auで機種変更できるオススメのスマホ 絶対に後悔しない6機種を厳選

au

スマートフォンを新たに契約・購入しようとした時に、真っ先に悩んでしまうのは

「どのスマートフォンを購入すればいいのか」

という事だと思います。

今キャリアで販売されているスマホは1年の内に約4回の新製品発売が繰り返され、その度に新しいスマホが出てきて性能の良さなんかが強調されています。

 

こうした比較的に早い販売スパン・そして多くの新製品スマホの中で、これから新しいスマホに変えたいと思った時にどのスマホを契約すれば良いものが買えるのか、というのがわかりにくくなっており、そこまで強くスマホへのこだわりのないユーザーがどれを買っていいのか迷っているというのが最近の傾向として見て取れます。

一体今どのスマホが性能が良くて使いやすいのか、どのスマホが安いのか、オススメの指標というものをユーザーが求めているのではないかと思われます。

この記事ではそうした「どのスマホを買っていいかわからない、後悔しないスマホ選びがしたい」という人へ向けて、特にauにおけるオススメのスマホというものをピックアップして紹介していきたいと思います。

 

一応このスマホ関連のサイトの管理人をしているということもあり、多くのスマホを触ってきていますし、新製品も全キャリア通じて毎回最低3台は契約しています。時期によってはそれ以上の台数を契約していますし、ブロガー向けのタッチイベントやメーカーが実施しているインプレッションイベントに参加しているため、購入していない機種でも一通り触ってきて評価できる状態にあります。

その中で実際に良いと思ったものは自腹で購入していますし、今回の記事の中でオススメする機種についてもしっかりと購入した機種の中からも選んでいます。

手前みそではあるものの、そこらのスペックだけを比較したり店頭のホットモックだけを触った、メーカーから公表されている情報だけをまとめて適当にオススメ機種を並べているようなサイトよりも、その評価には自信があります。

なので今auのスマホの中でどのスマホを買ったら満足できるのか、ということに疑問がある人はぜひ今回の記事を読み込んでもらい機種選びの参考にしてほしいと思っています。

auのスマホ、オススメの基準

今回多くのauスマホをオススメとして挙げていくわけですが、その「オススメ」の基準についてをまずは明確にしておこうかと思います。

今回のオススメの理由として重視している要素は

  • 確実に使いやすい性能を持っていること
  • その性能に比較して価格が相対的にでも安く感じられること

という点を重視しています。

スマホについては性能というのは特に大事になってきますが、今のスマホというのは大体どのグレードのモデル(ハイエンドでもミドルレンジでも)においも一定の性能というのを見せてくれます。

そのため性能を見るにしてもより実際に使ってみて便利で快適さを伴うものかどうかという点を重視し、なおかつそうした操作性といったものが価格に見合った・釣り合っているかどうか、というところに注意して評価をしています。

ただ単に性能が良い機種の羅列という事ではなく、実際に使ってみたことのある機種の中からさらに価格面で他の機種に比べてコストパフォーマンスの優れたモデルというのをオススメとして挙げています。

評価のベースとしてはそれぞれのスマホが持つ使いやすさを最重要視ししていますが、加えて価格といったところもピックアップしている基準に含んでいます。

実際に利用して満足した6機種

ここからはオススメのauスマホというものを紹介していきます。

基本は実際に購入してきたモデルの中で、使いやすかったスマホで他の人へと正にオススメ出来るモデルを選んでおり、その上で価格面での手の出しやすさというところも一つ大きなポイントとして加えています。

Galaxy Note9

auのオススメスマホとして挙げることのできる筆頭機種としてはGalaxy Note9があります。

  • こちらの機種の最大の特徴は、
  • ハイエンドモデルの機種変更であっても価格が安い

性能や機能がとても良い

という2つです。

 

大雑把に特徴を2つに分けていますが、スマホの契約において非常に大事な2要素が確実良い内容を実現しているので、その契約としての魅力の高さは非常に優れたものになっています。

まずはGalaxy Note9の価格について確認していきます。

Galaxy Note9は現在au購入サポートを適用した時の価格が一括4万3200円という金額になっています。

一括4万3200円というのはこれはauスマホの中でも下から数えたほうが早いほどに安い価格になっています。

実際この価格なら手が出せるというユーザーは多いでしょう。それぐらいに安いスマホとなっているのがこのGalaxy Note9です。

 

au購入サポートの適用が必要と言っても、こちらの条件は非常に軽いものです。

au購入サポートは割引によって端末価格を一括4万3200円にする一方で、短期での解約や機種変更を防ぐために13ヶ月間のみ有効となる契約解除料が発生します。

この契約解除料は13ヶ月以内に機種変更や解約をしなければ消滅して何も問題ないのですが、その期間内に解約や機種変更をしてしまうと最大で4万円の解除料が発生してしまいます。

そのため機種変更をしたら最低でも1年は継続して利用する必要がでるわけです。

逆に言えば1年以上使うつもりであればほぼ無条件に近い形で一括4万3200円で買えてしまうというのがGalaxy Note9の契約となっています。

Galaxy Note9はこんな安い価格で買えながら性能も機能も非常に優れている、という魅力があります。

 

Snapdragon 845ということもあり性能は抜群です。

高性能ゲームでもほぼ動きが悪くなることはないですし、有機ELディスプレイということで美しい画面でゲームや動画なんかも楽しむことができます。

かなり万能性の高いスマホになっており、特に大画面とその高精細なディスプレイを活かした使い方にはかなり向いています。

 

またこのモデルには他のスマホにはない機能としてSペンといったペン機能を持っています。

こちらによってノートにペン入力をしたり、スクリーンショットへの書き込みといったところを簡単に行うことができます。

またSペンを使ってスクロールをすると普段のスマホ操作が便利に行うことができ、画面を汚しませんし小さなリンクなんかも正確にタッチすることができます。

Sペンによって普通のスマホにはない幅広い使い方ができるようになっており、より「ツール」としての利便性が高まっており特にビジネスユーザーなんかにはメリットがあると思います。

 

格安で買えた上に高性能で便利なスマホが契約できるようになっているので、auでオススメするスマホとしてまずこうして最初に紹介しています。

問題は在庫が少ない点です。auショップではもちろん、在庫を集約しているはずのauオンラインショップでも在庫切れが頻繁に起きており、契約ができるのもあとわずかの期間に限られることになるでしょう。

なので契約は早くしたほうがいいです。

Galaxy Note9:auオンラインショップ

 

Xperia XZ3

auのオススメスマホとしてGalaxy Note9と同じく2018年発売のこちらの機種を挙げることができます。

Xperia XZ3もGalaxy Note9と同じく価格と性能が優れたコストパフォーマンスの高いauスマホになっています。

Xperia XZ3の価格は一括4万3200円。こちらもNote9と同じでauスマホ全体の中でも安い価格をつけています。

 

しかもこちらのXperia XZ3の価格に関してはau購入サポートがありません。

Xperia XZ3はなんと定価でこの価格での購入というのができるようになっているのです。

そのため短期間で新しい機種なんかを契約してもペナルティはなく、契約後1年を待たずに自由に機種変更などをすることができます。

これはGalaxy Note9の契約内容と比べると優れたポイントになっており、もしもすぐに新しい機種の購入やMNPを計画している人なんかにはありがたい形の安さを実現していると言えます。

この価格の安さと条件の無さはXperia XZ3をオススメする大きなポイントです。

 

そしてこの安さがありながら、Xperia XZ3は性能も高いです。

Snapdragon 845なので動作面で最新のモデルと比較しても見劣る場面というのはほんの僅かしかないでしょう。ヌルヌルサクサクな動作でストレスを感じない高性能さをこの安さでも誇っています。

安価な価格ではありますが長期間使い続けても性能の足りなさを感じる瞬間というのも2年後3年後にあるかどうかといったレベルです。

有機ELの大画面ディスプレイを搭載しているため、ゲームプレイはもちろんのこと動画を楽しむのに最適な機種であるというのはGalaxy Note9と同様です。

機能性においてはペンのあるGalaxy Note9と比べると幅は狭いですが、フラグシップスマホであったために必要とされる機能は全て揃えています。

シンプルなスマホではありますが、機能性も性能の高さもしっかりと取り揃えており、それでいて条件なしで安く買えるという稀有な特価内容を兼ね備えているのがXperia XZ3です。

 

Galaxy Note9同様にコスパは最強のものになっていますが、やはり問題は在庫が非常に少なくなってしまっているという点でしょう。

現在在庫はauショップからauオンラインショップへと集約されているのですが、入ってきた在庫が次々になくなってしまい契約が困難な状態になっています。

これはGalaxy Note9でも一緒ですが、もしも安くて性能の良いコスパの良いスマホと言うものを契約したいのであれば一括4万3200円のスマホどちらかの在庫が確認できている内に契約をしてしまった方が良いでしょう。

今後はどんどん争奪戦となりそうな状況になっているので、在庫を確認しながら契約を急いだほうが良いでしょう。

Xperia XZ3:auオンラインショップ

 

Xperia 1

docomoと同じラインナップになりますが、Xperia 1も当然オススメスマホに含まれます。

価格の負担は高くなってしまいますが、その分非常に素晴らしい満足度の高いスマホ体験を得ることができるスマホとしてオススメすることができる機種になっています。

高額でもいいから使いやすくて高性能な良い機種が欲しいという人にはこのXperia 1を提案したいです。

2019年に販売されているauのスマートフォンの中では、個人的に最もオススメしたい夏モデルAndroidスマホとなっています。使っていての快適さというものがこれまでのXperiaはもちろん他の機種と比べても大きく上回っており、選んで後悔しないスマホです。

Xperia 1はこれまでのXperiaと比べても圧倒的に評価が高くなっています。随所のクオリティが向上しており従来機種と比べても高評価がネット上からも出ています。

 

個人的にもその使いやすさというのは感動するレベルになっており、価格は高いですが多くの人にオススメしたいものになっています。

具体的にどのあたりが使いやすい要素になっているのかということを挙げていきましょう。

  • 6.5インチの大画面なのに横幅が72mm、重さも178g
  • 21:9のウルトラワイドディスプレイ採用
  • Snapdragon 855/RAM6GBでスペック面での不安が一切ない
  • カメラ性能も向上

こちらのXperia 1に関しては、2019年の最新モデルということもあって性能が良いのは当然となっています。

性能が高いのは当然として、Xperia 1には使いやすい要素が多く含まれています。

 

その使いやすさを実現しているのがそのサイズ感でありその軽さです。

Xperia 1は6.5インチという他のスマホと比べても大画面を搭載したモデルとなっているのですが、そうした大画面スマホでありながら横幅は72mmに収まっています。

横幅というのはスマホの持ちやすさに直結し、70mmあたりまでは片手持ちが余裕になります。

今回は72mmですが70mmに近いサイズになっていることで比較的ホールド感が強くて持ちやすさを感じるサイズ感になっています。6.5インチで持ちやすいというのはこれまでになかったサイズ感であり、使いやすさを強く感じるポイントです。

さらに重さも178gというこちらも6インチ超えのスマホとしては驚くような軽さを実現していて、長時間使っても手首などに負担のない機種になっています。

この横幅と軽さという2つの使いやすい要素を持ちながら6.5インチというのは過去に例をみないバランスになっており、大画面スマホ全体の中でもストレスなく使える機種の筆頭になっているスマホです。

 

さらにこの6.5インチは21:9という比率の画面構成になっています。21:9比率の画面というのはこれまでのスマホの中でも最も縦長な比率となっています。

この縦長の画面は動画などを見る時に横に黒帯が出てしまうなど画面全体を活かせない場面もありますが、普通にネットやTwitterなどを中心としたスマホ向けの縦長画面を見る時には、他のスマホとは比較にならないぐらいの情報量が1画面中に表示されることになります。

1画面中に多くの情報量が目に入るというのは、スマホをそうした情報取得・情報処理ツールとして利用している人にとって非常に役立ってくれる特徴になります。

何度もスクロールする必要もなく1画面に情報表示が増えるため、かなり便利に利用できるスマホとなるのは間違いないディスプレイの比率です。

こうした情報を取り入れやすく尚且つ持ちやすさや軽さも備えているのは本当に強いスマホとなっています。

 

さらにこれまで弱かったカメラ性能がアップしている点も見逃せません。

Xperiaのカメラはこれまでだと白飛びしやすく光源に弱く、暗くなると絵具のベタ塗りのようなノイズリダクションが発生してしまうという問題がありましたが、Xperia 1のカメラはその問題が大きく改善して写真がどんな場面でも美しく撮れるようになりました。

今回のオススメスマホの中ではGalaxy S10に次ぐ写真の美しさになっており、白飛びのしにくさなども大きく改善したカメラになっています。

 

性能が良いのは当然としてこうした更に使い勝手を向上させてくれるボディデザイン、そして性能・カメラ性能となっているため、2019年の最新モデルの中から選ぼうと考えた場合にはこのXperia 1をまずオススメすることができます。

Xperia 1:auオンラインショップ

 

iPhone XR

比較的に価格が高くなりすぎず、それでいて性能や機能などがiPhone XS級のスマホとしてiPhone XRがおススメに挙げられます。

iPhone XSが分離プランの導入によって割引なしで15万円前後の価格で販売されてしまっている中で、同じ性能を持ったiPhone XRは最安で9万円台という価格となっており、3年近く使うことを前提に考えた時にそこまで高さを感じない価格というのを実現しています。

価格自体は高いですが、iPhoneとしてはこれでも安いほうではあるために、最新モデルのiPhoneの中では間違いなく買いやすい機種の一つになるでしょう。

 

iPhone XSと性能は変わりません。どちらもAntutuで36万点以上を記録しており非常に高性能な機種となっています。

これ1台で2年後3年後でも性能面で困ることは無いぐらいに高性能になっており、ゲームなんかもよほどの進化がなければ1年2年は余裕すぎる高スペックスマホになっています。

機能も防水やApple Payといった利便性の高いものを備えていますし、カメラもシングルカメラではありますがダイナミックレンジが広く正確に風景をとらえることができます。

性能はもちろんですが機能やカメラといったところで万能性が非常に高まったスマホになっており、そうしたスマホが価格9万円台から契約できるというのは結構コスパは良いものになっています。

 

さらに分離プラン化による割引の減少によってiPhoneの安売りがなくなったことで、iPhone全体のリセールバリューといったところも向上しています。

これまでは安売りが起きると市場価値が減少して買取価格なんかが下がっていましたが、安売りがなくなったことによって発売からしばらく経過しているにも関わらずむしろ買取価格が上昇する現象が発生しています。

このようにiPhoneはその人気の高さとここ最近の安売りがなくなったという状況において、リセールバリューの高さというものがかなり高い金額で推移するようになっており、将来的に高値で売却や下取りを行うことができるようになっています。

そのため価格としては10万円と高額な金額ではあるものの、その将来的な売却金額なんかを考えると実質的には5~6万円ほどで購入できるスマホという考え方もできるようになっています。

 

そうしたリセールバリューの高さ込みで考えた時に、このiPhone XRは価格ほど高いと感じないコスパの良さというものを見せるものになっています。

性能が良く、価格もiPhone最新モデルの中では高すぎず、リセールバリューの高さというのも期待できるために数年使った後でもある程度の売却額が期待できるという非常に面白くてお買い得な契約ができるのがこちらのiPhone XRとなっています。

64GBも128GB辺りは10万円前後の価格でiPhoneの中では手を出しやすいので、こちらの機種をオススメします。

iPhone XR:auオンラインショップ

 

Galaxy S10

Galaxy S10はハイエンドスマホの中でも面白い存在です。

Snapdragon 855搭載ということで高性能であるのは間違いなく、長期的に利用していくことを考えた時には性能面で不満や不安を感じる必要のないスマホになっていますが、それ以上に特筆すべき点として、大画面なのに非常に軽いという特徴を持っています。

Galaxy S10は6インチを超える大画面スマホになっているのですが、パンチホールカメラの搭載と狭ベゼル化によって画面の大きさの割にスマホ自体のサイズは大きくなりすぎないサイズ感を実現しています。

スペック上は6.1インチと大画面のスマホにになっているのですが、実際に手に取ってみて感じる印象は小型スマホに近いものを感じさせます。

エッジディスプレイによって曲がったボディ構造になっており横幅が70mmを超えないものになっていて、6インチ超えなのに非常に持ちやすいスマホになっています。

さらに軽さも異次元のレベルとなっています。Galaxy S10シリーズはその軽さがスマホ全体の中でも特筆して軽くなっており、なんとこのGalaxy S10は158gという6インチスマホとしては相当に軽量化されたモデルになっています。

他の6インチ超えスマホが大体200gや180g以上ある中で、Galaxy S10の軽さはかなりインパクトの強い内容になっています。

横幅が狭くて持ちやすくて軽い、というのはスマホとして非常に使いやすいものになっており、惚れ惚れする使い心地を実現させています。

 

持った時の印象というのはかなり好ましいものになっており、気持ちよく使えるスマホの一つとなっています。

性能の高さを重視して選ぶスマホとしても優れていますが、それだけでなく使いやすさといったところでも非常に優れているためにオススメすることができます。

ただこのGalaxy S10に関しては一つバッテリーの持ちが悪いという弱点も持っています。

こちらに関してはデメリットであり使い勝手の悪いと感じるところになるため、選ぶ際は充電をできる環境がある程度用意されていることが必要になってくるでしょう。

Galaxy S10:auオンラインショップ

 

P30 lite Premium

 

最初から低価格のスマホもauでは用意されています。

大きく値下げされた4万3200円ハイエンドスマホと比較すると性能面では劣ってしまいますが、それらの在庫も多くないために常時いつでも安く買えるスマホとなるとこちらのスマホが対象となります。

安いスマホは一括4万3200円、または3万2400円といった価格が設定されていますが、今回オススメできるスマホは3万2400円で購入できるP30 lite Premiumです。

こちらはその価格の安さはもちろん、スマホとしての性能とカメラ性能の高さといったところが結構優れたものになっています。

3万2400円のスマホでありながらAnutuは10万点を超えており、多少のゲームも問題なくプレイできるレベルで性能はしっかりしています。割とサクサク操作が進むので、そこまでスペックを要する使い方をしないスマホの使い方であれば、十分すぎる性能を持っています。

ネットやSNS、LINEにYouTubeの動画ぐらいが使い道の8割だ、なんて人に十分すぎるほど快適に使える性能を持っています。

画面解像度もフルHD+ということで文字や画像、動画なんかもクッキリと映るようになっており目が疲れません。格安機によくあるような低解像度で見にくい画面ではないのは長く使う上で利点でしょう。

低価格なモデルながら必要な使い方においてかなり快適さを保った利用方法というのができるのがP30 lite Premiumの強みです。

またカメラ性能もこの価格にしてはかなり高く、ビューティー機能なども用意されて人物撮影にも強みを見せます。

暗所でもある程度ノイズやブレの少ない写真というものが撮れるようになっており、低価格ながら写真も楽しめる1台になっています。

安価で買いやすいスマホの中ではかなり安定して使えるモデルなのは間違いないため、ハイエンドモデルの値下げ特価スマホの在庫が見つからないという時にはこちらのP30 lite Premiumを価格優先で選んでみて良いかと思います。

 

デメリットとしては性能面よりも機能面の点で感じやすいです。

防水やおサイフケータイといった機能がキャリアスマホとしては珍しくついていないため、そうした利便性といったところでは価格相応の物足りなさというのを感じてしまうものになっています。

コストパフォーマンスは結構良いスマホではありますが、機能の方に目を向けると価格の安さが反映された機能の足りなさというのは確かに感じられてしまうため、この点に関しては契約する上で注意しておきたい内容です。

P30 lite Premium:auオンラインショップ

 

auのオススメスマホまとめ

以上のスマホが実際に使ってみた•触ってみたスマホの中で他の人にオススメ出来る機種になります。

これらの機種であれば不具合に悩まされるということもなく、性能面でも2年以上使っても劣ることもストレスを感じることもないです。

それでいて一部の機種は価格も低価格ということでコストパフォーマンスも優れた機種となっています。

これらを契約すれば文句なしで納得のできるスマホ契約というものを実現できると思います。

最後にそれぞれのオススメ機種について、どういった人により便利になるスマホなのか、ということをまとめてみようと思います。

 

Galaxy Note9

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • Sペンを搭載したモデルになっており、メモや操作補助がしやすくなる
  • 価格が安くてコストパフォーマンスが優れている

Galaxy Note9はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

Xperia XZ3

  • 大画面で有機EL、ノッチなしで動画に強い
  • 価格が定価で安いためにコスパの良さはauスマホの中ではトップクラス

Xperia XZ3はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

Xperia 1

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • シンプルなデザインのスマホを買いたい
  • 大画面で情報量の多いスマホを使いたい
  • 長時間使っても負担のない軽さ・サイズのスマホを使いたい
  • 後悔しない高性能スマホが欲しい

Xperia 1はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

iPhone XR

  • auのiPhoneの中では10万円前後とそこまで高くなりすぎない価格になっている
  • 大画面かつ選べる複数のカラーリング
  • 防水やApple Payなど利便性も高い
  • リセールバリューの高さがあるために将来的に売却した時に高額になりやすい

iPhone XRはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

Galaxy S10

  • 高性能のスマホを買って不自由しない使い勝手を長く楽しみたい
  • 高性能なカメラを使って写真や動画を使いたい
  • 大画面のスマホを楽しみたい
  • 高性能でも安く買いたい

Galaxy S10はこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

P30 lite Premium

  • auのミドルレンジスマホの定価としては最安級
  • そこそこの性能と機能を持っており価格の割に使いやすい
  • カメラもそこそこに使えるために価格を考えるとバランスが非常に良い

P30 lite Premiumはこうした要望に応えることができるオススメのスマホです。

 

 

機種変更はauオンラインショップで

さてauに関するオススメスマホをまとめてみましたが、これらの機種を機種変更やMNPといった方法で契約しようと思った場合、必ず利用してもらいたい契約場所があります。

それがドコモオンラインショップです。

オンラインショップであれば以下のようなお得なメリットが用意されています。

 

①頭金が0円:本来端末代とは異なる形で支払いが必要になってくる頭金という要素ですが、これがオンラインショップに限って0円で契約することが出来ます。オンラインショップがお得な理由の最たる内容がこちらの特典・メリットです。

②自宅で申し込みから受け取りまで可能:オンラインショップのその特徴として大きいのは時間をかけずに契約することができる点です。自宅から申し込みをすることができるわけですが、その申し込み時間自体が数分で済んでしまう上にそこからは自宅に宅配が届くのを待つだけで良いという気軽さが用意されています。

③最近はチャットで質問にも答えてくれる:これまでオンラインショップは自分のプランが分かっている人なんかが利用できる少しハードルの高い契約場所でしたが、最近はチャットでリアルタイムに質問を行うことができるようになったことで、プランなどの理解が足らなくても質問をしながら契約を行うことができるようになっています。このため初心者の人でもこれまで以上の不安なところを解消しながら契約することができます。

 

こうした理由からオンラインショップの利用をオススメしています。

auの契約をする上でお得さでは飛びぬけたショップとなっています。

今回紹介したオススメのスマホを契約するならば、必ずauオンラインショップを使うようにしましょう。

 

:auオンラインショップ

 

コメント