キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

auの『ガラホ』、AQUOS K SHF31はどういった利用法に適しているのか

   

auがシャープ製の新たな製品を登場させました。外観はガラケーそのもの、ところが中身はAndroidOSを使っており、スマートフォン用のサイトなどを閲覧できるケータイ電話です。

そのハイブリッドとも呼べる2つのケータイが合体した製品「AQUOS K」は通称「ガラホ」(ガラケー+スマホ)と呼ばれ、今後シャープのガラケータイプのケータイ電話は全てAndroidのOSを採用してこの「ガラホ」と同じ仕様になるそうです。

この「ガラホ」、ガラケーを使っている人でスマートフォンへののりかえが不安な方、もしくは今スマートフォンを使っていてその便利さに満足しているものの料金が高いと感じてガラケーに戻したいという方などには、最適に近い製品として期待が持てるのではないでしょうか。

ただこの「ガラホ」ですが、何から何まで中身がAndroidというわけではなく、結構な制約がされているのも事実です。そのため購入前には出来ないことできる事を事前に把握して、自分の使い方に合うかどうかを見極めて購入しなければならない製品になっています。

ここではそんなガラホの出来ないことを中心に解説して、どのような使い方をしたい人にお勧めなのかということを考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

ガラホ(AQUOS K)で出来ないこと

今回登場したガラホ第一弾のAQUOS KではいくつかのAndroidでは標準的な機能が省かれています。今後も同様の仕様がガラホに続くのかどうかは不明ですが、購入を考える前にこの部分をはっきり認識しておいたほうがいいかと思います。

・Google Playが利用できない

まずこのAQUOS KはGoogle Playに非対応となっています。そのためアプリをダウンロードすることは出来ません。正確にはアプリはauスマートパス経由でしかダウンロード出来ません。auスマートパスにもアプリは結構揃っていますが、Google Playで入手できる量とは天と地の差があります。

いわゆる定番系のアプリはauスマートパスでも手に入れることは出来ますが、ちょっと話題になった程度のものだと対応していないものが多いです。そのため困ることはないと思いますが、使ってみたいものを使えないというストレスというのは感じるかもしれません。

・タッチパネルが使えない

AQUOS Kはタッチパネルに非対応になっています。過去に登場したAndroid搭載ガラケー(スマケー)007SHではタッチパネルに対応していたのですが、ガラホ・AQUOS Kではその機能が取り除かれてしまいました。

タッチパネルが使えない代わりに、画面上にはパソコンのように矢印の形をしたカーソルキーが出てきて、それを操作して画面に触るようにします。カーソルキーの操作はガラケーのプッシュキー部分を上からなぞるようにして操作することで可能です。

そしてタッチパネルが使えないということで、基本的なゲーム系のアプリは使えないと思ったほうがいいでしょう。

・VoLTEが使えない

このガラホはLTEの通信に対応しているものの、音声通話は3Gのみの対応です。VoLTEと呼ばれる新しい通話方式には対応していません。auの場合、このVoLTEに対応していないというのは、電話を中心にこれから使っていくことを考えるとちょっと残念な仕様です。

というのもauはdocomoやSoftBankとは違う仕様の通信通話方式になっているのですが、この規格が音声通話という点において品質が悪い回線になっています。そのためVoLTEによる高品質な通話回線というのは整備が出来ている今対応をすることが望まれていましたが、残念ながらそれは実現しませんでした。これにより電話を中心に使うガラホかと思われますが、その電話の音質が悪い状態で使い続けなければいけない仕様になっています。

このようにガラホ・AQUOS Kは、第一弾ということもあってかかなり機能が限定的になってしまっています。AndroidOSが使えるといってもその内実はやはりスマートフォンのようには使えない、むしろスマートフォンともガラケーとも全く違う使い方になるケータイ電話になるかもしれません。

 

ガラホの価値・LINEがスマホ同等に使える

それではこのガラホには一体どのような価値があると言えるでしょうか。それは恐らくメッセージアプリがスマホと同じように使えるということかと思います。メッセージアプリはいくつも種類がありますが、最もポピュラーなのはLINEでしょう。

このLINEはガラケーでも使えていたのですが、通知がスマートフォンのようにリアルタイムではなく、何十分感覚で通知がくるという仕様であったため、ほとんどメールと変わりのない使いづらいものになっていました。

ですがガラホになることでこの通知がスマホのようにリアルタイムで反映されることになり、ガラケーでLINEが完全に使いこなせるという大きなメリットが出来上がっています。

ガラホのメリットはこうした部分にあるでしょう。ガラケーの形状でメッセージアプリやスマホと同等のWebサービスやサイトを利用できるという点です。確かにタッチパネルが使えなくて使いづらい部分もありますが、コンパクトで通話のしやすいケータイのサイズでスマホ同等の機能が使えるのは待ちに待ったという人もいるかと思います。

デメリットこそ確かに大きなものが目立ちますが、ガラケー上でスマホアプリを動かせるのも大きなメリットかと思います。使いづらさと使いやすさが混在しますが、それを把握した上で選べばマッチする人もいるかもしれないというケータイ電話です。

 - au