MVNO

MVNO

gooスマホ、安定性とコスパのg02が正解、g03は再起動病が見られ3万円出す端末ではない

NTTレゾナントはSIMフリースマートフォンやSIMフリーWi-Fiルーターの販売を行っている「goo SimSeller」において、オリジナルブランド「goo」の名をつけた「gooスマホ」の発売を行います。 goo simselle
MVNO

ZenFone 2でdocomo、UQ mobile、mineo、Softbank回線を使う方法とauの注意点

ZenFone 2ではそのLTEの対応Bandの特質上docomo、au、Softbank/Y!mobileの通信網において2つ以上の広範囲な周波数帯域に対応していて、特にキャリア側の規制や特殊すぎる条件が重ならければ、日本で通信事業を行う
b-mobile

「VAIO PHONE VA-10J」の評判や口コミ、格安スマホセットの内容のまとめ

スペック 対応OS Android 5.0 CPU Qualcomm MSM8916/Snapdragon 410 RAM/ROM 2GB/16GB バッテリー 2500mAh
DMM mobile

Ascend Mate7の評判や口コミ、格安スマホセットの内容や価格のまとめ

スペック 対応OS Android 4.4 CPU Hisilicon Kirin 925 RAM/ROM 2GB/16GB バッテリー 4100mAh カメラ(メイン/インカメ
DMM mobile

Ascend G620Sの評判や口コミ、格安スマホセットの内容や価格のまとめ

スペック 対応OS Android 4.4 CPU MSM8916(Snapdragon 410) RAM/ROM 1GB/8GB バッテリー/連続待受時間(LTE時) 2000mAh(交
MVNO

Ascend G620SでLTE接続出来ない時の対応方法を各MVNOが発表

Ascend G620Sの通信において、一部のMVNO格安SIMでLTE通信が出来ないという問題が出ているようです。 これはどうやら不具合というわけではなく、Ascend G620Sの接続方法に起因する問題のようです。 現在は複
MVNO

「格安スマホ」選びで失敗しないために、最低限使いやすいスペックの知識

『格安スマホ』と呼ばれる新しいジャンルのスマートフォンがここ最近トレンドになっています。 通常キャリアで7~8000円するスマートフォンと比べると、3000円前後で利用できるということで高額なスマホ代に悩むご家庭には魅力的な料金で使え
MVNO

高速格安SIM『NifMo』のプラン・機能を解説、実際の速度をレビュー

前回のMVNOの特集において、IIJmioとその系列のDMM mobileについて、そしてまた別の種類でもあるOCNモバイルONEについて速度とその機能を解説していきました。 今回とりあげるMVNOはNifMoです。数記事前にプランの
MVNO

格安SIMの『OCNモバイルONE』のプランや機能解説、実際の速度をレビュー

IIJmioとそのMVNOであるDMM mobileの次はOCNモバイルONEです。 やはり今MVNOを語り、サービスの良さについて追求していくのならば、IIJmioとOCNモバイルONEが真っ先に触れるべき格安SIMになるでしょう。
MVNO

4GB、7GBプランが値下げで高速MVNO格安SIMのNifMoが契約しやすくなった

MVNOの中で現在最も速度を出せるであろう格安SIM、NifMoがついに値下げされました。 値下げがされたのはこれまで相場よりも高かった4GBと7GBのプランです。今まではあえて利用者を絞るように、2GBのプラン以外は全く選択肢に入ら