キャリスマ

携帯電話契約をもっとお得に!

AmazonでKindleを買うとアカウントがBANされる?「転売屋」扱いされこれまで買ったKindle本が読めなくなる可能性も

   

一部の人々には至極当然のこととして認知されていますが、一般の人にはまだまだ認知されていないため、今回はKindleとAmazonのアカウント閉鎖問題について説明していこうと思います。

経験者及びそうした経験者の報告をネット上で目にしている人にとっては常識なのですが、Amazonで売られている電子書籍リーダー「Kindle」をAmazonアカウントを経由して購入すると、その購入方法によっては意図せぬアカウント停止を喰らってしまう可能性があります。

これは別にAmazonが間違えたわけではなく、Amazon側の規約に反するとしてBANしており、一度BANされたアカウントは通常復活させること困難であり、BANされることでこれまで買い貯めていったKindle本・電子書籍というのも読めなくなってしまう可能性があります。

このAmazonアカウントの停止という危険性は、AmazonでKindle本体を購入しようとしている人全体に可能性とかかってきますから、しっかりとアカウント停止に関する知識を購入前に持っておかないといけません。

スポンサードリンク

どういった理由でアカウントが停止されるのか

KindleをAmazonで買うとアカウントが停止される!と言っても、普通の人にはいまいちピンと来ないかもしれません。普通に買い物をしていれば、そんなアカウントが停止されるような問題にはなるわけがない、そう考えると思います。普通に考えればその通りなのですが、そういう考えでKindleを購入していったユーザーの何割かはAmazonによる無慈悲なアカウント停止を喰らっています。

このアカウント停止を喰らった人達は決して変な買い方をしているわけではありません。「家族の分として2台、3台を購入しようとした」、あるいは「予約をしていたけれども諸事情でキャンセルした」というショッピングの中では普通の買い方です。ところがこういった買い方であっても、Amazonの規約に反していると見られ、アカウントの停止処分を下されてしまった人たちがいるのです。

こうした普通の買い方、問題のない買い方がAmazonのどんな禁止事項に触れたかというと、これらの購入方法が「転売」と見なされているからです。

実はAmazonのKindle端末は、現在絶好の転売商材として活躍しており、初期のKindle発売時からこの2年ほどの間ほぼ損することなく利益を上げられる商材になっています。そのため、そうした転売目的の購入を防ぐため、「転売」を目的とした疑いのある購入方法、例えば複数台を同一アカウントまたは同一住所で行おうとすると、Amazon側のアラートにひっかかってアカウントが停止されることになります。

 

Kindleの転売実情

ここ最近は落ち着きましたが、Kindleは特にサービス開始当初のモデルで大規模な転売祭りが行われていたため、Amazonが今回のような取り締まり対策を行うようになった歴史があります。

当時約1万円だったKindle paperwhiteが、中国からの需要によって買取金額が11000円と定価よりも1000円高く買取されており、1台集める度に1000円儲かるという状況が生まれていました。しかもKindle paperwhiteは家電量販店のお店はもちろん、Amazonからも注文出来るため、両方の手段を駆使して沢山のKindleを集めて儲けていました。

しかしこうした転売の種にされていることを知ったAmazonは、Kindle paperwhiteを不自然に注文するアカウントをBANするようになりました。このアカウント停止の騒動は一部のコミュニティで話題になり、Amazon経由からのKindle購入は避けるのが常識となりました。

今でもKindleの転売は利益が上がるとして転売屋には定番の商材になっているのですが、事情を知る人たちはAmazon経由での購入をしなくなっています。

 

転売屋対策が一般人に適用されてしまう状況

しかし未だに利益が出る状況ということもあり、Amazon側のアカウント停止措置も依然として厳しいままになっています。このために普通の人がちょっと転売屋を匂わすようなKindleの買い方をすると、この転売屋対策のAmazon規制に引っかかってしまい、転売を意図していないのにAmazonアカウントが停止されてしまうという事象が今でも起こっているようです。

ということで、AmazonにおいてKindleを購入しようとした場合、なるべく1台のみの購入に留めて、注文後のキャンセルしないようにするなど、転売屋判定をされないように「慎重な」購入の姿勢をとらないと謎基準による垢BANの被害に巻き込まれかねません。アカウントが閉鎖されるとこれまで買った電子書籍も無効になってしまうので、真面目に注意しなければいけないと思います。

AmazonではKindlleのみならずこういう転売を目的とした購入には厳しいのですが、特にKindleについては非常に敏感になっているので、家族分複数購入したい場合などは家電量販店を利用するのがいいでしょう。

 - PC・タブレット