auとSoftBankのiPhone XSは実質価格で契約できるLTEプラン/カケホ・ホワイトプラン/スマ放題がオススメ 毎月割/月月割適用が可能

au

iPhone XSの契約において、特にauとSoftBankの契約方法が今ネガティブに捉えられています。

auとSoftBankでは今両社が推奨するプランで契約した場合、月額の割引サービスが適用されない上に、安く契約をしたい場合には2年後もしくは1年後にiPhone XSを返却する必要のある形で契約しなければいけなくなっています。

実質的なリース契約をしないと安くならないプランでの契約を両社とも推奨しており、ユーザーとしては使いにくさを感じて不満も残るものになってしまっています。

 

 

ですがあくまでこれらのプランはauとSoftBankが推奨しているだけであって、実際には従来通りの実質価格で契約することのできるプランというものを両社はしっかりと残しており、そちらを利用して契約をすれば安く契約できた上にリース契約にもならないという契約を行うことができます。

推奨されていないということで、HPなどではプランがしっかり説明されていないところもありますが、ちゃんと従来の毎月割/月月割付きで契約できるプランというのは用意されています。

そしてiPhone XSに関してはこの説明が少ない従来の毎月割/月月割が適用されるLTEプランやホワイトプランといったプランで契約することが安く契約する方法としてオススメできるものになっているので、今回はこちらのプラン内容を説明していこうと思います。

 

LTEプラン・カケホ(データ定額)やホワイトプラン・スマ放題で契約すると実質価格での契約が可能

auとSoftBankでは、24ヶ月リースを前提とした48ヶ月払いの契約方法というのが現在契約できるプランとしてクローズアップされることが多く、そちらの契約方法ですと価格として非常に高いものになってしまっています。

どちらも毎月割/月月割が用意されておらず、12万円を超える端末価格がそのままかかってきてしまいます。そのためアップグレードプログラムEXや半額サポートといった半額リース系のオプションを加えないと、契約として非常に高額な内容になっています。

こちらの契約では、セットで契約ができて割引キャンペーンが適用されるプランとして大容量のデータプランが要されているため、そちらを十分に使うような利用方法であればメリットはあるのですが、50GBなどの大容量は使わないというユーザーであれば無駄に高くなった上に2年リースという端末が手元に残らない契約になってしまうために、お得度は高くありません。

これらのプランはヘビーユーザーや頻繁にスマホを取り替えるユーザー以外にはあまりメリットのないプランになっており、非常に厳しい価格内容・プラン内容になっています。

 

 

こうした中で従来の契約方法に近い毎月割/月月割を使えて、2年間利用した実質価格で契約できるプランというのも実は全く案内がされていないだけで存在自体はしています。

そのためライトユーザーやそこまで多くのデータ通信量を使わないユーザーであれば、こちらの実質価格で契約できるプランの方が毎月の支払いはお得になりますし、何よりも端末を返却する必要がないために支払いを終えた後は自由にスマホを取り扱うことができます。

リース前提だとスマホをそのまま使ったり売却したりとすることが使えませんが、実質価格であれば2年間支払うことで端末代を完済できるので、そのあたりを自由に利用することできます。

 

 

毎月割と月月割が適用できて実質価格で契約できるのは

  • au:LTEプラン・カケホとデジラ(データ定額)
  • SoftBank:ホワイトプラン・スマ放題プラン

となっています。

この内SoftBankに関しては、新規とMNPでは既にホワイトプランとスマ放題プランは受付を停止しているため、今現在ホワイトプランとスマ放題プランを契約しているユーザーが対象です。

これらのプランでの運用であるならば、iPhone XSとiPhone XS Maxを実質価格で契約することができます。

 

 

auとSoftBankの実質価格は次のとおりです。

au

  • iPhone XS
64GB 256GB 512GB
端末価格 128,640円 146,880円 171,840円
毎月割 ▲2,710円
実質価格 63,600円 81,840円 106,800円
  • iPhone XS Max
64GB 256GB 512GB
端末価格 141,600円 159,840円 184,800円
毎月割 ▲2,710円
実質価格 76,560円 94,800円 119,760円

SoftBank

  • iPhone XS
64GB 256GB 512GB
端末価格 136,800円 155,040円 180,000円
月月割 ▲3,050円
実質価格 63,600円 81,840円 106,800円
  • iPhone XS Max
64GB 256GB 512GB
端末価格 149,760円 168,000円 192,960円
月月割 ▲3,050円
実質価格 76,560円 94,800円 119,760円

どちらも端末価格と割引金額には違いがあるものの、実質価格は同額となっています。このためプランの料金においてもほぼ同額となり、2年間支払う総額もほぼ同額となります。

SoftBankにおいてはこの実質価格というのを知らない利用者も多いぐらいに、説明が公式でもニュースサイトなどでもされていません。

ですがこちらの表のように確かにiPhone XSとiPhone XS Maxは実質価格で契約することができるようになっているので、端末回収が必要なプランは契約したくないというユーザーであっても、今までの契約の仕方と同じ方法でスマホを契約することができます。

ソフトバンクオンラインショップ iPhone

auオンラインショップ iPhone

 

 

実際の維持費はどれくらいか

次に実際にこの実質価格で契約した時の維持費というのがどれぐらいかかるのかを計算してみました。

一応今回はSoftBankをベースにしていますが、プラン名こそ違えどauでも同じ形で契約できた上に料金もほぼ変わらないため、auの維持費としても考えることができます。

ホワイトプラン スマ放題ライト
基本料 1058円 1836円
S!ベーシックパック 324円
パケットプラン 6156円 5400円 6480円
月月割 ▲3050円
一括契約時の

合計維持費

4488円 4510円 5590円
iPhoneXS64GB

24回分割支払い

5,700円
分割契約時の

合計維持費

10188円 10210円 11290円

比較として推奨されているギガモンスターのプランでも計算しています。

基本プラン 1296円
S!ベーシックパック 324円
ギガモンスター50GB 6458円
1年おトク割(1年間) ▲1080円
ギガ使い放題キャンペーン(1年間) ▲1080円
一括契約時の

合計維持費

5918円
iPhoneXS64GB

48回分割支払い(24ヶ月目に端末回収)

2850円
分割契約時の

合計維持費

8768円

一応データ容量の関係でギガモンスターのほうが高速通信量で使える量は多いのですが、ホワイトプランとスマ放題で契約した場合も十分な通信量を持っているために、困ることは少ないはずです。

料金の安さでは従来型のプランのほうが若干高くなっています。ただしそれは新型プランを端末代を48回で支払い、24ヶ月目に回収をするという運用においてで安くなっているだけで、同じ24回払いで回収なしだと従来プランよりも高くなってしまいます。

いくら使えるデータ通信量が多くても高い上にスマホが回収されてしまうプランには魅力がそこまでありません。

この料金、そしてスマホの所有権も自分のものになるということで、auとSoftBankのiPhone XSの契約は実質価格を利用した形が望ましいものになるでしょう。

 

SoftBankは月月割の適用が2019年1月31日まで

なおこの実質価格での契約をする上で、SoftBankには注意点が存在しています。

それは

  • 新規とMNPは月月割対象プランで契約できない
  • 機種変更でも月月割が適用されるのは2019年1月31日から

というものです。

SoftBankの場合iPhone XS/XS Maxの実質価格契約というものは期間限定かつ対象者は今SoftBankの月月割が適用できるプランを契約している人たちに限るというものになっています。

ホワイトプランとスマ放題プランの新規受付がすでに終了しており、月月割が適用可能な期間というのも1月31日までに契約した人に限られてしまっており、このように対象が限られたものになっています。

このため、SoftBankに関してはこちらの形で契約できる時期というものが限られてしまっているため、ある程度計画性を持って契約することが望ましいものになっています。

月月割は2019年1月31日までに契約をすれば24回分の適用が満額行われます。一度適用されてしまえば割引は2年間しっかり続きます。

 

ショップでは契約「させてくれない」可能性も 不快な手続きをしたくないならオンラインショップで

このように2年間のリースプランでないと契約できないと思われているauやSoftBankですが、従来のように割引を効かせた実質価格での契約というものも可能になっています。

こちらであれば端末を自分のものにしながらにiPhone XSシリーズにしては比較的安い月額で利用することができます。

ただ現在の傾向としてこれらの割引付きの実質価格契約というのは、ショップではしっかりと説明されずに契約をさせてくれないところが出てきています。

それは何故か。

実は今auもSoftBankも端末を回収できる新プランでの契約数をあげることを目指しており、各ショップにそれらの新プランの契約獲得数というものを目標値として定めています。これを達成できないと報奨金が減らされたり、iPhoneの在庫配分が減らされたりしてしまうために、各キャリアショップはこの目標値達成のために割引のあるプランを「あえて案内しない」傾向にあります。

特にSoftBankの場合は顕著で、SoftBankの場合にはこの月月割が適用されるプランについて公式サイトの料金案内でもしっかり調べないと出てこない位置に書いており、公式でも推す気のないプランになっています。

このため今回の記事にあるようにしっかりと割引が適用されるプランでも契約できる、という知識を持っていないとショップでは説明をされないままに不必要に高いプランで契約させられてしまうことになります。

これらの割引付きプランは対象の契約を行っているユーザーであれば問題なく契約できるので、案内がされなかったり契約ができないと説明されたらはっきりと公式サイトの価格表やこちらのサイトの内容などを見せて、割引付きのプランで契約させてくれるようお願いしましょう。

基本的に契約できないということはないです。

 

実質価格での契約のほうがヘビーユーザー未満はお得なので、auとSoftBankを契約する場合はこちらを推奨

こちらの毎月割/月月割を使った実質価格での契約というのは50GBや30GBといった大容量のプランを使わないユーザーにとっては安くなるプランとなるので、ヘビーユーザー以外にとって恩恵の大きいプランになると思います。

しかも端末もしっかり自分のものにできるので、下取りだけでなく売却などにも回すことができますし、家族に渡すことも将来的には可能になっています。

こちらのプランのほうがメリットのあるユーザーも多いでしょうから、しっかりと知識を持った上でiPhone XSやiPhone XS Maxの契約をしてみてください。

なおどちらもオンラインショップからの契約もできため、ショップ契約が信用できないようならばこちらで契約するようにしましょう。

ソフトバンクオンラインショップ iPhone

auオンラインショップ iPhone

コメント