変更は18ヶ月以上機種変更していない回線のみ
  • U25応援割の適用が前提
  • シェアパック15以上、またはデータMパック以上

特典の内容は次の通り

  • 最大3年間6GBのデータ通信量を追加
  • 1年間1800円の割引が毎月適用

一応機種変更でも適用可能となるものの、若干条件的に厳しい内容になっています。また低価格のミドルスペックスマホでは適用できないため、iPhoneなどのしっかりとしたスマートフォンを契約したほうがお得になるでしょう。

5月末までとなっているので、なるべく早めに契約をしておきましょう。

端末購入サポート

docomoでは一部のスマートフォンのMNPおよびタブレットの新規契約時に、一括価格で非常に安い金額で契約できるようなキャンペーン価格を用意しています。

このキャンペーンは端末購入サポートと呼ばれるもので、14ヶ月の短期解約金を増幅させることで短期解約を防ぎ、その代わりに一括で契約しやすい販売価格で購入することができます。

特に今はタブレット各種がこのキャンペーンによって一括0円~で販売されており、14ヶ月以上使う予定ならば相当に安い金額で契約が可能となっています。

2月にはiPhone SEとMONO MO-01J、更にはXperia X compact SO-02Jが対象に

この端末購入サポート適用スマホの中で2月に買えるスマホとしてお買い得なのが

  • iPhone SE
  • MONO MO-01J
  • Xperia X compact SO-02J

の3つです。

この3機種はiPhone SEとXperiaが一括15552円、MONO MO-01Jで一括648円というdocomoのスマホとしては激安価格で購入できるようになっています。

機種変更で格安のスマホへと交換したかったユーザーや、新規で回線を追加契約したかったユーザーなんかもいると思いますが、この3機種は今そんなユーザーに本当にオススメしたい格安機種となっています。

機種変更を考えていても価格の高さから諦めていた人でも、これらの機種なら一括の払いきりの値段がこちらになっていますから、非常に購入しやすいものになっています。

特にXperiaは過去最安かつ防水など多くの機能を含んだスマホとして非常にお買い得になっています。

 

感謝の気持ちスマホ割

いわゆる長期ユーザー向けの施策がこちら。

4年以上docomoと継続契約している回線を対象機種へと機種変更すると、毎月216円の割引が適用されます。

216円と聞くと割引としては安過ぎる印象を持ちますが、実はdocomoでは同じく長期ユーザー向けの割引として「ずっとドコモ割」を実施しています。このずっとドコモ割の割引をわずかながらに増額させてくれるのがこの感謝の気持ちスマホ割であり、契約年数や契約プランによっては今回の感謝の気持ちスマホ割とずっとドコモ割の割引が相まって、2年間毎月1,000円の割引を得られるようになる場合も出てくるようになっています。

毎月1,000円近い割引が生まれる可能性があるとすると馬鹿ない出来ない割引になるでしょう。

単体での魅力というのは薄いですが、長期割引全体の一部として捉えると非常に効果的な割引です。

 

ずっとドコモ割

期間が指定されず、docomo回線契約中は毎月割引特典が適用される長期優遇サービスがこちらです。

4年以上の契約者から毎月長期ユーザー向けの割引が追加されて安くなります。契約期間と契約プランによって割引が増減されますが、契約期間が長ければ長いほど低料金プランからでも大きめの割引が入ってくるので、docomoは長く付き合っていく価値のあるキャリア回線です。

具体的な金額は以下の表より確認してください。

zutto

 

エンジョイ15ギガキャンペーン

今現在シェアパック10以上を契約している人が、機種変更と同時に15GB以上の料金プランへと変更することで、期間限定で利用できる5,000dポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

10GBプランと15GBプランへの値上げ分をポイントによって還元されるため、ポイントを貰ったら10GBに戻すなどすれば少ない出費での大容量データ通信が可能なプログラムなので、シェアパック10を契約していた家族はこのキャンペーンを有効活用すると良いでしょう。

残念なことに既にシェアパック15を契約している場合にはキャンペーンの適用が出来なくなっています。

 

はじめてスマホ割

現在ガラケー/らくらくホン/キッズケータイを利用している人が、新たにdocomoのスマートフォンへと機種変更した場合に、24ヶ月間非常に高額な割引を適用させることで毎月の料金を大幅に安くしてくれるキャンペーン「はじめてスマホ割」を実施しています。

このキャンペーンが適用されると、毎月最大1520円の割引が基本料に適用されることとなり、カケホーダイの基本料が半額以下で利用できるようになります。

  • カケホーダイ契約:1520円/月割引
  • カケホライト契約:850円/月割引

相当に高額な割引が適用されるために、ガラケーからスマホへの変更をしようとしている人はかなりお得にスマホの利用を始められます。

特に一番相性がいいのはiPhone SEの契約です。そちらへと機種変更をするとこの割引やその他FOMA割・月々サポートが加わることで実質価格はマイナスになりますし、維持費等でも他のスマホよりも圧倒的なコストパフォーマンスを見せます。

割引額では相当な金額ですから、スマホへの変更を考えているガラケーユーザーはこのキャンペーン中での契約を意識したほうが良いかもしれません。

シニア特割

このはじめてスマホ割を60歳以上のユーザーが適用すると「シニア特割」と呼ばれる割引が追加されます。

内容はカケホライトの契約でも1520円/月という満額の割引を受けられるという内容です。こちらはカケホライトのみに適用される割引増額施策です。

 

 

ドコモオンラインショップ限定キャンペーン

頭金・事務手数料・送料無料キャンペーン

ドコモオンラインショップでは特に機種変更で一番安く契約できるキャンペーンが続いています。

機種変更の場合だとショップでは値引きがほとんどないどころか、むしろ利益を出すために頭金などによる「値上げ」が行われています。

そのため機種変更においては頭金が安いショップを探すのもお得なキャンペーンを適用するよりも大事なわけですが、ドコモオンラインショップではこの頭金はもちろんのこと、「必ず発生する」はずの事務手数料も特別に無料になるなどの大きなメリットが存在します。

ドコモオンラインショップは機種変更をするユーザーは使わないと損する隠れ優良店 | キャリスマ

機種変更をするならばこの頭金と事務手数料が無料になっている内にドコモオンラインショップで行うのが一番お得となっています。この無料キャンペーンは機種変更において非常に助かる内容になるため、利用するように意識しておきましょう。

もれなくもらえる最大5万ポイントキャンペーン

ドコモオンラインショップで契約した場合、契約者に必ずdポイントが当たるキャンペーンを実施しています。

当選金額は1等から4等で分かれ、外れた場合の参加賞を加えて全員サービスの内容になります。

  • 1等:5万ポイント(10名)
  • 2等:1万ポイント(20名)
  • 3等:1000ポイント(100名)
  • 4等:100ポイント(1000名)
  • 参加賞:10ポイント

決して多いポイント還元が得られるわけではありませんが、ドコモオンラインショップであれば少しでもお得になる要素があります。

ドコモオンラインショップ
以上がdocomoのキャンペーン、2月分になります。

基本はどのキャンペーンも適用しておきたいところですが、特に機種変更はドコモオンラインショップの無料キャンペーンが非常にお得になっているので、機種変更だけはオンラインショップを使うように意識したほうが良いでしょう。

 - docomo, スマホ契約, 割引キャンペーン