キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

mineo/UQ mobileで使えるau白ロムスマホのオススメとネットワーク利用制限などの注意点

   

今MVNO/格安SIMの中でも注目を浴びているのがmineo(Aプラン)とUQ mobileというKDDI網を利用したMVNOです。

この2つが何故注目を浴びているかと言うと、mineoは10月31日までの契約で6ヶ月間も800円引き、UQ mobileは他社MVNOと違って極めてau本回線に近いという特殊性を持っています。

これによってmineoは3GBでわずか100円の格安SIMを、UQ mobileでは格安SIMなのにキャリア回線並みの速度と品質で使える契約をすることが出来ます。

今なら、最大30カ月×800円(税抜)割引!【格安スマホはmineo】

UQ mobileは「ほぼau」な速度と回線品質を持つ評判の良いMVNO/格安SIM | キャリスマ

ただこの2つのMVNO/格安SIMは、どちらもauの回線を使っているため普通のSIMフリースマホなどでは使えません。mineoだとdocomo回線を使ったプランも800円できるため、そちらを選べばSIMフリースマホも使えるのですが、UQ mobileおよびmineoのauプランでは「auの白ロム」を用意しないとこれらのMVNO回線は使えません。

元々auを使っていた人がMNPするには適しているのですが、快適さや安さを求めてdocomoやソフトバンクからこれら2つのMVNOへ移ってくる場合には、auの回線に対応したスマホを用意しなければいけません。そこで今回は、この2つのau系MVNOに適したauの白ロム端末について、オススメできるものや選ぶときの注意点・知っておきたいところといういのをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

au系MVNOではLTE端末必須、VoLTEはまだ非対応

まずはauの白ロムを選ぶときの注意点です。

この2つのKDDI網を使ったauMVNOはauが発売した機種なら何でも使える訳ではありません。いくつかの条件を満たした機種でないとMVNO/格安SIMは使えません。

その最たる条件の一つは「LTE通信に対応」している端末という必須項目があります。auのMVNOは、データ通信がLTE網にしか対応していない、auの3GスマホはL2ロックがかかっているという2つの理由から、LTEに非対応だと通信も通話もできない仕様になっています。

なのでauの白ロムをMVNO/格安SIMで使う場合には、必ずLTEに対応している機種を購入するようにしましょう。型番で言うと「IS~」から始まるスマホを選んではなりません。「○○L~」という英語の型番が3つ付いて、3文字目がLで終わる機種を選ばないとmineoのAプランおよびUQ mobileでは利用できません。

また、もう一つ特殊な条項として、VoLTE対応のスマホにも2015年9月現在では対応していません。今後対応可能になるのはmineoが11月以降にVoLTE用のSIMを登場させる予定とのことで、これが出てからになります。UQ mobileは未定です。

しかもこのVoLTE対応SIMもそのままでは利用できず、VoLTE対応スマホをau側でSIMロック解除の作業をしないと使えないという面倒な仕様になっています。VoLTE対応のスマホは型番が「○○V~」と3つ目の英語文字がVという型番になっているため、これらのスマホはMVNO/格安SIMを使うに適さない白ロムであることを確認してください。

 

iPhoneに対応開始も6以降が望ましい

iOS8以降、一度はauのMVNO/格安SIMはiPhoneやiPadで使えなくなったのですが、セルラーペイロード版のAPN構成プロファイルを作ることで利用が可能になりました。しかしiPhone 5/5s/5cでは通信が安定せず、iPhone 6/6sシリーズ以降とiPadならば通信は安定しているという違いがあります。

iPhoneでこのmineoのAプランおよびUQ mobileを使いたい時は、iPhone 6以降を白ロムとして購入するのが望ましいかと思われます。

iPhone 5s/5cは予期せぬ問題が起こる可能性があるので注意しましょう。iPhone 5は絶対に使ってはいけません。LTE Bandが一つしか対応しておらず、通信が安定しないという以前に電波を掴みにくいという大きなデメリットがあり、快適な通信は不可能です。

 

ネットワーク利用制限に注意

もう一つは購入の際にネットワーク利用制限がかかってないか、あるいは補償をちゃんとしてくれる店で買うかという点に気を付けなければなりません。

ネットワーク利用制限はauの専用サイトで確認できるので、購入予定の白ロムのIMEI(製造番号の数字)を入力して、○になっているか、あるいは×ではないかを確認しましょう。

auのLTEスマホの場合、ネットワーク利用制限に引っ掛かっても3G側は規制されないため、auの本回線ではある程度使えるのですが、MVNOだとLTEが規制されるためにデータ通信が出来なくなるので、深刻な影響を与えることになるので、しっかりと規制がされていないかどうかは調べておきましょう。

保証のある店としてはイオシスやじゃんぱらなどのスマホなどの電子製品に強い販売店を利用すると、万が一購入後にネットワーク利用制限による赤ロム化が起きても安心できる対応がされるはずです。

イオシス

じゃんぱら【中古&新品 スマホ・PC・デジタル家電の販売・買取】

 

オススメ白ロム

それではこうした注意点を踏まえた上でmineoやUQ mobileを使うに適したオススメau白ロムを複数オススメしましょう。

HTL23

auの白ロムには「安いのに高性能」な白ロムが複数あります。これらは同じスペックを持ったauの白ロムスマホよりも安く購入でき、コスパがかなり良いものになっています。

なぜそのようなスマホが特別に安くなっているかというと、auがMNPでキャッシュバック付きで投げ売りをしているからです。この影響で未使用状態の白ロムが、更なる利益を求める転売屋たちによって売られてくるため、性能は良いのに相場が崩れて安く買えてしまう白ロムが誕生します。

ここ最近そうした目にあった一つがHTC J butterfly HTL23です。

HTL23はauのスマホとして人気の高かったHTL21の後継機で、S801・RAM:2GB・FullHDディスプレイを搭載したハイスペックスマホです。クアルコムのCPUを搭載しているため、一部のアプリにありがちな相性問題による起動不可などの心配はありません。マイナーなゲームアプリを正確に動かすことが出来るでしょう。

S801はいわゆる「サクサク」動作をAndroidで可能にさせるCPUの一つで、この機種一つで今後2年はスペック不足を感じることなく使い続けられることでしょう。

そんなハイスペックスマホが現在白ロム価格として35000円以下になっています。もちろんこれよりも安いau白ロムはあるのですが、LTE Bandの対応数やスペックのバランスを考え、長期的に利用する前提で考えると、このHTL23は安物買いの銭失いになる心配がなく、今後2年は確実にスマホの性能や不具合などをあまり気にしなくていい環境が35000円以下で手にはいるというメリットがあります。

エリアや操作に関するストレスを感じなくて済むため、これぐらいの金額を払ってでも購入する価値のあるハイスペックなauオススメ白ロムです。

 

SCL23

もう一つこちらもハイスペックスマホなのに、MNPで投げ売りされて相場が下がっている機種を紹介します。それがGALAXY S5 SCL23です。

これもHTL23とほぼ同じスペックです。若干こちらのほうが本体の大きさは抑えられているでしょうか。

海外で人気の高いGALAXY製品ということで、普段はここまで値下がることはありません。値下がりするとすぐに海外の業者がSIMアンロックを行って海外市場へ流すため、GALAXYの値下がりというのは一定レベルでいつも止まります。

そうしたなかでもこのSCL23は、GALAXYの割に購入しやすい金額になっており、こちらも高性能なのに35000円以下で新品が買える環境になっています。ゲームアプリなども難なく動かせますし、やはりSCL23を購入することで低費用で2年は確実に使い続けられるスマホをゲットすることが出来ます。

 

その他:安い白ロムの注意点

この2つは性能も良いので長く使うに適したauのMVNO向け白ロムとしてオススメは可能なのですが、もっと安くMVNOセットを揃えたいという人達には価格の高さを感じる金額かと思います。

auのLTE機白ロムにはもう少し安いものがあり、そちらを選ぶと費用を前2つよりも抑えることが出来ます。ただ安いだけあって問題もあるため、今回は安い機種を選ぶ際の注意点も解説していきましょう。

シャープ製はタッチパネルに難あり

まず最初は特定メーカーに関することなのですが、どういうわけかauで販売するシャープ製のスマホは結構タッチパネルの判定精度が良くないスマホが多いです。特に「○○L~」シリーズはdocomo版と比べてもタッチパネルの精度が明らかに良くないです。

このため、シャープ製は比較的白ロムとして安いものが多いのですが、ゲームをしたり文字入力を頻繁にするような使い方だと長期的にはストレスを感じやすいスマホになっています。なのであまりシャープ製はオススメとしては中々挙げられません。

○○L21シリーズは避けたほうが良い

auの白ロムの中でLTE対応しているスマホを購入すれば、mineoやUQ mobileでの利用は可能になります。ただしより快適な状態で使おうと思ったら、「○○L21」という型番は避けたほうがいいかもしれません。

これは何故かということ、21型番の機種は大雑把な分類にはなりますが最初期に発売されたLTEスマホです。この最初期のau LTE対応機種は、LTE Bandの対応数が2つしかないという弱点・デメリットがあります。普通にauの本回線で使うならば、LTE Bandが少なくても3Gで通信できますが、MVNOはLTEのみでしかデータ通信できません。

これによってLTE Bandが少ないと思わぬところで圏外になって通信できない事態に陥る可能性があります。iPhone 5はLTE Bandが1つなので論外の使いづらさですが、○○L21という型番の機種も一部を除いてほとんどが2つのLTE Bandにしか周波数が対応していないため、決して使いやすいものではありません。なるべくauの白ロムを購入するならば22型番以降を選ぶようにしましょう。

安めのスマホとしてはisai LGL22あたりが良いかもしれません。

 

以上の内容がauのMVNO/格安SIMで使う場合の注意点とオススメな白ロムについてのまとめになります。

auの白ロムを購入して利用する場合には、ただのディスカウント系中古ショップへ行くのではなく、ちゃんと赤ロムになって使えなくなった時に保証してくれるショップで買うようにしましょう。

イオシス

じゃんぱら【中古&新品 スマホ・PC・デジタル家電の販売・買取】

 - au, mineo, MVNO, UQモバイル, 格安スマホ