キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

auの特価タブレットMeMo PaD8 AST21が新規一括0円 維持費504円の破格値

   

docomoのタブレットのキャンペーンとGALAXY Tab S8.4の新規一括0円特価について前回紹介させてもらいました。新規一括0円や1万円ほどで、関東以外の地域で格安に購入できるタブレットだとしました。

このSC-03Gの他にもタブレットの格安販売というのはされていて、今回はその別のタブレットの格安契約の内容について解説してみたいと思います。そして今回はdocomoではなくauのタブレットで、こちらはもしもauを使っている場合にはなんと2000円以下で使うことが出来ます。通常の利用で2000円、全く使わない寝かせで500円という感じで持てるタブレットです。

このタブレットはASUSのMeMo Pad 8 AST21という8インチタブで、非常に軽いフルHDタブレットです。恐らくとても使いやすく用途も多様に利用出来ると思いますので、もしもauを使っている人なら新規一括0円で購入出来るので、ぜひとも探して契約したいタブレットであると言えます。今回はその新規一括0円で契約した場合の維持運用費について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

AST21、auの回線を持っていれば本体だけでなく毎月の料金も安い

ASUS MeMo Pad 8 AST21は、新規一括5000円~0円で買えてしまう格安タブレットです。フルHDの高解像度ディスプレイでとても軽いタブレットで、自宅のソファーなどでリラックスしながらネットをしたりするのにピッタリなタブレットだと思います。電池持ちが悪いのが玉にキズな感じですが、0円で買えてしまうタブレットとしてはとても使い道が多数あってお得なタブレットだと思います。

ただこのタブレット、新規一括0円だと言っても決してそれだけでは安いとは言い切れません。その理由は契約が付いてくるからです。毎月料金のかかる契約付きだから新規一括0円という安さで購入が出来るわけです。ということはこれを購入したら毎月通信費を支払わなければいけません。

そのためこのAST21が本当に安くなるかどうかは、どういった契約をするかによるというのが実際のところでしょう。そしてAST21には安い運用方法というのが用意されていて、新規一括0円で買った後の維持費も安く使える可能性があります。

そしてこのAST21はauのスマートフォンを持っていて、それにパケホフラット契約がある場合に非常に安い維持費で使えるようになっています。

 

AST21の格安運用は2種類

このauスマホのフラット契約にタブレットであるAST21の契約を繋げることで、格安運用が出来るわけですが、この格安運用自体にも2種類存在します。一つはネットに繋げられて安い契約、もう一つはネットに繋がない寝かし用の契約です。どちらも安い契約になっているので、自分の利用用途によって契約するプランと料金を決めるようにしましょう。

 

データシェア契約で1872円

まず先に解説するのはネットも使える格安運用の方法です。この契約はタブレットとスマホでデータ通信量をシェアしながら使うことの出来るプランで契約する方法です。これだと契約したSIMカードを使ってauのLTE網限定ですがデータ通信をすることが出来ます。電話は出来ません。

この契約だと毎月2000円でタブレットをWi-Fi不要で通信させることが出来ます。家で使うならWi-Fiだけの契約でもいいと思いますが、外で使いたいならばこのデータ通信できるプランで契約すると便利になると思います。料金のプランの内訳は以下のような内容です。

データシェア(スマホセット割) 3078円
LTEネット 324円
毎月割(AST21) ▲1530円
合計維持費 1872円

データプランはスマートフォン側のデータ通信量とシェアすることが前提ですが、結構安いプランなのではないかと思います。

 

ゼロスタート定額寝かしで504円

auはiPadなどのタブレットをWi-Fiだけで使えるようにしたゼロスタート定額という寝かし前提のプランがあります。これは新規一括0円で買えてしまうAST21でも同じプランが使えます。そのため0円で買って毎月504円しか維持費がかからないという使い方が出来ます。

ゼロスタート定額にはauのフラットスマホが必要だと先ほど書きましたが、これ以外にももしもauスマートバリューが組める光ファイバーの固定回線を契約している場合には、このプランを使うことが出来ます。auスマートバリュー対象の固定回線事業者を自宅で使っている場合は、AST21を最低維持費で持つことが出来るので、新規一括0円契約を探しておきたいところです。

ゼロスタート定額 for Tab 0円~4743円
LTEネット 0円~324円
auWi-Fiスポット 504円
合計維持費 504円~

ゼロスタート定額でパケット料金は使わなければ0円から始まります。ただしLTEネットとau Wi-Fiスポットの料金はかかります。この内LTEネットは毎月割で消えるのですが、au Wi-Fiスポットはこの契約だと毎月割の対象外になってしまうので、必ず504円はかかってしまうことになります。

この契約をしたあとは、すぐにタブレットからSIMカードを外してしまいましょう。そうすればパケ漏れで料金がかかる心配はありません。その後は自宅のWi-Fiにつなげて無料でタブレットを使いましょう。

 

auのスマホ、固定回線を持っているならば買いたいタブレット

このように最低維持費を504円にすることが出来るので、auのスマホか固定回線を使っている人ならば確実に新規一括0円で契約すればお得に使うことが出来ます。

前からこの新規一括0円はいっぱい登場していたのですが、最近は販売しているショップが少なくなってきました。ですので欲しい人は今の内に探して契約まで行ったほうがいいでしょう。ちょっと在庫的にも少なくなりかけているので、なるべく早く契約を済ませておきたいところでしょう。

 - au, お買い得スマホ情報